Entries

『技を極める ‥ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸』展へ。

昨日は、京都国立近代美術館で開催中の
『技を極める‥‥ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸』展へ、お友達といってきました~(^-^)v

ヴァン クリーフ&アーペル、ご存知でしょうか?!
1906年創業の、フランスのハイジュエラー。
日本の庶民にとっては^^;、世界の富豪を相手に宝飾品を作る、ハイジュエラーなど全くご縁が無いのですが、現在では、その宝飾品のブティックラインというのか、一般客向けの商品も日本各地の支店で見る事も出来るようになってます。
私も、(買えないけど^^;)時々、婦人雑誌のグラビアページや、デパートの中にあるお店のウィンドウなどで拝見して、そのステキなジュエリーの事は知っておりました。オニキスのアルハンブラの指輪を真似っこして、日本のジュエラーさんで作ってもらった事もあります~(^-^)v
そんなハイジュエラーのヴァン クリーフ&アーペルが国立近代美術館で展覧会?!と、このポスターを見た時からわくわく!
楽しみにしておりました~~♪
しかも、日本の工芸品とのコラボ展!!!
いや~(>_<)
美術館の中が、いつもと全然違う~~異空間になっておりました!
キラキラ~~キラキラ~~💕

一階ロビーには、こんなパネルが♪
後ろの踊り子ちゃんたちは、全て実際はブローチなんです。小さいものなのです!それをこれだけ拡大してもきちんと見える!細部まで見事な細工だということがわかりますよね~~💕
ぜひ、本物の精緻さを見て頂きたいです。
何ミリかの足に爪先とかかとがあって、ちゃんと踊ってるのよ~~^^;しかも、宝石!
どれもこれも、いつまでも見ていたかったです。ほんとうに素晴らしかったです~💕
☆☆☆☆☆
日本が誇る工芸品♪でもある、お着物で(^-^)v
(いつものですけど^^;)

雨が降る前で気温はそれ程でもなかったのですがなんとなく蒸し暑かったので、単衣の塩澤お召に、正藍型染師、田中昭夫さんの菊唐草の名古屋帯で。

青磁色の縮緬無地の帯揚げと玉子色の冠組の帯締めで、爽やかに~~♪
長襦袢も楊柳地の単衣に替えました。

お太鼓とタレの柄を合わせるのも、ちょっと慣れて来ました~^^;
花芯の弁柄の色が効いてますよね~(^-^)v
田中昭夫さんの藍型染も、ハイジュエリーに負けない技術とセンスですわよ(^-^)v
☆☆☆☆☆
あ!そうそう~~
私にはご縁がないのですけど^^;
ちゃーんとご縁のある方も居るのです!

季節にぴったり(*⁰▿⁰*)の、ヴァン クリーフ&アーペルの帯留(ブローチ)と指輪でございます~~💕
「ここぞとばかり、着けて来ました~」って笑っはりましたけど、とっても、お似合いでした!
本物の輝き~^^;やっぱりステキ~~💕
☆☆☆☆☆
会場には、明治の超絶技巧的な工芸品の数々や、志村ふくみさんや、北村武資さん、森口邦彦さんらの人間国宝の染織作品や漆芸、木工芸の現代作家の作品も、ハイジュエリーと並んで展示されていて、こちらも見応え充分でした!
映像コーナーでは、ヴァン クリーフ&アーペルの制作アトリエの内部や職人さんたちの手元がたっぷり見られて、それもとっても面白かったです!
ポスターに使われている、ルビーとダイヤモンドのブローチの、ルビーの部分は、宝石を留めているはずの金具が一切見えていません。
これは、「ミステリーセッティング」といわれるヴァン クリーフ&アーペルが開発した代名詞のような技術なんだそうです。
そのセッティングの様子も映像で見られましたよ!魔法みたいでしたよ~~^^;
ハイジュエラーに、ハイジュエリーを注文出来る富裕層の方々が世界にどれ程いらっしゃるのかわかりませんが、これほどの美しいものを生み出す技術は絶やしてはいけませんよね~~原石は磨いてこそ活きて輝く!
ぜひ、せっせとご注文頂きたいわ~~💕
しばしのゴージャスを味わえた、豊かなひと時でございました~(^-^)v
帰りの電車の中では、皆で今晩のおかずは何にしよう~~ってな会話してるんですけどね~(笑)
会期はまだ始まったばかり。








8月6日まで、やってます!







不足しがちな「心の豊かさ」を補給するには美しいものを見るのが一番!
「ぬぬぬパナパナのぬぬ2017」もお忘れなく~~💕こちらは、梅田阪急本店9階、アートギャラリーで5月24日~29日まで。
日本が誇る手仕事の極みのような、「ぬぬ」がたくさん見られますよ~~♪
お待ちしております!

オマケの8ちゃん♪
「ボクからもよろしく~(^-^)v」と、言うてるはずです~~^^;

































この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/943-4ecd8eaf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム