Entries

土曜日のキモノの紹介

銀花さんに着て行った、キモノの紹介しますね。

mizutamahaori.jpg

まず、羽織。
これも、ひとえに仕立ててあります。
デパートの催事で見つけた反物でつくったのですが、単衣は裏が丸見えになるので、
生地の裏までちゃんと染まっているものがいいですね。

これは、あんまり光沢のない黒の綸子地にグレー濃淡の水玉をランダムにプリントしたもの。
っていうか、抜染(ばっせん→色を抜くこと)技法で水玉を染めたのかも・・・

とにかく、裏まで染まってます。
裏地がない分、軽いのでショール感覚。
羽織は、場所によりますが、室内で脱がなくても良いので、帯の乱れを気にしなくてよい・・・
初心者には、おすすめのアイテムです~~


grey-danbokashi1.jpg


キモノは、結城紬。
(あ~~、おはしょりが、えらい斜めですなあ~~ま、グラビアやないからいいかっ

私はこの、段ぼかし無地の結城が好きで、これが3枚目!
去年、銀花さんのお母さんの大切なコレクションを譲ってもらいました~~(笑)
今は、あんまり見かけないですが、他の紬にはない結城独特のものだと思います。

私のもっている段ぼかしは3枚とも「地機」重要無形文化財です。
糸が良くないと、うまくランダムに染まらないって事なのかなーーーー

まだ、結城紬の産地には行ったことがないので、現地でいろいろ聞いてみたいです!


grey-danbokashi2.jpg


帯は、京都の「洛風林」の9寸名古屋帯。
手織りの9寸名古屋帯(しかも、おしゃれ帯は)って、ほんとに少なくなってて、
そういう意味でも、「洛風林」は貴重な帯屋さんですね~~

いろいろなタイプの帯を織ってはりますが、これは「ふくれ織」。
しなやかで、とっても締め易いです。

私は、モチーフが大きいものが好き♪(手綱模様?!ですかしら~~)
色違いもいくつかあって、銀花さんのパーティでは、
「あら!私は、ベージュ地もってるわよ~~」と、教えてくださったお客さまも
ほかに、グリーンと紺のも素敵でしたよ!


ohanaobitome.jpg


帯締めは、まかりんさんの「ぷっくりお花の三部紐」。
帯留めは、頂きものの「イヤリング」を自分で加工したもの。

まかりんさんの帯締め、細いのでどうかな~~と、思いましたが
ちゃんと存在感ありますよねえ~~さすがですわ




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/95-94cee1a6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム