Entries

あちこちお出かけ②「三浦景生の染め」展 京都市立美術館と染・清流館


9月に入ってのお出かけその②は、
私の芸大染織科時代の恩師で昨年99歳の天寿を全うされて亡くなった三浦景生先生の大規模な回顧展へ伺ってきました。
三浦先生は、臈纈染めを主な制作技法とされてますが、長い制作活動の間に色々な表現を試みておられてそのお人柄と共に一堂に並んだ作品の多彩さに圧倒されました。
まずは、左の写真の、

四条烏丸近くの、染・清流館の「三浦景生表紙絵展」です。(9月25日まで開催中 入場無料)
1984~88まで足掛け五年にわたって「月刊染織α」の表紙原画を制作されたのですが、モチーフは野菜♪とってもユーモラスで愛らしい世界が展開されています。
そして、

岡崎の京都市立美術館では、

初期から晩年(お亡くなりになる直前まで!)までの作品が、まさに副題の「白寿の軌跡」のごとく
広い美術館の中を埋め尽くす勢いで並んでおりました!
会場の一角に、84歳ころに出演された日曜美術館の映像が見られるコーナーが有ったのですが、その若々しい事!あー懐かしいお姿そのままでした!
大学教授を定年退職されてからの方が、陶箱の制作など染めという制約から離れた自由な表現をたくさん楽しまれたようです。
折に触れ、公募展や個展で作品を拝見していたつもりでしたが、膨大なスケッチや下図などを拝見すると圧倒されるばかりでしたf^_^;)
キモノや帯ばかりではない表現としての「染め」の作品もぜひ多くの方にご覧頂きたいです!
こちらは、
9月18日まで。(一般800円 月曜休館)
☆☆☆☆☆

この日も台風が来るとかどうとかでf^_^;
モーレツに蒸し暑い一日でした!
外歩き中の雨も覚悟して、黒字にカジマヤー柄のサマーウールに麻の八寸名古屋帯で。
実際には、写真の如くの青空(^_^)v
とっても久しぶりな同級生と会えたりして、一気にン十年昔の芸大生に戻りました(^^;;
三浦先生のおかげですね~♪
ありがとうございましたm(__)m
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/898-9dd26bd0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム