Entries

日本刺繍 紅会 全国展2017


めまぐるしくお天気が変わる四月ですね~(^^;
束の間の晴れ間の昨日は、ホテルグランヴィア大阪 20階の孔雀・クリスタルルームで開催中(4月16日(日)午後17時まで)の紅会全国展を拝見に~♪
詳しい場所、日程(まだ名古屋展もございます!)は、紅会 ホームページをご覧くださいね。
☆☆☆☆☆
30ン年前に(^^;、三年ほどこちらで日本刺繍を習っていた私。その時の同期生の方で、ずっと続けて居られる方がいらして、年に一度の作品発表会であるこの展示会は、同窓会の様にしてお会いするのを楽しみにしています。
今年も素晴らしい作品とともに、お元気な皆さんにお会い出来て、とっても嬉しかったです♪
いつも、会場にいらっしゃる会員さん達の自作の日本刺繍のお着物姿を写真に収めるのですが、今回はお喋りばかりしていて一枚も撮ってない!(°_°)
☆☆☆☆☆
毎年恒例みたいな私のコーデですみません~(^^;って感じですが、一応載せておきますね~

赤松祐子さんの藍無地の紬きものに、紅会本部工房制作の黒塩瀬地に桜と紅葉を日本刺繍した名古屋帯で。

毎年、おんなじ事書いてますが(^^;
30ン年、この時季には締めてるのですが、ほんとに全く糸のほつれもなく綺麗~💕で、丁寧な日本刺繍というのは、実用品としても優れている!というのを実感しています。
この帯は、十二分に元を取った感じ(笑)


この藍無地のキモノも、昨年、3回目の洗い張り仕立て替えして更にツヤが出たらしく、帯付け姿で会場を歩いてたら、「生地が光ってます!」とお声をかけてもらいましたよ~♪
洗い張りする内に紬糸の毛羽が取れて、ツルっとした生糸のような糸になる(つまり、言い換えれば糸が細くなって傷んでる?!とも言えるのですが、まぁ柔らかく着心地も良くなる、光沢も出てくる→年月を経て絹が育ったとも言う(^^;)らしいのです。
このキモノも30ン年選手なので、さらに愛着が増しております~💕
で、古いものばかりなのも如何なものかと思うので、この日仕立ておろしのこちらもご紹介します。

懐かしい感じのする「黒羽織り」
分かりにくいんですけど、コレは二重紗の単羽織りです。

こんな生地です。
(ちょうどショールになるくらいの長さの生地が余ったので端に黒いレースを付けてみました^_^)
表は黒一色ですけど、裏は緑、赤、青の三色の雨絣が入ってます。
表からも、良く見るとうっすらと絣模様が透けて見えますがほとんど黒無地にしか見えません。

手を入れてみると、これくらいの透け方です。

下のきものも帯も濃い色なので、イマイチ透けてませんが、直接見ると、この写真よりはもう少し透けてるようです。
この生地は、粉浜の呉服屋さん「こころや」さんが去年?のフリマに持ってきて下さってたものを分けていただきました。
昔は、春~夏の雨コート地として良くあるタイプの生地でしたが、ほとんど見かけなくなってたので出会った時は嬉しかったです♪
これは裏が細い絣模様でおとなしい(^^;ですが、表は黒で、裏は真っ赤とか、もっと色鮮やかな模様が有ったりとか、「ハッ!」とする驚きのある生地で大好きなのです。
こういう、面白いテキスタイルの技術が無くなっていくのはさみしいです~(TT)
今度は白っぽいキモノに合わせて着てみますね。また印象が変わるかもしれません。
☆☆☆☆☆
紅会全国展は大阪展のあと、名古屋でもございます。素晴らしい手仕事の力作が並んでます。
とても素人さんの作品とは思えないクオリティの高さに驚かれますよ~♪
大阪展も明日まで。
お見逃しなく~♪

ムスメの卒業、就職~♪

今年は3月になっても寒い日が続き、全国的に桜の開花🌸が一週間近く遅れている様子ですね~(^^;
宝塚もそんな感じでまだまだ。
昨日、今日と晴れて暖かいので一気に咲いた所も多いかも~♪(ご近所さんのお庭の桜はまだ3分咲き♪です)
来週、京都に行く予定ですけど、まだ残ってる?!かも~♪と、楽しみです。
☆☆☆☆☆
さて、本日のタイトル。
もう、二週間以上前の3月の半ばのはなし(^^;で恐縮ですが、
我が家のムスメが大学を卒業しました。 やれやれ~(^^;
卒業式には、
私としては、未婚女性の正装であるお振袖を着せたかったのですが(^^;、袴姿になるのは最初で最後やから(まぁ、教員にならないので、確かにね~(^^;)ということで押し切られました。

当日のお写真は、本人が気に入らないとの事で(^^;前日、取り敢えずあわせてみたコーデで家の中で撮ったものでご紹介しますね。
袴は青緑色のウールの無地です。


きものは、アイボリー色の綸子地に紅白梅図を

友禅で描き、所々に金箔でも梅模様が入ったもの。梅の花には金駒刺繍も入ってるし、お袖丈も1尺7寸あり、わりと豪華な訪問着なのですが(^^;


袴で裾の模様が見えないので、意外に地味でした~(^^;特に上前の胸に柄が無いのがさみしい~(^^;着せてみるまで気が付かなかったのです~何でも早めに用意しないといけませんね。







お草履は、成人式の時に伊と忠さんで誂えた金の台に宝尽し文様の刺繍の鼻緒のものがぴったりでしたが、袴の時はバッグは何を持つの?と、


袴をお借りした(^^;、豊中の呉服店の織元さんで伺うと、籠バック(これ、正式名称は何でしょうか?!籠付き巾着?!)も可愛いですよ💕と、言われたので押し入れを探したら(^^;これが出て来ました!


箱に2005年の秋のセールの時に(^^;えり善さんで頂いたものと書いてあって、びっくり~!


ムスメが10歳のころ。まさか大学の卒業式は想定して無かったと思うけど、この青緑の藤の房のに朱色の蝶々が絞り染めっていうのが、超好みなので、取り敢えず買っておこう!と思ったんでしょうね~(笑)


いつかは役に立つ!という思惑が今回ぴったりハマって一人悦に入っておりました(笑)


(ムスメそっちのけ(^^;)



結んだ半幅帯も、家に昔からあるもので、古い博多織かと思われます。朱色の無地と反対側はカラフルな縞模様。今回は無地の方で。



すみれ庵には、着付け練習用として、ポリエステルの袴が何枚か有るのですが、着付けは断然ウールが楽でした。キチンと紐が締まります!



卒業式の様子を着付け師として(^^;見ておきたかったので私も参加。



ほんとに見事に全員袴姿でした(^^;


でも袴姿って、着付けのしどころって殆どないなぁ~というのが感想です。袴付けちゃうと、きものの良し悪しなぞ、全くわからないので、


宝塚歌劇団のように、キリッと黒紋付にした方が目立ってよかったかも~と、思いました(^^;


が、まぁ、ムスメ達はお互いに可愛い💕と喜んでましたからこれで良いのでしょうね(笑)


ムスメの大学もそうでしたが、生協さんとレンタル着物屋さんがタッグを組んで入学の時から勧誘してる様で、大半の方が当日学校で、着付け、ヘアメイク、写真撮影までセットで受けられた様子でした。


成人式のお振袖もそうですが、ここ数年は古典回帰なのか、袴のお着物も古典的なオーソドックスなものが多かったです。







☆☆☆☆☆


私のコーデ。





久しぶりに誂えた、一つ紋付き(縫紋です(^^;)の色無地。


むら田さんで見つけた大きな七宝紋の地模様の入った白生地をこの微妙な色(象牙色?!)に染めてもらいました。



結婚時に作ってもらった色無地は、朱色系かピンク系でさすがに着られなくなってましたので、ちょうど良い機会でした。



染め上がりを見た時、私にこんな白っぽい優しい色が着られるのかなぁ~(^^;と不安でしたが、着ると普通~♪(笑)まぁ、こういうキモノの定番色という事でしょうか。たぶん、何方にも似合うんだと。


合わせた帯も、同じ時期にむら田さんで見つけた西陣の九寸名古屋帯。松葉をモダンにデザインしたもの。帯だけ見てると、とっても地味かな~(^^;と思いましたが、これも意外に大丈夫でした。


こういう時は、袋帯で二重太鼓を結びましょう♪と、着物帯合わせの教科書には書いてありますが、これくらいオメデタイ柄なら名古屋帯でも許されるかと思います~(^^;


なんといっても、着付けもラクですしね~(^^;






オメデタイ時は、帯留めのパールが便利でコレばっかりですね~(^^;学校行事なので、もうちょっと控えめに、組紐の帯締めにした方が良かったかもしれません。



帯揚げも白に金の砂子を散らした縮緬、長襦袢も白無地です。





紋、見えますかしら?!


縫紋なのでごく控えめ。


帯の地色は、こげ茶で紗綾形の地紋が入ってます。なので、帯だけでみてると、かなり地味に見えて(^^;失敗したかなぁ(^^;と焦ってましたが


こうしてみると、まぁまぁ派手でしたね~


良かったです。




私のバックはコレ。


これも大王松柄なので、オメデタイ時の定番として重宝してます。



☆☆☆☆☆



この卒業式から2週間後に、資格試験の合格発表があり、無事に就職出来ることになりました。合わせて、やれやれ~(^^;


今週から勤務地に(近くですけど(^^;)にアパートを借りて独立することになります。


ひゃ~♪





これは、我が家の片隅に植えた「山桜桃(ユスラウメ)」です。ムスメが希望して小学校卒業の記念に頂いて植えたもの。10年経って、幹も太くなり小さな実も付けるようになりました。


まぁ、一人前の社会人になるのにどれ位かかるのかわかりませんが、これまで、お世話になったたくさんの方々に感謝して、日々、是精進して行って欲しいと思います~(^^)v



取り敢えずは、子育て終了~♪


やった~~!!!メデタシメデタシ~(笑)














大相撲3月場所観戦♪

前夜からの雨も降ってた21日、
ン十年ぶりに大相撲観戦に行って来ました♪
私は、昨年亡くなった千代の富士の大ファンだったので、引退される前には何度か本場所にも足を運んだ事はあったのですが、引退後は急速に相撲熱も冷め(^^;、最近はテレビニュースで相撲の話題を見るくらいでした。
しかし、ここ数年はまたまた相撲ブームと言って良いほどの人気!
特に今場所は、久方ぶりの日本人横綱の誕生で連日の大入り満員。今回のチケットも発売日にネットと電話を駆使して苦労して取って下さいました!
Mさん、ありがとうございました(^^)v

真正面の良いお席でございました(^^)v
土俵を取り囲むように席が設けられていて、七割?くらいは四人くらいで座る枡席となってます。つまり、一枡ずつ買う仕組みなので、グループ観戦な訳です。今回、Mさんとこのグループに混ぜて頂き、一つ席が空いたので、きものカンタービレの朝香さんにお声掛け(行司装束、力士の着物研究してはりますからね♪)してご一緒しました。

お好きな人は朝のうちの幕下の取り組みから楽しんでおられるようですが、私たちは午後から。相撲観戦は、飲み食い自由。お酒も、もちろんオーケーです。
朝香さんに、大阪の味を味わっもらいたくて、

船場 淡路町の吉野寿司さんの本店に寄って箱寿司と散らし寿司を。こういう場所で頂くのはまた格別ですね~💕やっぱり、美味しかったわー(^^)v因みに、私は吉野さんの巻き寿司が大好き♪箱寿司ももちろんだけど、巻き寿司が美味~♪

今場所の皆さんは、この方のこの姿を見るため!うおお~~という場内いっぱいの歓声でございました(^^)v

ご一緒した、Hさんが一眼レフで撮ったお写真を送って下さいました!流石に綺麗やわ~♪
稀勢の里の勇姿!
追記)この後のドラマは後々の語り草になりそうですね~横綱になっての初優勝、素晴らしかったです(*^o^*)

この日も危なげなく勝って、負け無しの10連勝!(昨日も勝ったから11連勝!)
飲み食いしながら、久さしぶりなので会場内を探検したり、もちろん、テレビでは味わえない歓声と熱気の中、取り組みも楽しんであっという間の4時間余り~♪
やっぱりライブはイイね~(笑)

こんな自作の、トートバッグ(プリントして手刺繍!)を、作ってしまうほどの大相撲ファンのMさん息子くんの解説も、朝香さんの力士のまわしについての解説も、超面白かったです!(今日あたり、きものカンタービレで詳しく大阪場所観戦記がアップされるのと思うのでお楽しみに~♪)
☆☆☆☆☆☆
この日の私のキモノコーデ。

前日からの雨も止まず、
以前に大阪場所に行ったときに仮設の狭い通路をお茶子さんが運ぶお茶を振り掛けられた経験があって(^^;、お相撲見物は汚れてもオーケーな物にしよう!と決めてたので、紺色と生成りの細かい千鳥格子の片貝木綿に、

洛風林のハ寸名古屋帯。
で、本日のメインは、こちら!

うふふ~♪
良いでしょー(^^)v
横綱土俵入りの帯留めですわよ💕
Mさんに、チケットの手配をお願いしまーす♪と頼んだ直ぐ後、高松の呉服屋さんのギャラリー晏さんのフェイスブックページでコレを見つけて、即電話してゲット。「今、アップしたとこです~(^^;」とびっくりしてはりましたけど、こういう事は、めちゃ早く行動出来ます♪(他はグズグズ(^^;)

こうなると、お太鼓柄はどうでも良い感じ(^^;ですけど、まあ、力士のまわしに見えなくもない?!(笑)

雨ゴートを持つのも煩わしいので羽織りも東レシルックで仕立てたものを。
雨でも安心です♪

ニュースでも度々流れてた公式グッズの稀勢の里が表紙のジャポニカ学習帳は、すでに完売(^^;なので、ひよの山とあんこ山のキーフォルダーと注染のお相撲柄手拭いがお土産。
「SUMO」表記のパンフレットは数場所前から、中身一新で、全ての記事が英語、日本語の並列表記になってました!
力士の紹介写真も、アスリート!って感じでめちゃカッコイイのでした!
確かに、会場内にも、国籍人種問わず外国人の方のお姿、本当に多かったです~素晴らしいですね~(^^)vいや、日本人がみても、相撲ってつくづくユニークですもんねえ(^^;

弓取り式も観て、ゆっくり退場。
「満員御礼」の垂れ幕って、いつの間に降りてたのかなー?!
土俵付近に紺のダサい制服?着せられた、まだ引退して日の浅い親方衆の警備姿も新鮮でかわいい~コレも実際に足を運ばないと見られない光景かもしれませんね~(笑)

会場を出ると、とっぷりと日も暮れ、雨も上がっておりました。
この後は、アフター大相撲。
「たこ梅」さんで名物の関東炊き(大阪では、おでんのことを「かんとだき」といいます^^;)を頂いたあと、

私としては、あんまりコレだけ(えーと、カニとかグリコとかのケバケバしい看板とかね、たこ焼きとかのB級グルメ的なイメージの事です)が大阪と思ってほしくはないけど(^^;、(では、他に何が有るの?!と聞かれて言葉につまるのも哀しい現実ですしねぇ(ToT)体育館から近いこともあって、朝香さんに夜の大阪の繁華街をぐるっとご案内して解散(^.^)
大相撲観戦、うーん、なかなか楽しい~♪
ハマりそう~~(笑)
皆様もぜひ~♪

ご卒業、おめでとうございます㊗️

桜の開花宣言も各地で始まったようですが(^^;
まだまだ寒いですね~(^^;
昨日、今日と卒業式を迎えるお嬢様方の着付けで超早起きでございます~♪
昨日のお嬢様は、2年前に大学卒業の時に袴の着付けさせていただき、今回は大学院をご卒業ということで、再びご依頼頂きました。ありがとうございます~m(__)m
今回はお振袖でしたが、学部生の女の子達はほとんど袴なので、お振袖の選択は賢明だったと思います。

四月からは社会人ですね~どうぞ、ご活躍下さいね!
ご卒業、おめでとうございました(^^)v
そして、
本日は、小学校を卒業されるお嬢様お二人♪
え?!小学生が袴?!~~と、驚きましたが、ここ数年、全国的な流行だそうです。体格に個人差のある年頃でもあるので、着付けにも気を遣いましたが、お着物にも色々工夫がされていました。いや~私も、お勉強になりました。
お二人とも、とっても可愛いかったわー💕
ご依頼、ありがとうございました!
お一人しか、お写真撮れなかったのが残念~(^^;

着付け後、椅子に座るときの所作とか、御手洗に行くときの裾の扱いなどをレクチャー(^^;させて頂くのですが、お二人とも呑み込みが早い(笑)上手にこなして下さいましたよ~♪
四月から中学生~頑張って下さいね(^^)v
ありがとうございました!

名古屋 月日荘さんへ。

先日もこのブログでご案内しましたが^^;
名古屋の月日荘さんでの
「正藍型染め師 田中昭夫の新作染め布と、若い衆とのコラボ展」の初日に走って行って来ました!

月日荘さんのお玄関。
住宅街の古い木造住宅を使った素敵な空間が
今回は田中昭夫さんの「藍ワールド」に!
2015年の南青山での展示会のときにも感じましたが、日本の蓼藍の健やかで愛らしい藍型染めの世界。田中さんの藍染めに魅せられた人達の「熱い応援の気」が溢れる、目にも手に触れても気持ちの良い展示会でした!
今回の展示会の様子は、田中さん応援団のお一人でもある、けろ企画さんのブログをぜひ、御一読下さいませね。グッときますわよ。
こちら→けろ企画

初日とはいえ、この日の朝に、お子さんの卒業式に列席されるお母様のお着付けをさせていただいてのち、急いで着替えて出かけたので、会場に着いたのは一時近く。
オープン時の、混雑が一段落した頃でしたが、それでも、私を含めて^^;ご遠方からのお客様もたくさんいらしておりました!

アレコレと、見せて頂きながら、2年振りの田中さんとのツーショットも撮れて大満足です~♪何より、仕立てあがった帯を締めていけて、田中さんに直接見てもらえたのが一番でした。
御歳82の正藍型染め師の田中さんです~~♪
いいなぁ~カッコいい~💕藍職人姿!
 
何だか色が全然オカシイ^^;ですが、
合わせた着物は男物の亀甲柄の白大島です。

三月とはいえ、この日は北風の吹くさむ~い名古屋でした。
寒々しくならないように、帯締めも帯揚げも黄色。あ、長じゅばんも黄色に白の小桜模様。
 
田中さんの型染めは殆んどが木綿地に染められておりますが、絹も時々は染めておられたようです。2015年の南青山での展示会に行った時も初日でしたが、行く時間が遅くなり絹はこの一本だけがポツンと残っていたのでした。
しかし、生地といい、染めといい、キリっとした菊唐草の模様といい、もう一目惚れ~♪
良くぞ残っていましたね~^^;
しかも、全通(型染めの多くはお太鼓裏や手先から一巻き目などは無地が多い)で、藍に濃淡のある「藍取り」という超難しい技が使われておる由、七緒の中の津田千枝子さんの解説の中で知りました!
菊の中の弁柄で染められた赤も良いでしょ~(^^)v
で、実はその「藍取り」を活かすために、むら田さんにお願いして、お仕立てを工夫してもらいました。 
頂いたままで仕立てると、お太鼓とタレで同じ色が続き面白くない~と、この写真のようにずらしてもらいたかったのです^^;
頑張って、柄も合わせて結んで見ました~♪
で、お太鼓裏にまで柄があるのももったいないので^^;別布を探してもらって付けてもらいました。(こうなると、ケチなのか贅沢なのかわかりません^^;)
結果、バッグが仕立てられそうなくらい生地が残ってます~💕
さて、その端切れをどうするん?!って、話なんだけど、また悩ましいけど嬉しい(笑)
田中さんの藍染、全く色落ちがありません。
普通は、落ちます^^;
が!
今回、白大島に合わせても、全然大丈夫でした。この事だけでも、田中さんが優れた藍染め職人さんである事の証しかと思います~♪
素晴らしいです~~(^O^)

羽織りでは寒かったのですが、この上から青いカシミヤの大判ストールをぐるっと巻いて行きました。
あ、そうそう~~この羽織りは無地の着尺地を使って仕立てたので、地模様もなくつるんとした生地。なので、こんな裏地をつけて見ました。

トランプ柄。
仕立ててからずいぶん経ちますが、寒そうな色で袷の季節にはあんまり出番がないのでしたが、
こんな裏地が付いてるし(アメリカ大統領とは関係ないトランプですけど^^;)、今年はこの藍帯に合わせて着てみなくちゃ~♪と、久しぶりに取り出してみた次第です。

広幅の木綿地に染められた水玉~💕
もう、たまらん可愛いさです~~💕
早々に端をかがってもらい(母に頼むとアッというまに出来るので^^;)、様々ゲット品を包んで見ました~何が入っているのかは、ナイショ~^^;(若い衆とのコラボ作品がほんとに良かったです~~全部、欲しかったですぅ~笑)

帰りの新幹線の中でながめているのは、今回の展覧会を記念して作られた、小さな作品集。
最初のページに、田中さんの小さなハギレが貼られ、恥ずかしそうに^^;サインが入ってます。
☆☆☆☆☆
田中さんを巡る、素敵な物語は本日で一旦終了だそうですが、新たに建て始めた播磨藍での染め仕事の展開も気になります~♪
今後の田中昭夫さんの作品の取り扱いは、この名古屋の月日荘さんが窓口になるそうなので、
また、近いうちに田中昭夫新作展もあるかも~?!
田中さんには、お元気で今後も納得行くまで藍と戯れて頂きたいです。

新作作品展、楽しみにしております☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム