Entries

やっぱり書いておこう!北斎展とくまモン展♪

東京へ行ったのはほんの二週間まえでしたよね?!その時は真夏の暑さでした!
それから、わずかの間に季節はどんどん進み(^^;

庭のハナミズキはすっかり色付き、

ヤマボウシも半分くらい、色が付き始めました~♪

気温も下がって来て、お布団やリビングのクッションカバーなんかを替えて、スッキリ!したのは良いのですけど、雨ばかりで干せないので(我が家には乾燥機がありません~(^^;)大物シーツ類は洗濯待機中(TT)
日曜日は、総選挙なのに台風が来るみたいだし(^^;、いったいいつ晴れるのやら!

8ちゃんに邪魔されつつも、着物も洋服も衣替え完了してやれやれです。

宝塚舞踊会の翌日、チケットあるから~♪と誘って頂いてあべのハルカス美術館で開催中の「北斎展」へ出かけて来ました~♪
平日の昼間にもかかわらず、チケット売り場は長蛇の列(^^;チケット持ってたおかげで、すんなり入場は出来ましたけど、小さい作品が多いので中も停滞して大混雑でした!
さすが北斎!!!大人気です~♪
今回は、NHKが力入れて宣伝して(ドラマもあったし♪)いるせいかと思いますが、大英博物館と共催とのことで作品のクオリティも高く見応えありました!
関西の皆さま、必見ですよ~o(^o^)o

もちろんキモノで~♪と書きたかったのですが(^^;この日は帰りに大荷物になりそうな買い物の予定があって洋服。(このかっこうでは無いのですけど(^^;これに近い軽装)雨も降って来そうでしたしね~(^^;
その時、ご一緒したお友達に、

このくまモンの缶バッチを褒めてもらったので、ああ~そういえばくまモン展のこと書いてなかったなぁと思い出しました~♪
とっくに終わってるから、もう、いまさらなんですけどね~(^^;

実はくまモンも大好き💕です(笑)
何年か前に、東京の歌舞伎座の俳優祭にゲスト出演したときにホンモノ?!を見たことあるんですが、熊本県職員としてお仕事中のくまモンには会ったことがありません~(^^;
この時も、残念ながら遭遇出来ずでした。
まぁ、好き好きと言ってるといつか会えるのでは?!と期待しております。

缶バッチもこのクリアファイルもこの時買ったもののんですけど、めちゃカッコ良いでしょ~💕フランス🇫🇷へ、出張中に撮影したものらしいですが、ホッペ以外モノクロでおしゃれでしょ~o(^o^)o展覧会には、シュタイフの作ったくまモンのぬいぐるみとか、有名デザイナーの作ったくまモン衣装とか、アホらしくも面白いものがたくさんあって、満足o(^o^)o(笑)
この展覧会は、熊本地震のチャリティ展でもありました!あれから、新たな水害もあったりして大変な熊本県ですが、少しでも応援になれば良いですね~と、少しだけ募金もさせていただきました。

こちらは、私のくまモン好きを知って以前に熊本のお友達が送って下さったコップ。洗面所に置いて歯磨き時に使ってるのですけど♪、時々横から8ちゃんが来て飲みたがります~(^^;
おんなじ白黒で親近感あるのか?!
あ!パンダ🐼も好きなのは、白黒だから?!
🙄うーむ。
白黒が私の無意識のテッパンなんでしょうか?!深層心理が有りや無しや?!(笑)

そんなこと、どーでもよさげな顔して、早々と電気ストーブの前で暖まる8ちゃんです~♪
☆☆☆☆☆
例年のことながら、秋はすみれ庵も忙しくさせていただき有難いです~♪
加えて行きたい展覧会やお着物関連の展示会もたくさんで、ご紹介が追い付いておりませんが、ボチボチと更新頑張ります~o(^o^)o
(それに!フィギュアスケートもいよいよです~♪大忙し~o(^o^)o)

第54回 宝塚舞踊会へ♪


17日は、毎回楽しみにしている「宝塚舞踊会」に行ってきました♪
宝塚歌劇団の皆さんは歌劇の演目の中にある「日本物」の伝統を守り、さらなる高みを目指すため日頃から日本舞踊の修練に励んではるのですが、その成果のお披露目の会なのが、「宝塚舞踊会」です。
スターさんといえども、日本舞踊の指導を受ける生徒さんの立場。なのでブログラムの演目と出演者の解説は、構成、演出の植田紳爾さんですが、「この生徒の挑戦を見てやって欲しい云々」という微笑ましい内容です~♪これを読むのも毎回楽しみ~♪
まぁとにかく、二年に一度の一日限りの絢爛豪華な舞台なのでございます~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
☆☆☆☆☆
ずっとお天気も悪くて(^^;、この日も午前中は雨でしたが、出かける頃にはあがりました!

大劇場上空の空も、まだ雲がいっぱい(^^;
グッと朝夕の気温が下がって、この日は初袷着物です。
この会は、さすがにキモノ姿の観客も多いです。客席も華やか~o(^o^)o

義父の大島紬と、無地紬を熨斗目に接ぎ合わせて仕立てたキモノに、紅会のO井さんが日本刺繍された紬地の「秋草」の名古屋帯で。(なんと!派手になったからと私にくださったのであります~有難や~♪)着物が地味なので(^^;長襦袢は明るめのウロコ模様にしました。

紅会の刺繍は、やっぱり糸の艶が違う~♪と、取り出す度に思います~💕
この帯も、刺繍されてから30年近く経ってると思うのですけど、ほつれひとつ無しです!

この写真では、イマイチ刺繍の柄がわからないので(^^;改めて、

絹糸の艶、素晴らしいです~♪
お花ひとつひとつが活き活き~~♪
☆☆☆☆☆

専科の松本悠里さん、轟 悠さん、専科、月組、雪組、星組のトップさん含む33名の一夜限りの日本舞踊の会。この終演時間では終わらず(^^;大劇場を出たのは9時前の事でありました~(^^;
当たり前ながら、大劇場は10月公演の最中(^^;
その最中、この一日のためだけの、豪華な舞台装置、衣装(今年はとっても素敵な衣装がおおかった!)長唄、常磐津、浄瑠璃の演奏者の方々にお囃子の方々、そして、花柳、藤間、山村の各流派の先生方が後見につくという(°_°)、絢爛豪華さです~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
おそらく舞台上のスターさん達も超緊張されていたことと思います~(^^;
忙しい中、時間を見つけてお稽古するのはほんとに大変な事と思いますが、皆さんほんとに素晴らしい~~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆毎回、感動の「宝塚舞踊会」です!!!
毎回、チケットのお手配頂くUさまに感謝です!ありがとうございましたo(^o^)o

秋のお江戸旅③国立近代美術館→materiaali→歌舞伎座夜の部へ。

えーと。本日は、10月15日です。
今週はずっと雨。しかも、気温も低い~(^^;まだ、袷の着物も出してないのに(^^;
☆☆☆
さて、お江戸旅の続きですが、
三日目は、体育の日で月曜祝日㊗️
いつもは、閉まっている美術館が開いている!
ならば、観たい!と思っていたこちらへ。

竹橋にある国立近代美術館で10月29日まで開催中の「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」展へ。
戦後、住宅供給の国の政策を後押しにたくさんの建築家が日本の家を作りました。それらの膨大な実験?!検証というか、設計図、写真、その家の中での暮らしまで見せてくれる、超面白い展覧会でした。
夏ころ?に、NHKの日曜日美術館でも紹介されてたのでご覧になった方もいらっしゃるかも?!

これはどなたのお家だったかなぁ~(^^;
会場の中に、実物大の住宅内の写真パネルもあって撮影OK♪
昔、ミセスとかの婦人雑誌でよく紹介されていた清家清さんの「斎藤教授の家」などは、実物大の模型で展示されていて、中に入れるようになっておりました!

会場内は、家族連れや若いカップル、外国人(欧米人が多かったです)で大賑わいでした。
それというのも、館内でイヤホンを借りて「マイガイド」というアプリをインストールすると、無料で展示説明(何ヶ国語かに対応してるようでした)が流れるというサービスもあったからでしょうか。美術館も進化しております~♪
ここ、近代美術館には常設展示している近代絵画(FUJITAや東山魁夷などなど)も、たくさんあって、駆け足でそちらも観て、徒歩五分くらいのところにある工芸館(映画「日本の一番長い日」で陸軍総司令部として登場する建物です)も、同じチケットで観られます。

この日も真夏日になってるのでは?!という日差しで汗だく(^^;完全に夏の空でございます~(^^;

工芸館の二階の踊り場に置いてある、黒田辰秋さんの長椅子で取り敢えず休憩(^^;京都のえき美術館の「黒田辰秋展」では、展示だけでしたが、ここは、いつでも実際座れる黒田作品です~♪
ここ工芸館のミュージアムショップには、先日亡くなられたテキスタイルデザイナー新井淳一さんが設立された「nuno」ブランドの製品も置いてあって、ずーっと愛用しているトートバッグの色違いを買いました。
☆☆☆☆☆
その後は、地下鉄と私鉄を乗り継いで代官山へ。

そう!
この日締めていたのは、「ミナ・ペルホネン」の「ミングリング」という名のリネンにプリントしたインテリアファブリックで仕立てた帯です。そのインテリアファブリックを常時40種も置いているというミナの新しいお店「materiaali」へ行きたかったのです。

お店は代官山ヒルサイドテラスというところの一角にあるのですけど、この日は、渋谷区、デンマーク大使館とかが後援して町内会のフェスティバル「猿楽祭」が一帯で行なわれていて、町中、人で溢れておりました~(*_*)
ヒルサイドテラスという名前ですから、駅を降りた所から坂!入り組んだ坂道が続く、初めて行く者にとっては超わかりにくい街でございました~(@_@)駅から徒歩五分くらいのところなんですけどね~(^^;
案内板とか矢印とか大きい目立つとこに置いといて~と、思うけどみんなスマホで道案内してもらうから要らんのね~(この機能、未だに上手く使いこなせない(ToT)
とはいえ、なんとか辿り着きました(^^;
ƪ(˘⌣˘)ʃやれやれ~

お店の中はこんな感じで、ミナの香りが充満(笑)今、若い人の間では手芸とか工作とかが流行りだそうで、この日は男子(十代かハタチ代とおぼしき若い男性ね(^^;)がたくさん来てて、とっても熱心に布を選んで買って行くのに遭遇~♪はああ~(^^;京都のミナにも布地はあるけど、男性が来てるの見たことないな~と新鮮でした!

お店のスタッフさんは、かっこ良くて可愛いリネンの白衣を着ててテキパキと注文の布をカットしてくれます。
私の帯を見て、とっても喜んでくれましたよ。
私同様、帯にすると言って買っていかれるお客様も来られます~♪と、話してくれました。
ポンナレットさんがアジアの布とコラボして半幅帯にしようと考えはったように、ミナの生地は和装と相性が良いように思います。国内生産にこだわった布づくりをされてるからでしょうか?!
ま、ここからひと手間ふた手間かかりますけど、どんな帯になるのかな~♪と、また新たな楽しみが増えました~(^-^)v
☆☆☆☆☆
そして、お江戸旅の最後は再び歌舞伎座です。

祭日には日の丸が掲げられるのですね~♪青空に日の丸、体育の日です~♪(ほんとは、10日って、私達の世代は思うけどね~(^^;)
当初は、昼の部だけのつもりでしたが、今回は終演時間が帰りの新幹線まで余裕があるのが判り、急遽、みることに。
夜の部は、玉三郎丈と七之助、梅枝、米吉、児太郎という次代の女形たちとの競演が見どころだったのも魅力的でしたしね。
関西では、舞踊公演ばかり(お正月の松竹座にも来るけど舞踊公演なのよね(^^;)で歌舞伎の演目を演ることが少ない玉三郎丈なので、やはり見ておいて良かったです~(^-^)v
やはり同時代に生きていて良かったと思える数少ない役者さんだなぁと、しみじみ。
長生きしていただきたいわ~(^^;
なかなか拝見する機会がないのですけど、米吉くんは益々可愛らしく品良くお姫様役が似合う若手女形では随一ではないかしら~💕
関西にもぜひ来てください~(^^;
☆☆☆☆☆
三日間、めいっぱい楽しんだお江戸旅でございましたが、季節外れの暑さで、さすがにくたびれました。
それにしても、今回の旅では10月から袷っていう着物の着用ルールがほんとに実感として合わない(*_*)と思いましたね~私は、着物は単衣、長襦袢も紋紗の夏物、下着も麻の夏仕様(^^;さすがに半衿などの小物類は袷用に変えてますけど、やっぱり何か羽織るものが要るかと、羽織りを持って行ってましたが、夜になっても必要無しでした。歌舞伎座には、袷のお着物姿の方も多かったですけど、暑そうでお気の毒でしたよ~(^^;単衣と袷の期間、地域によっては逆転していくのかもしれませんね~(^^;
袷に仕立てているいくつかの紬を単衣に変えようかなぁと真剣に考え中でございます~
☆☆☆☆☆
これで、秋のお江戸旅レポートは終了です。
長々とお付き合い頂き、ありがとうございました!

秋のお江戸旅② 歌舞伎座「マハバーラタ戦記」→日本橋「キモノサローネ」→他。

さて、お江戸2日目の日曜日は、朝からホテルのエアコンを付けて着替えないと暑いくらいの陽気(^^;(最高気温29度の予報でした(^^;実際にはどうだったのかしら?!)

今年は、五月の團菊祭に行けなかったので(^^;とっても久しぶりの歌舞伎座です。
菊之助丈「十二夜」以来12年ぶりの新作「マハバーラタ戦記」の上演ということで、これはぜひとも観たい💕と楽しみにしておりました!

「マハバーラタ戦記」、インドを舞台にした壮大な物語。いやぁ~もう、頭クラクラ(笑)
でもちゃんと、歌舞伎に落とし込んでいるところは流石でした。新作の初演なので、これからまだまだ手を入れて洗練されたお芝居になっていくと思います~♪面白かった!!!

歌舞伎座の後は、日本橋のオフィスビルの中で開催されていた「キモノサローネ」へ。この催し、もう何回目なんでしょうか?!
初めてお邪魔出来ました♪
たくさんのお客様で賑わっていた京都の「きもの鶴」さんのブースで、奥様に写真を撮っていただきました♪
キモノは微塵絣の塩澤お召の単衣。長襦袢も、紋紗の夏物です~(^^;

この日は、「インドの物語」
ならば、これしかあるまい!と、締めて行った帯は、私が大学1年から2年なる春休みに、生まれて初めて行った海外旅行先のインドのボンベイで買った絹の縦絣のサリーで仕立てたもの。
その頃流行ってた「バックパッカー旅行」で、『地球の歩き方』片手に40日間(^^;

今では考えられないインド・ネパール大冒険旅行でした~(^-^)v怖いもの知らずとはこの事ですね~(≧∀≦)うちの母もよく行かせてくれたものです~(^^;


もう、40年前のことでございます~(^^;

買って帰ったものの、何かにしたいと思いつつも寝かせる事25年余(^^;
長~いことそのまま(*_*)
それを、むら田さんに持ち込んで帯に仕立ててもらいました。それからもだいぶ経ってますけど(^^;、
サリー地なのでとても薄い絹地。軽くて締めやすい帯に仕立ててもらい、良く締めていましたけど、もう流石に赤い~(^^;
なので、取り出すのも久しぶりです。
先日締めてたイカットの帯も、いろんな動物が織り出されておりましたけど、こちらも鳥や象など賑やかです~(^-^)v
好きな色柄は、二十歳のころから全然変わってませんね~(^^;でも!まさか歌舞伎座へ締めていく事になるとは!!!(笑)
劇中、象も登場したので(笑)締めて行って良かったです♪

歌舞伎、サローネの後は、日本橋の三井ビルの中の千疋屋のカフェでこちらを💕
これも渋皮煮なんでしょうか?!あっさりとして美味でございました♪栗🌰って、ホントに美味しいわ~♪
で、この日はコレで終わらず(^^;
SNSで、私の上京を知った東京在住の小・中学時代の友人が、「今日、東京○○学校同窓会やってんねん~♪良かったら来(け)ーへん?!」と誘ってくれて、急遽渋谷へ。

食事会のお店に行く途中で、岡本太郎さんの巨大壁画と、

今や、世界的な名所?!になった渋谷の「スクランブル交差点」を見る事が出来ました~(^-^)v
二日目も朝から晩まで目一杯(笑)
三日目に続きまーす♪

秋のお江戸旅① 葉山のポンナレットさんへ。

先週末からの連休、お江戸方面にお出かけしておりました。
先ずは、神奈川県の逗子の「Ponnalet 葉山の家」で開かれていた『Dear pieces』展の最終日へ。
ポンナレットさんは、カンボジアやラオスで織られた絹や木綿の布使った、素敵な帯や着物を販売してらっしゃるのですが、今回は それに加えて、ミナ・ペルホネンの生地を合わせて素敵な半幅帯が出来た♪との事!
これは是非見なくては!!!
三年前だかの、うめだ阪急でのぬぬパナ催事の時に隣のブースでポンナレットさんが出店されてて、主宰の江波戸さんと親しくお話させていただき、今回締めていったラオスの絹地をパッチワークした半幅帯を頂き、いつかは葉山のお家へ伺いたいもの💕と願っていたので、またとない機会となりました~(^-^)v

中村好文さん設計のステキなお家は噂通り💕

展示会の時以外は、普通にお家としてお住いなので、あちこち公開は控えますけど、

お天気の良い日は、海の向こうに富士山も臨める高台のステキな場所に建っていて、レモンやザクロが実ったお庭で、この日は出張キッチンカー「ベジコ」さんの美味しいランチも頂けました♪

最終日で(^^;、私の欲しかった帯は残念ながら売れてしまってたのですが、このお家の詳細が紹介された、江波戸さんが表紙のこちらの雑誌と、この日も付けて行ってた、白倉えみさんの陶器の帯留め、WSで作る予定だったブローチ材料を頂いて帰りました(^^;

この日、早朝宝塚を出るときは雨で肌寒かったのですが、新横浜に着いたころにはすっかり雨も上がり、逗子では時々陽もさし、段々と気温も上がってきました。
上の写真はせっかく葉山まで来たからと、タクシーで御用邸の前を通って訪ねた神奈川県立美術館の葉山別館。

美術館のお庭を降りて行くと、海は目の前!
曇り空でしたけど、よく天皇皇后両陛下が散策される海岸はここ辺りなのね~♪と、葉山という未知の土地を体感出来ました(^-^)v

以前に阪急の展示会で頂いたポンナレットさんの半幅帯に、白倉えみさんの陶器の帯留めで。
合わせた着物は、「英」のポリ小紋の単衣です。出掛ける時は寒かったのでこの上にトリエさんのレースの羽織りを着て行ってましたが、段々と気温上昇で脱いでしまいました(^^;
この日は横浜在住ながら、葉山は初めてというおキモノSNS友達のT子さんとご一緒でした。

この二枚の写真は、彼女が撮って下さいました♪
美術館のカフェの外テラスで海風にあたりながら、あれこれ取り留めないおしゃべりも堪能して、葉山の休日を満喫しました!
おかげ様でとっても楽しかったです~~♪
T子さん、ありがとうございました!
展示会は終了していますが、ステキな活動をされています。ポンナレットさんのホームページはこちら→ポンナレットHP
☆☆☆☆☆
鎌倉、逗子など、関西の人間にとっては全く馴染みがないところでしたが、昔から作家や文化人に愛された土地柄。ほんの少しだけでしたが、その豊かな気配は感じる事が出来ました♪
ポンナレットさん以外にも面白いお店やギャラリーもたくさんありそうなんですよね~(^^;そうそう、山口蓬春記念館も行きたかった!
季節を変えて、またぜひ訪れたいものです~♪
この日、夕方には、東京へ。
その②に続く~(^^;

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム