Entries

錦秋文楽公演二部『玉藻前曦袂(たまものまえあさひのたもと)』に♪

はふ~~~
またまた、ご無沙汰しておりました
秋も深まってるはずですが・・・暖かい日が続いてますね。
皆様、お元気にお過ごですか。
暖かいとはいえ、朝夕の気温差もあるので風邪ぎみっていう方も多いのではないでしょうか?!
って、私もちょっと油断してて調子悪くて、先週末の予定をキャンセルしてしまったのでした・・・あ~~残念!
***
そんなこともありながら・・・
今月は1日のフリマから23日の「キモノ・パーティ」まで予定ぎっしりです!
記事もいっぱい溜まってます~~~ガンバロー私!
まずは、こちら!
H2711haiyaku_omote1.jpg
7日に文楽のゆかりさんのお世話で、錦秋文楽公演の第二部を見てきました。
文楽劇場のHPは、こちら
玉藻前曦袂(たまものまえあさひのたもと)
清水寺の段/道春館の段/神泉苑の段/
廊下の段/訴訟の段/祈りの段/化粧殺生石
という、聞き覚えのない演目でした。
それもそのはず、通しで上演されるのは、昭和57年以来のことだそうです。
このポスターに居る人相の悪い「金毛九尾の妖狐」がこの物語の主役です。
詳しいお話は、HPの解説を見てくださいね。
普通、文楽は太夫・三味線・人形の三位一体でどれが重要ってことないのですが、
この演目に限っては、人形さんが主役でした。
このお話にしか使わない「両面」と「双面」というかしらで、
中国の雑技の「変面」みたいに姫から妖狐、妖狐から姫へと一瞬にして変身!という
文楽人形ならではのお芝居を見ることが出来ました!
この日は、事前に後藤先生の解説で「ココ!」という見どころを教えて頂きました!
おかげで、ばっちり見逃さずに済みましたよ~~
最後の「化粧殺生石」の段は、
石に宿った、妖狐の魂が毎夜様々な姿に化けて賑やかに踊り狂う、「七化け」です。
この最後の段は、勘十郎さんの一人舞台でした!
(とはいえ、左使いと足遣いさんは、化けるたびに入れ替わり、
計、五組(つまり10人?)の人形遣いさんが入れ替わり立ち替わり出演されていたようです!)
いつも、「狐大好き」で「MY狐」を持ってらっしゃるほどの勘十郎さんですから、
初役とあって、さまざまに工夫されたようです。
そうそう!「宙乗り」の披露されます!!!
(文楽で、宙乗り、初めて観たかも?!なんかの演目にありますか?!)
生き生きととても面白く楽しい「七化け」でした♪
江戸時代の、妖怪って3国をまたにかけて国の転覆を計ろうなんて、スケールでかいです!
ゆかりさんのお薦め通り、とっても面白かったです。
***
もちろんキモノで。
1511072.jpg
草木染めの紬(しおじ紬)に縮緬(濃紺地)に紅葉を染めた帯で。
1511073.jpg
けっこういろんな動物柄の帯を持ってるのですけど・・・
さすがに「狐」は持ってなくて・・・
しかも悪い狐ですしねえ~~(笑)
まだ紅葉しきってない「青紅葉」もあるということで、帯締め・帯あげが緑を。
このキラキラの帯留めは母のイヤリングを改造したもの。
80年代に流行った大ぶりのイヤリング、帯留めに使えるの多いですよ~~お試しあれ!
1511074.jpg
お太鼓柄も私好みの大きな紅葉です~~
何年か前の京都のえり善さんのセールで頂いたもの。
そう!キャンセルしたのは年に一度のそのセール~~
1511071.jpg
11月に入るとさすがに「帯付け姿」は憚られます。
羽織りや、コートが無い場合、もしくは暑い!ときは、せめて帯を隠すショールを付けて出かけましょう♪
というわけで、またまた六花さんのポリの薄羽織で。
薄羽織って、単衣や夏物のキモノに合わせるのが本筋だそうですが・・・・
これは二重織りになってるし、色も秋色なのでご容赦願いますね~~
***
1511111.jpg
売店で、こんな狐のお面を売ってました♪
今回の演目の「金毛九尾」の妖狐ではないけど、ちょい悪そうではありますね~~
番付と一緒に思わず、連れて帰ってしまいました。
あ!写真とってませんけど、今回の演目にちなんで『玉藻前曦袂クリアファイル』が新発売!されてました。
中が3つのポケットに分けられた3D仕様~~(笑)
350円はお値段以上やわ~~と、まんまと連れて帰ってきました。
やっぱ、化かされてる感じ?!
***
文楽錦秋公演(国立文楽劇場・大阪)は23日まで~~超レアな演目、お見逃しなく~~♪
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/845-572346ef

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム