FC2ブログ

Entries

文楽4月公演 第2部へ。「祇園祭礼信仰記・近頃河原の達引」

ノートルダム寺院が火災で焼失(T-T)
フランスの国民のみならず、世界中にショッキングな悲しいニュースから始まった今日ですが、、、

今朝の我が家の庭の「ヤマボウシ」です。
毎日、成長!!!
良いお天気で新芽の色がキレイ~💕と、ベランダから写真を撮っていたら、、、
何やら視線を感じて、、、(≧∀≦)

葉っぱの先を探して見たらば!
8ちゃん💕
そんなところで日向ぼっこですか~(笑)
ああ~(≧∀≦)
毎日の当たり前な風景が、突然消えて無くなる理不尽にも思いをはせながら、生きて行かねばならない、、、
そんな事を考えつつ、、
私のキモノ・ブログを綴ります(^^;;
☆☆☆☆☆
快晴ながら、少し肌寒かった月曜日に、大阪日本橋の国立文楽劇場へ。

劇場前の桜🌸は、ほぼ散ってしまってましたけど、

足元の花びらには、まだほんのりピンク色が残っていて綺麗でした♪
今年の桜🌸は長持ちですよね~(^^;;
我が家の周辺はまだ、咲き残ってる桜🌸がありますよ。

開演時間まで、一階にある展示室へ。

初心者向けに、文楽の世界を視覚的に見せる展示が色々と。その中に、人形遣いさんの三人の姿勢をリアルに表現したマネキンや、

大夫さん、三味線さんの演技中の姿勢を、

とってもリアルに、再現したマネキンに
釘付けでした!!!ほんとに良く出来てました!なかなか、後ろに回って、大夫さんや三味線さんの足がどうなってるかなんて、見ることはできませんものね!
三味線さんが小柄に見えるのはこういう格好してるからだし、大夫さんが大きく見えるのもこういう姿勢で語るからなんですよね(^^;;

マネキンのお二人、ちゃあんと、文楽劇場の紋入りの紋付き着てますしね💕

四月文楽から三期連続で一部では、通し狂言「仮名手本忠臣蔵」が上演されてて、話題はそちらへ行きがち(^^;;ですけど、二部も、とっても面白いのです!
時代物の「祇園祭礼信仰記」と世話物「近頃河原の達引」の二本立て。
どちらも文楽の演出の面白さが存分に味わえるので、初心者さんにオススメです♪
「祇園ー」の方では、金閣寺の満開の桜🌸が楽しめますし^_^、
そしてなんと言っても、「近頃河原の達引」の「堀川猿回しの段」に登場するお猿さん二匹の演技力に注目して欲しいです~(笑)
とってもキュートです!!!
文楽のどの演目も人間の「情」を、語ります。あなたの喜びも悲しみも、私と共有しましょう!って事かと、私は解釈してますが、そこが三百年余も、人の心を動かす要諦かなと(^^;;
よもやこの世から「情」は無くなりますまい!
ノートルダム寺院の再建も、わずか数時間で寄付を申し出た富豪の方々もあり、たくさんの人の「情 」、なさけが、結集して実現することと思います。
文楽も同じく「世界遺産」ですからね!
どちらも頑張って!!!と、いいたいです。
まずは、関心を持って応援することですよね。
ぜひ、文楽劇場に足を運んで、先ずは見て頂きたいなと思います♪(あ、一階展示室は、開演中はどなたでも無料で見られますよ♪)
☆☆☆
さて(^^;;、
毎年、四月文楽の時の定番コーデですが、

亀甲柄の白大島に、

二代 久呂田明功さんの縮緬地の染名古屋「藤の花」です。

タレは無地なんですけど、
この藤、ザーッと、お太鼓全体に豪華に咲いております(^^;;ほとんど隠れてますけど(≧∀≦)

この日は肌寒くて、単衣の羽織りの方が良かったと思いましたけど、後の祭り(≧∀≦)
夏お召地で仕立てた羽織りを着て行きました。

透けてる具合は、これくらいです。
軽いチリ避けとしては重宝な羽織りものです。

この日、ご一緒してくれたのは、つい最近、文楽にハマってしまったSさん。
タカラヅカファンみたいに、なんと!一部二部合わせて6回観るそう!!!
東京公演にも遠征!!!
当然の事ながら、長いことダラダラ見てるけど物語の筋や登場人物の名前がすぐごちゃごちゃになってしまう私とは、全くみる視点が違うのが面白いです~💕
そういうわけで、アフター文楽も充実でございました^_^
Sさんのお着物もステキでしょう?!
これ久米島紬なんですって!バンジョー柄の絣ほ藍色で、駒田佐久子さんの藍型染めの帯がぴったり!!!
良くお似合いでした(*^o^*)
Sさん、またご一緒出来ますように♪

岡重さんの羽織り&藤岡組紐店さんの手組み三分紐♪


昨日の深夜(^^;;、近くの日帰り温泉♨️帰りに、夜桜見物に「花のみち」に寄ろう~♪って事になって行ったら、着いた途端に雨!
しかも、風も強い吹降り~(≧∀≦)
あーあー
満開なのにぃ~散ってしまうねぇ~と言いながら歩くのを諦めて帰りました。

一夜明けて、良いお天気です!!!
昨日の暖かさと、恵みの雨?!で、我が家の「ヤマボウシ」は新芽がブワッと吹き出しました~(≧∀≦)
毎年のことですが、桜🌸も木も花も、淡々とやるべき事をやっててエライもんですね~^_^
☆☆☆☆☆
さて。
私はブログを書かねば!
もう今日の6時で終わってしまいますが、先週行って来ました♪
うめだ阪急本店9階の催事、二つのご紹介です!

一つ目は、「KYOTO テキスタイル  友禅の粋と洒落」。
京都の染め屋さん、「岡重」さんの、代々のテキスタイルの紹介と、今、作ってらっしゃるキモノや帯の展示即売会です~
このパンフレットの表紙のモデルさんが着ている訪問着と帯も展示されてましたけど、素晴らしく色が綺麗で、若い頃に着てみたかったなぁ(≧∀≦)と、うっとりでした!

私がみたかったのはこちら♪
大正・昭和を代表する美人画の作家、鏑木清方にデザインしてもらったという「椿」です。
これは、岡重さんのホームページからいただきましたけど、阪急では大正時代に染められた見本(濃い紫地にピンクの椿)が展示されておりました。今回は、黒地に鮮やかなピンクで風呂敷として復刻されてましたよ♪
☆☆☆
今年のお正月の初売りの時にも着たので、このブログでも何回か紹介しているのですけど、

何年か前に、岡重さんのファミリーセールで見つけた(^^;;羽織りの椿と同じなんです💕
元のデザインと椿の形はおんなじですけど、
羽織りとして着やすいように配置し直して染められています。

ぽってりした、鬼しぼ縮緬地で、今まで四月になって着た事はなかったのですが、ちょうど寒の戻りで気温が下がった日に出かけて、ぴったりでした!
岡重さんの社長さんや、スタッフの方がお声かけ下さって嬉しかったです。
9階のアートギャラリーいっぱいに「岡重テキスタイル」が展示されてて見応えありました。

そして、同じ階の催し会場では、毎年恒例の「日本の職人展」。
この日の朝、SNSの記事に阪急の中吊り広告に載ってます!!!と、伊賀組み紐の藤岡さんが載せておられて、うめだ阪急に向かう阪急宝塚線の中にもある事を確認してパチリ!!!

私がお邪魔した時は、藤岡さんのお母様(組み紐の達人!!!)がおられて、久しぶりに楽しくお話し出来て嬉しかったです♪

で、前から欲しかった「手組みの三分紐」を色々とみせてもらって、白に金糸が絡んで入っている少し礼装寄りの紐を頂きました。
袋帯に、市販の細い三分紐だとツルツル滑って頼りないので、しっかり締まる「手組み」の紐は本当に重宝なのです。でも実際にはなかなか無いのです~(ToT)
この紐は、少し幅が広くて(多分四分くらい)、思った通り私のパールの帯留がぴったり入りました!!!
綺麗~💕
☆☆☆
この日のキモノは、暈しの本場結城紬。

このキモノは、胴裏抜きの仕立てにしてもらってます。

帯も、岡重さんの手描きの椿の染め帯。
たしか、野々村仁清の焼き物から描き起こされた椿だったかと。

琳派のまぁるい椿は、愛嬌があって大好きです。地色がほんのり甘いピンクなので、ちょっと気後れしますけど(^^;;
普段から「帯二十歳 おびはたち」コーデが好きなので(^^;;まだもうちょい頑張って締めよう(^^;;と思います~(≧∀≦)

春のお江戸旅②椿山荘のお庭→アミューズ・ミュージアム→三月大歌舞伎千穐楽♪

新元号、決まりましたね♪

「時に、初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。加之、曙の嶺に雲移り、松は羅を掛けて蓋を傾け、夕の岫に霧結び、鳥はうすものに封めらえて林に迷ふ」 万葉集 梅花の歌 三十二首序文
☆☆☆☆☆
梅の花を愛でながら、皆でその歌を詠みあったという典雅な宴の様子からという事で、東京へ出かける朝の我が家の庭の「ユスラウメ」の花を載せてみました♪

平成が決まったときはどうだったか?!と、思い出してましたが、あの時は昭和天皇崩御のニュースで大わらわで、「新元号」がどういう経緯で決まるのかなんて、全く知らされてなかったような気がします~(^^;;
もちろん、ネット社会じゃなかったし!
こんな風に、発表されたタイミングで、そのままの書体でネット上に流れて来るんですからねぇ!!!
改めて「令和 れいわ」、令という字は予想文字に上がってなかっただけに、とても新鮮ですよね~和という馴染み深い字も入ってるし、なかなか良いなぁと思います♪
「令」は、長い元号の歴史の中でも初めて採用される漢字だそうです。万葉集という国書から典拠されたのも初めてとかで、「れいわ」という音の響きと共にとても新鮮です(^o^)
五月に新天皇が即位されるまでの間に、じんわりと馴染んで来るのでしょうね。改めて、今上陛下の、退位のご意向を伝えられたご決断に感銘をうけますね~
恙無く、五月の新しい御世が始まりますようにと、願います💕
☆☆☆☆☆
さて!
お江戸旅2日目は、こちらのお庭から♪

一夜明けて3月27日は、朝からスッキリ晴れて良いお天気♪

ガーデンビューのお部屋からの眺め。
遠目には、桜のピンクは良く分かりませんが(^^;;

三重の塔の横の桜はほぼ満開🌸でした。

桜の木もたくさん植えられているようですけど、なんと言っても「椿山荘」ですから、
「椿」の花です(^o^)

ほんとに様々な種類の「椿」が植えられていて、ひとつひとつ見て歩くだけで、とても楽しかったです(^o^)

椿山荘の横を流れる「神田川」添いの桜🌸も見頃で、そこから庭に入って来られるお客さんも多くて、午前中から大にぎわいでした!

朝ごはんを食べに、レストランに行く時は半幅帯で(^^;;そのまま、お庭歩き(けっこうアップダウンがあります)しました。
椿山荘のチェックアウトは、12時なのでゆっくり出来て良かったです♪
☆☆☆
そして、3月31日に建物の老朽化のために閉館する事になった、浅草寺の直ぐ隣にあるアミューズ・ミュージアムへ。

ほんとに、こんなにお隣にあるとは!!!
と、びっくりしました。

これは、今年の2月28日の朝日新聞に載った全面広告。10年前に開館してからのアミューズミュージアムの活動を紹介した朝日新聞の記事を当時のまま再録して載せたもの。
私は2016年に神戸ファッション美術館で、「BOROの美学ー野良着と現代ファッション」展で、田中忠三郎さんの蒐めた「ぼろ」を初めて目にして衝撃を受けたのでした!!!

その時から、コレクションを常設展示しているという「アミューズミュージアム」を訪れてみたかったのです。
念願かなって、
開館10周年特別展「美しいぼろ布展~都築響一がみたBORO~」を最初で最後の展覧会として見る事ができました!

アミューズミュージアムのコレクションは、民族学者でもある蒐集家の田中さんの意向で、全て手で触って良い展示になってます~素晴らしいです!!!

当時の青森の生活の様子が垣間見えるような設えの中に展示されていて、

キャプションも素晴らしいのでした~^_^
ほとんど、英語と日本語で並列表記されてて、
外国人の見学者にも分かりやすい配慮がなされてました。みなさん、携帯でキャプションも写メしてましたね~(^^;;

昔は、オムツの柄だった「雪花絞り」(^^;;の証拠のようなBOROですね~(^^;;

赤ちゃん、布のオムツも4~5枚もあれば良い方だったそうです。

同時に「南部さしこ展」も♪

これらは、昭和30年代に作り手のおばあちゃん達が、昔を思い出して作ったものとかで、当時出回っていた、化繊のカラフルな色の毛糸で刺し子されているのが、また面白いです~(^o^)

まだ、ちゃんと読めてませんが、田中忠三郎さんの「物には心がある」は涙なくして読めません~名著!
貧しさの象徴であるとして、地元の美術館や博物館も貴重な民族資料としての価値を見出せず長らく忘れ去られていた「BORO」。田中さんと同郷であるという縁から芸能事務所であるアミューズの会長がその価値を見出だして、それらを展示する美術館まで作ってしまうという、それこそドラマのようで、「物には心がある」からこそ!!!と、思われてなりません。 
新聞記事では、閉館のあと、これらの「BORO」は海外巡回展で欧米各国で紹介されるようです。いつか再び、日本のどこかで末永く展示保存されるミュージアムが出来ることを願ってます~(^o^)
☆☆☆☆☆
お江戸2日目は、白大島(男物の亀甲柄)に、

今年2月、残念ながらお亡くなりになった正藍型染め師 田中昭夫さんの生紬地「菊唐草」の帯を締めて。
手に持っているトートバッグは、ミナ・ペルホネン。ミナも、日本のテキスタイルにこだわっているブランドなので、何かと和装に合うと思ってます。(布バッグは、軽いのでそれが一番の理由なんですけどね(^^;;)

帯揚げと帯締めに、玉子色で春らしく♪
藍色は、長く日本人の衣生活を彩ってきた色なんだと、BORO展で再認識。
奇しくも同じ「田中さん」へのオマージュの藍染めの帯なのでした!
それにしても、藍ってボロボロになっていても、決して美しさを失わない不思議な色です~(^o^)
最後に行けて、ほんとに良かった!!!
☆☆☆☆☆
で、最後はこちら♪
今回のお江戸旅のメインエベント(^-^)v

歌舞伎座の三月公演、千穐楽♪

夜の部です♪

夜の部の最初演目、「盛綱陣屋」には、
主演の佐々木盛綱に片岡仁左衛門さん、そしてその子、子三郎に、寺島しのぶさんのご長男の寺島眞秀くんがご出演♪
台詞はないのですけど、大人の中で五月人形さながらの甲冑付けて堂々とした立ち居振舞いでした~千穐楽ということもあって、お祖母さん(^^;;の富司純子さん、お母さんの寺島しのぶさん、フランス人のご主人の姿もありました!
最近、富司さんはテレビとかに出てらっしゃらないけど、相変わらずの美しさ♪でしたよ。
お二人とも素敵な訪問着姿でした!!!

そしてそして、もう1人の子役は、今、NHK大河ドラマ「いだてん」で主演を務めている中村勘九郎のご長男の勘太郎くん。
盛綱の弟、高綱の子、小四郎役でご出演でしたが、いや~あっぱれ三代続く名子役で、たくさんのセリフと、大人の思惑の犠牲になって自刃するという難しい役どころを、これまた堂々と演じてました!
素晴らしかったです~(≧∀≦)
眞秀ちゃんも、勘太郎くんも、自身の身内の役者さんは舞台に居ないのです!その中で、頑張りました!
それも立派でした!!!
次代を担う2人の小さい役者さんに大拍手です~♪彼らが大役を演じる役者さんに育つまで、私が生きてるかどうか分かりませんが(^^;;、将来の姿を想像するのが希望ってもんですよね~♪
頑張ろう!!!わたし!(笑)
☆☆☆☆☆

歌舞伎座の売店で見つけた丸山先生の監修の歌舞伎衣装の解説本。
この日の最後には、

この中にも紹介されている「弁天娘女男白浪」の浜松屋見世先より稲瀬川勢揃いまでが上演されました。
今月の夜の部は、松本幸四郎と、市川猿之助が奇数日と偶数日で、演じる役を入れ替わるというお楽しみな趣向になってます♪

千穐楽27日は、奇数日で弁天小僧菊之助を松本幸四郎が、鳶頭清次を市川猿之助が演じる日でした。
うーむ(^^;;
やっぱり、前半のお姫様の時は普段立ち役の幸四郎さんは分が悪いかな(^^;;という印象。

去年、歌舞伎座では菊五郎さんが演ったそうですが、是非ともご子息菊之助さんの弁天小僧を歌舞伎座で見たいもの!!!(私は建て替え前の名古屋の御園座で見たのですけど、それ一回きりなのですが、めちゃくちゃ良かったので💕)
でもまだまだ譲る気はなさそうな菊五郎さんですね(^^;;
27日のお昼のニュースで、東京の桜は満開宣言。歌舞伎座の最後も「稲瀬川勢揃い」で満開の桜🌸でした~(^o^)
歌舞伎見物とお花見🌸という日本文化を堪能した2日間となりました~(^o^)

今月の歌舞伎座の番付は、京都芸大の後輩(全く面識はございませんが(^^;;)の日本画家 石田育代さんの「春陽」。
帰りの新幹線の中で、裏に8ちゃんみたいな「ハチワレ猫」が居ることに気が付きました!(笑)

帰宅後、ひとしきり遊んで(後ろに残骸の新聞紙(^^;;)お疲れの8ちゃんです。
☆☆☆
あ!!!
そうそう、最後に思い出しました!
千穐楽という事でご出演のご家族が、劇場に来ていることはよくあるのですが、終演後、出口の高麗屋さんの受け付けの所に、あの美少年「染五郎くん」が立ってました!!!
多分、普通にスーツかなんか着てましたけど、背も明らかに伸びて、髪の毛も長くして更にイケメン度がアップしてましたよ~(≧∀≦)
うーむ!!!
少年から青年に移行する過程って、なかなか難しいものなんですけど、染五郎くんの場合は奇跡的に上手くいってるのでは?!
また写真集、出してもいいかも~💕っていうか、今のうちに、テレビドラマとかに出して売り出すべきよ~染五郎の知名度あげて、歌舞伎への集客を!!!とかって、色々と妄想(笑)
お江戸旅の最後に素敵なプレゼントをもらったようで嬉しかったです♪

春のお江戸旅①赤坂迎賓館→皇居周辺のお花見→「奇想の系譜展」東京都立美術館→上野公園の花見

ハァー(^^;;
あっと言う間に4月になってしまいました!
今日のお昼前には、新しい元号が発表されるんですねぇ!いよいよ、平成もあとひと月なんですね~(^^;;
さて、そういう訳で今日は、先週の平成最後のお江戸旅のご報告です。
☆☆☆☆☆
新大阪を出るときは、青空でしたけど東へ行くにつれてどんより曇り空に(^^;;
東京は、時々雨の予報でキモノの上に紗の雨コートを羽織って出かけました。

この日は、東京駅の丸の内出口へ。
長ーいこと、東京駅周辺は工事してましたけど、スッキリ綺麗になりましたねぇ~東京オリンピックもいよいよ来年ですもんね♪
レトロな駅舎をバックに、たくさんの観光客の方(私も(^^;;ですが)が写真撮ってました♪
で、先ず向かったのはこちら!

国宝  赤坂迎賓館へ。

この本館内部と庭園、和風別館(ここは、事前予約制)が一般公開されています。
京都迎賓館と同様、ホームページで公開日の確認が必要ですけど、当日いきなり行っても見学出来ます♪

この日は平日のお昼前という時間帯のせいか、団体さんも少なくて、ボランティアガイドさんの説明も独り占め出来て、とても贅沢な見学となりました♪
明治45年に、東宮御所として建てられた本館は、宮殿建築様式のフランスのヴェルサイユ宮殿とか、イギリスのバッキンガム宮殿を参考にしたとかで、内部も豪華なシャンデリアと、金のレリーフで装飾され、とても素晴らしかったです!
本館前の広場では、こんな風にお茶が飲めたり出来ます~♪

本館の前で、こんな写真も撮ってもらえたし、

帰りの門に向かう途中で、こんな写真も!
大きな建設中のビルの方が目立ってますけど(^^;;、私が向かっているのは、

 東京ディズニーランドみたい(^^;;ですが、


こちらの正門です(^o^)


裏から入って、正門から出る(^^;;という見学コースになってるわけですね。





本館内部は、西洋風でありながら、あちこちに日本のモチーフが組み込まれて、若い国「明治日本」の気概も感じました(^^;;
明治の超絶技巧の工芸のひとつである「七宝」作品が飾られたお部屋(花鳥の間)あって素晴らしく美しかったです!
平成の修理はまだ継続中で、見学出来ないお部屋もありました。
明治期の装飾布「金華山織」が修復(復元)されたため、取り外した以前のものが直接触れる事ができるように展示してありました。
これは、染織好きにとっては嬉しい展示でした。
いわゆる「輪奈ビロード」なんですが、モダンで素敵なデザインでした。
☆☆☆☆☆
今回は、関西より先に咲き始めた桜🌸を楽しもう♪ということで、お花見スポットを歩いて来ました^_^

先ずは、国立劇場前。
菊之助さんがご出演でしたけど(^^;;
今回はスルー(^^;;

ここの桜🌸はほぼ満開!!!

この頃には、時々陽がさして来ました♪

ここの桜は少しピンク色で、いわゆる「ソメイヨシノ」ではなさそうですね~

枝がほんとに下まで伸びて、目の前で蜂🐝がセッセと蜜を吸うのも見られました♪
体長1センチくらいの小さい蜂🐝なので、ひょっとして日本蜜蜂?!と、嬉しくなりましたがどうかしら?!
とってもたくさん居たから違うかな?!

千鳥が渕は、まだ五分咲きくらいかしら?!
まだしばらく楽しめそうな皇居周辺でした♪
☆☆☆☆☆
そして、お次は上野の東京都立美術館へ。

辻惟雄さんの名著「奇想の系譜」の題をそのまま冠した初めての展覧会という事で、とても話題になってる展覧会です。

残念なことに、ここだけの展覧会で巡回しないというので、混んでる~(°_°)のを覚悟で行きましたが(^^;;、閉館一時間前くらいに行って、なんとか行列せずに入館出来ました♪
いや~💕
やっぱり行って良かった!!!
この展覧会で初出展の若冲作品も見応えありましたし、江戸絵画の八人の作品が見比べられるのが何より面白かったです。
じっくり見るには、あと30分欲しかったかなーと思いましたが、まぁ仕方ないですね(^^;;

実は東京都立美術館に来るのは初めて♪

ミュージアムショップも充実してましたが、
今回は図録(トートバック付きのね♪)と、若冲の絵が立体に浮かび上がる表紙のついたノートだけ買いました(笑)

上野のお山は、お花見スポット🌸

美術館を出ると、提灯に灯がともり、たくさーんの人出!!!
会社の人、数十人で本格派のお花見宴会する人やら、家族連れやら、あ、外国人の方も大勢でした。
不測の事態に備えてか(^^;;、救急車両も待機してました。夜8時までとの注意書もありましたけど、そんなん守るの?!
☆☆☆
この日の着物は、
信州 飯田紬の作家、広瀬守良さんの藍染紬。
少し裾濃になってるので絵羽紬という感じでしょうか。
結婚する前から着てるから、もう37、8年は着てる着物です~(°_°)
もちろん、その間2度ほど洗い張り仕立て替えして、八掛けも替えてます。今は、胴裏抜きの仕立てになってます。

藍染の着物って、なんとなく春先や、秋の始めといった季節の始めの時期に着たくなります。

この日は、洛風林の絣模様の八寸名古屋帯を合わせてみました。
帯揚げは、灰桜色の縮緬無地。

帯留めは錫の桜の箸置きを加工したものに、紺と茶の木綿の真田紐を通して合わせてみました。

あ、そうそう♪
東京都立美術館の真ん前は、上野動物園なのでした!確か35年くらい前に、甥や姪を連れて東京ディズニーランドに行った帰りにパンダ🐼見に来て以来(^^;;
入り口の前に、行列用の柵が設えてあって、未だにシャンシャンの行列が続いているのかとびっくりしました♪
今回は残念ながら上野ZOOも行けませんでしたが(^^;;、機会あればシャンシャンにも会いたいです~💕
☆☆☆
2日目のお江戸旅②に続きまーす♪

大相撲春場所2019

今年の3月は、色々とお出かけや観劇のお誘いか多くて、大忙しです(^^;;
その間に、フィギュアスケート世界選手権もあるわで(^^;;落ち着かないことこの上なしでした!ネイサン君に完敗した羽生君でしたけど、またまた「負けん気」に火が付いようで来季もまた進化した演技が見られそうで嬉しいです😃
あ!そうそう!
イチローもついに引退しましたしねぇ!!!
そして、今日の大相撲千秋楽も悲喜こもごもの大熱戦!!!終わってみれば白鵬の全勝優勝(でも怪我したみたいで心配です~(TT)と、貴景勝の大関昇進!!と栃ノ心の大関陥落(TT)
もう見応えありすぎて、ぐったりしました~>_<
☆☆☆
今日のブログは、その大相撲春場所へ今年も行ってきたお話しです~(^^;;
なかなかチケットが取れないというのに、
ありがたく贅沢なことに、9日目と11日目の2回も行く事ができたのでした💕
☆☆☆
まずは9日目

よく晴れた、大阪府立体育館(エディオンアリーナ)です。

この日は、東側のマス席でしたので、力士の姿はこんな風に見えます♪
手前は、はるばる東欧ジョージアからやってきて、苦労して大関になったのに、相次ぐ怪我で今場所、またカド番になってしまった栃ノ心です。
私は、昨年9月場所を国技館で見た時に手に入れた「栃ノ心応援タオル」を振って応援してました!すると、真向かいにも同じタオルを振って応援してる人が居て、お互い無言のエールを送り合いました♪
この日は、応援の甲斐あって、栃ノ心が勝ちましたo(^o^)o

今場所は、引退した稀勢の里が親方「荒磯」としてデビューする場所。NHKの中継の初解説もとっても分かりやすくて、早速新たな魅力を醸しておられましたねぇ!そして連日、場内警備する親方の姿がテレビに映っておりました!
そして、この「ありがとう稀勢の里関」のボードのことも!ファンの熱い言葉がギッシリ書き込まれておりました。私も角にちょこっと応援メッセージを記しました♪

この日は、お昼前のまだお客さんがまばら時でしたので、通りすがりのスタッフさんに撮ってもらいました(^^;;

このところ、大相撲人気で連日の満員御礼垂れ幕です~
この写真は貴景勝かな?!
この日一番盛り上がったのは、十両の小兵力士炎鵬でした!大きな徳勝龍の足を取って土俵に転がしての技ありの白星!!!
☆☆☆

お相撲観戦、私は木綿と決めていて、
この日は、くるりさんのデニムの着物に、ニコニコ絣の端切れを継いで名古屋帯に仕立ててもらった帯を合わせて。

木綿の5分紐に付けてるのは、

京焼の五福香菜子さんの「どすこいおすもうちゃん」の帯留めです。

お太鼓側は、こんな感じ。
藍色のギンガムの横段に電柱みたいな茶色のタテヨコ絣が面白いでしょ?!

この日は、最高気温14度くらいで、何か羽織らないと肌寒くて、kosodeさんの二部式雨コートの上だけを羽織って行きました♪
☆☆☆
11日目♪

この日は、ここ3年ばかり連続してご一緒している「お相撲仲間」の皆さんとの観戦でした!
過去二回は正面のマスでしたが、今回は向正面のマス席でした。
テレビ画面に映ってる方♪
つまり行司さんの後ろ姿を見る形です。
この日ももちろん、タオルを振って、隣のマスのおじさん達と一緒に、栃ノ心の応援!!!

残念ながら負けてしまいましたけど(^^;;
この日は、結びの一番に白鵬対貴景勝の取り組みがありました!

ご一緒したHさんは、自作のイラストで貴景勝を応援!!!
そっくり~💕と、周りのマスのお客さん達も大喜びでした!
貴景勝は負けてしまったけど、横綱白鵬を慌てさせるガッツのある相撲を取りましたよ♪
期待通りの大一番でした!
で、帰宅後、録画してた大相撲中継を見直してこの一番の映像を見ると、画面の上にチラッとこのイラストが映っていて、また盛り上がっておりました♪

この日も、稀勢の里の応援ボードに書き込み(^^;;ツーショット撮影。
お客同士で、撮り合いっこしました♪(笑)
皆さん、子供みたいに嬉しそう(笑)

この日、会場で荒磯親方の姿がなかなか見つけられなかったのですが、取り組み終了後に、土俵下に出て来られたとき、皆んながざわついてたら手を振ってくれました♪
わかります?!真ん中の、まだマゲのある人ですよ♪
かーわーいい!(笑)
現役時代、特にファンだったわけではないのですが(^^;;
荒磯親方のファンになろうかな~(笑)
☆☆☆

この日は、私が大学生の時に買った久留米絣。
最初、絹の裏を付けてましたが重いし暑いしでずーっと仕舞いっぱなしでした。
15年くらい前に単仕立てにして、ちょくちょく着て居ます。

大柄の横絣の久留米、最近はほとんど見かけないでしょ?!
で、「カチカチ山」の意匠を織り出してあって
面白い着物なんです。
この日も「おすもうちゃん帯留め」で。
 
この日は最高気温が20度近くまで上がるというので、長じゅばんや下着は夏仕様に(^^;;
昔の藍染ですから、今もまだ色落ちします(^^;;
この白い八寸帯は、いつもこの着物やほかの藍染木綿に合わせてるので、帯山の背に当たるところや、前帯の帯下あたりは藍が色移りしています(^^;;
で、帰って足袋をみたら、スレる部分は青く染まっておりました(TT)
まぁ、直ぐに洗えばほとんど落ちますけど(^^;;
この日、ご一緒した「きものカンタービレ」の朝香さんがブログに書いてくださったので、リンクさせてもらいました♪
朝香さん、大柄の絣がお好みなので、
喜んでくれたようです~(笑)
     ↓
  きものカンタービレ

この日は連日のお出かけで、構ってもらえない8ちゃんが、玄関のドアの前でお待ちかねでした!
かーわーいい💕
でも、この週はまだまだ、あちこちしたのでした~(^^;;
まだまだ8ちゃんのお留守番はつづく~(笑)

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム