Entries

初春文楽公演 第二部へ♪

本日15日の朝の我が家の庭。
数年ぶりの雪景色です~~^_^;
 
予報通りの寒い週末となった昨日は、
これも毎年恒例の「初春文楽公演」へ。
文楽のゆかりさんのお世話で、第二部を観て来ました。

始まる前は、青空*\(^o^)/*
キーンと冷えた空気が気持ち良いお天気でした。

午後四時半からの第二部に先立って、後藤静夫先生のレクチャー。

「染模様妹背門松」のこの題名から中身が分かる~♪から始まって、時代物、世話物の物語の構成の違い、作者の表現の特徴など、そして、もちろん見所、聞きどころもしっかり教えて頂きました!

初春文楽ならではの、舞台の上の睨み鯛♪
レクチャーの後の観劇なので、それぞれの段の登場人物の気持ちにスーッと入っていけました。年齢的に^_^;お染ちゃんや久松くんより、久松のお父さんの久作さんや、お染のお母さんのおかつさんに気持ちが寄ります~^_^;
でもって、お染ちゃんの許婚の清兵衛さんは、とっても大人で良い人なのですよ~そら、久松くんより清兵衛さんでしょ!お染ちゃん!と言いたくなりましたわ^_^;ま、そこが「恋」のままならない所なんですが^_^;
人間の「情」を描くのが文楽というなら、この演目はとっても普遍的です。
油屋の段のチャリ場では、現役唯一の「切場語り」の豊竹咲太夫さんが、ピコ太郎のPPAPの一節や「君の名は。」のアドリブで笑わせてくれました。
通し狂言は、やっぱり面白いですよね~o(^o^)o

文楽のゆかりさんの会に参加すると、時々^_^;文楽グッズがもらえたり(今回は新商品のパラパラ三番叟メモ!と使い捨てカイロ(笑)
番付の割引券もらえたりしますよ~♪
22日にもございます~♪まだチケットは有るそうですのでぜひ*\(^o^)/*

この日はいつもロビーに居る「お染ちゃん」の前は人だかりでした。

水色と赤い麻の葉模様の斜め段模様の着物が愛らしいですけど、この背中に背負ってる「よだれかけ」みたいな物、皆さんご存知ですか?!
私もなんていうものなのか、全然知りませんでしたが、これも今回、後藤先生に教えて頂きました。コレ「襟袈裟」というのだそう。大阪でも、この物語となった島之内界隈(まさに文楽劇場のある辺り!)の大店の若いお嬢さんのだけの風俗だったとか!  どんな意味が有るのかまではわからないらしいのですが、
黒いフリルに沿って、鈴も付いてて、劇中でもチリリンチリリン、お染ちゃんが動く度に鳴るのです。やっぱり、背守り的なものなんでしょうか?!
あ、お染はちゃんは、大店のお嬢様だけに場面毎にとっても素晴らしいお振袖にお着替えしますが、この「襟袈裟」はいつも付けてました。
なので、やっぱり「お守り」みたいな物でしょうねぇ(^^)vご存知の方はぜひ教えて頂きたいです~~♪
公演については、こちら→ 国立文楽劇場HP
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
書きましたように、昨日は帰りは「雪」になる予報でした。なので、やっぱりこの帯かなと♪

1月の観劇は「柔らかもの」を着たいので
京都の野口さんの霞模様の染め小紋に、

洛風林の雪の結晶模様の名古屋帯。
この時期には毎年締めてる帯なので毎度お馴染みですけど、このキモノに合わせるのは始めてかと^_^;思います。但し、お正月らしさに欠けるので^_^;「目出鯛」の帯留めに朱赤(こんな色、いつ買ったん?!って感じですが、今回、役に立った^_^;)の三分紐、白縮緬に金で霰を散らした帯揚げ。紅白とか金銀とか鯛とか、「おめでたい」を表わす意匠って、ほんとに便利ですよね♪
どっかに持ってくるだけで「らしく」なりますもんね~(笑)

お太鼓はこんな感じ。
あ♪そうそう、今年の道明さんの干支の「香袋」を初下ろししました。

使われてる生地はハンガリーの刺繍の文様が元になってるという龍村美術織物の縦錦「欧鳥繍華錦」です。二羽の鳥が付いになってる様は、愛情を表現しておるそうで、幸福のシンボルなんだそうです~💕

今期、初ウールコートも着て行きました。
そして、帰りは予報通りの雪で、電車を降りた時には止んでましたが、道路はベチャベチャ^_^;そんなこともあろうかと、撥水加工した「裾除け」というか、「裾カバー」を持って行ってました。駅のトイレでコートの下に装着。
おかげで安心して歩けました~♪
最近、所謂二部式雨コートの下だけを、色々なメーカーさんが売り出してますね~♪

私のは、東京のポリエステル着物専門の英さんのもので、チャコールグレーの縮緬みたいな生地で作られたもの。衽が付いてるのでパッと見は着物に見えるよという事らしい^_^;
暗すぎてわかりませんな^_^;
軽くて、持って歩くのに共布の袋も付いてて便利でした。
✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
明日もまだ寒いみたいですね~(・_・;
そろそろ食料品が尽きてるのですが、買い物に行きたくなーい(◞‸◟)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/927-48e86633

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム