Entries

名古屋 月日荘さんへ。

先日もこのブログでご案内しましたが^^;
名古屋の月日荘さんでの
「正藍型染め師 田中昭夫の新作染め布と、若い衆とのコラボ展」の初日に走って行って来ました!

月日荘さんのお玄関。
住宅街の古い木造住宅を使った素敵な空間が
今回は田中昭夫さんの「藍ワールド」に!
2015年の南青山での展示会のときにも感じましたが、日本の蓼藍の健やかで愛らしい藍型染めの世界。田中さんの藍染めに魅せられた人達の「熱い応援の気」が溢れる、目にも手に触れても気持ちの良い展示会でした!
今回の展示会の様子は、田中さん応援団のお一人でもある、けろ企画さんのブログをぜひ、御一読下さいませね。グッときますわよ。
こちら→けろ企画

初日とはいえ、この日の朝に、お子さんの卒業式に列席されるお母様のお着付けをさせていただいてのち、急いで着替えて出かけたので、会場に着いたのは一時近く。
オープン時の、混雑が一段落した頃でしたが、それでも、私を含めて^^;ご遠方からのお客様もたくさんいらしておりました!

アレコレと、見せて頂きながら、2年振りの田中さんとのツーショットも撮れて大満足です~♪何より、仕立てあがった帯を締めていけて、田中さんに直接見てもらえたのが一番でした。
御歳82の正藍型染め師の田中さんです~~♪
いいなぁ~カッコいい~💕藍職人姿!
 
何だか色が全然オカシイ^^;ですが、
合わせた着物は男物の亀甲柄の白大島です。

三月とはいえ、この日は北風の吹くさむ~い名古屋でした。
寒々しくならないように、帯締めも帯揚げも黄色。あ、長じゅばんも黄色に白の小桜模様。
 
田中さんの型染めは殆んどが木綿地に染められておりますが、絹も時々は染めておられたようです。2015年の南青山での展示会に行った時も初日でしたが、行く時間が遅くなり絹はこの一本だけがポツンと残っていたのでした。
しかし、生地といい、染めといい、キリっとした菊唐草の模様といい、もう一目惚れ~♪
良くぞ残っていましたね~^^;
しかも、全通(型染めの多くはお太鼓裏や手先から一巻き目などは無地が多い)で、藍に濃淡のある「藍取り」という超難しい技が使われておる由、七緒の中の津田千枝子さんの解説の中で知りました!
菊の中の弁柄で染められた赤も良いでしょ~(^^)v
で、実はその「藍取り」を活かすために、むら田さんにお願いして、お仕立てを工夫してもらいました。 
頂いたままで仕立てると、お太鼓とタレで同じ色が続き面白くない~と、この写真のようにずらしてもらいたかったのです^^;
頑張って、柄も合わせて結んで見ました~♪
で、お太鼓裏にまで柄があるのももったいないので^^;別布を探してもらって付けてもらいました。(こうなると、ケチなのか贅沢なのかわかりません^^;)
結果、バッグが仕立てられそうなくらい生地が残ってます~💕
さて、その端切れをどうするん?!って、話なんだけど、また悩ましいけど嬉しい(笑)
田中さんの藍染、全く色落ちがありません。
普通は、落ちます^^;
が!
今回、白大島に合わせても、全然大丈夫でした。この事だけでも、田中さんが優れた藍染め職人さんである事の証しかと思います~♪
素晴らしいです~~(^O^)

羽織りでは寒かったのですが、この上から青いカシミヤの大判ストールをぐるっと巻いて行きました。
あ、そうそう~~この羽織りは無地の着尺地を使って仕立てたので、地模様もなくつるんとした生地。なので、こんな裏地をつけて見ました。

トランプ柄。
仕立ててからずいぶん経ちますが、寒そうな色で袷の季節にはあんまり出番がないのでしたが、
こんな裏地が付いてるし(アメリカ大統領とは関係ないトランプですけど^^;)、今年はこの藍帯に合わせて着てみなくちゃ~♪と、久しぶりに取り出してみた次第です。

広幅の木綿地に染められた水玉~💕
もう、たまらん可愛いさです~~💕
早々に端をかがってもらい(母に頼むとアッというまに出来るので^^;)、様々ゲット品を包んで見ました~何が入っているのかは、ナイショ~^^;(若い衆とのコラボ作品がほんとに良かったです~~全部、欲しかったですぅ~笑)

帰りの新幹線の中でながめているのは、今回の展覧会を記念して作られた、小さな作品集。
最初のページに、田中さんの小さなハギレが貼られ、恥ずかしそうに^^;サインが入ってます。
☆☆☆☆☆
田中さんを巡る、素敵な物語は本日で一旦終了だそうですが、新たに建て始めた播磨藍での染め仕事の展開も気になります~♪
今後の田中昭夫さんの作品の取り扱いは、この名古屋の月日荘さんが窓口になるそうなので、
また、近いうちに田中昭夫新作展もあるかも~?!
田中さんには、お元気で今後も納得行くまで藍と戯れて頂きたいです。

新作作品展、楽しみにしております☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/936-dce55027

トラックバック

コメント

[C1439]

遠くから駆けつけた甲斐がありましたですね!
ほんに帯、締めたお太鼓のところ、工夫の甲斐あってキマってます♡御大の帯、濃い藍色ですが染まりません。実用としてとてもありがたいですよね。

私のカタバミの残布もたっぷりとあったのですが、思案して津田さんに差し上げました。あのカタバミは二本だけ染められて、一本はむかし染織をよく知る京都のお方のもとへ、もう一本は自宅展で私が買い上げたのですが、津田さんの御大裂コレクションに混ぜてもらって一緒に保存してもらおうと思いました。

これから染められるであろう村井さんの播磨藍の色も楽しみです ♪

[C1440] Re:

ハイ♪
ほんとに〜(*^o^*)

2年前の南青山の時も、FBの記事で偶然知って、たまたま
東京に行ってて行けたのでした!
ご縁です!

が!
それ以上に、田中御大の藍型染め布の健やかな魅力に
抗い難かったと申しましょうか〜^^;
ノックアウトでしたねぇ〜
多くの染めの作家の方がおっしゃる事ですが、土台の生地が本当に良いですね〜この絹紬地も初期の頃の生紬かと思われますが、とってもしなやかで締めやすく、それでいてシャンとしているという生地です。なので、残布は何かに仕立てるより、撫で撫でするだけでも良いかなと、考えてるとこです〜(*´꒳`*)(笑)

知子さんのカタバミの帯、ほんとにステキよね〜今回も違う型のカタバミも出てましたけど、知子さんのとは型が違うなーと思ってました。
それは二本だけなのですか!
残布を津田さんに託すのは素晴らしいですね〜♪
いずれ私のもそうしてもらおうかなー(^_^)v




  • 2017-03-18 10:21
  • すみれ庵
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム