Entries

祇園祭宵宵山で賑う京都へ。

台風一過、我が街近辺の川の増水でJRがいまだに乱れておるようです!
皆様のところは、大丈夫でしたか?!

昨日は、一日中雨でした

にも関わらず、祇園祭の山鉾巡行は例年通り行われたとか!
「お祓い」のお祭りですから、絶対やらないと夏が越えられない~~のでしょうが・・・

京都の鉾町にお住まいの染めものやさんの御主人が「祇園祭は、小雨決行・大雨強行!」と
FBでつぶやいておられた通りに実施されましたねえ~~

素晴らしい!!!その心意気が1100年余もお祭りをささえてきたのでしょうね~~

しかし、あの雨の中・・・胴懸けなどのりっぱな染織品はどうもなかったのでしょうか?!
まあ、防水加工とか対策もされてはいるでしょうが・・・

よそ事ながら、しんぱいです・・・

1507152.jpg

宵宵山の「長刀鉾」。
夕方、歩行者天国になる直前に撮ったので、
ものすごい人波で引いて撮れず、長刀が写っておりません~


***

さて、前回の記事の通り、この日はこちらへ。

1507151.jpg

この日11時から、きもの学会の会員向けに、樋口さんの解説付きの講座を開いてくださいました。

文化博物館の6階の和室の大広間を使っての展示は、
江戸中期の加賀友禅に始まり、現代の人間国宝作品まで網羅された一大コレクション展。

とても見ごたえがありました!
やっぱり、染織品はガラス越しでは良さが味わえませんもんね~~

今回のギネス認定の3000余点は、あくまでも「長着」のみ!!!

樋口さんの元には、「帯」や「羽織・コート」「簪・帯どめ等の小物類」なども数千点があるそうです!!!

きゃ~~~~

しかも、樋口さんのコレクションは、ご自分が着るためではなく、
(もちろん、いつもきれいな着物姿でいらっしゃるのですが!)
「後世に日本のきもの文化を残す」という壮大な心意気の結集です!

私の「物欲」とはちょっと違うのよね~~

***

久しぶりの祇園祭の最中にに行く京都。
夕方から家族と落ち合って、食事して帰る予定でしたので、「歩く」ことを覚悟して・・・

1507153.jpg

水玉柄の絹紅梅(紺地に白の水玉です)に、むら田さんの麻無地8寸に古い刺繍裂を自分でアップリケした帯で。

1507154.jpg

この刺繍は、「着る立場できものを考える会」の会員のYさんのお母様が夏帯地に日本刺繍されたもの。
土台の帯地が劣化してそのままでは締めることが出来なかったのですが、刺繍は全く痛んでおらず、
どーにかしたい!と頑張った結果です~
あぶくは、ワイシャツの「貝ボタン」

1507155.jpg

刺繍の裏面に和紙で裏打ち(ちょっとだけ、表具を習いに行ったとこで教えてもらいました!)して
切り取り、8寸の帯地に直接縫い付けました。ほんとに簡単、アップリケ♪

実は、まだ赤いお魚も残ってるんですよねえ~~
何年もほったらかしですけど・・・

1507157.jpg

台風接近のくもり空の京都。
蒸し暑いものの、風があって例年よりは過ごしやすかったですが・・・やっぱり暑い!!!

なので、夏の京都のお楽しみは「かき氷」~~

文化博物館近くの『和久傳』室町店の抹茶ソルべ(蓮根餅付き)♪
ソルべっていうのは、あらかじめ味を付けて凍らせた氷を削ったものを言うそうです。

さすがのお味で美味しかった!!!!!


1507156.jpg


この日はMさん、Oさんとご一緒させて頂きました。

お写真は、Oさんの帯周り。

小千谷縮に宮古織りの帯、藍で絞り染めした小千谷縮の帯あげとガラスの帯留め。
すべてが、ブルーのトーンで揃っていてほんとに涼しげな装いでした♪

Mさんも白地の越後上布に麻のもじり織8寸の上級コーデでございましたよ!
(お写真、ちゃんと撮らせてもらえば良かったです・・・反省)

どしどし歩く日は、汗をかいても自分でお手入れできる「麻織物」や「綿・絹紅梅」などの
夏キモノが安心ですね。

もちろん、浴衣もいいですね~~♪

祇園祭、去年から後祭りも始まって、まだまだ続きます。
京都ばかりでなく、大阪の天神祭ももうすぐ!
浴衣や夏きもので「夏の情緒」を楽しみたいものですね~~




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/827-86ffb552

トラックバック

コメント

[C1330]

結局、天気が不安定な中、見てきました。
(小雨が降っているかなと思っていたら突然本降り)

結論は、見てきて良かった。
圧倒的な数と内容。(でもほんの一部なんですよね)

毎度の事ながら、着物で行ったら受付で、業界の関係者と勘違いされました。

御本人にも挨拶されました。
  • 2015-07-19 06:43
  • hiro
  • URL
  • 編集

[C1331]

おお!行って下さったんですね♪ありがとうございます。
樋口さん、柔らかな物腰のステキな方でしょ?!
集められたキモノのことを、「この子たち」と呼びはる、
「きもの愛」にあふれた方です。

私の記事をFBで見て、
hiroさんのように行って下さった方も多くて、ご紹介して良かったです。
嬉しい~~♪

岐阜では定期的に(毎月!!!)展示会をなさるようですが、
年に一度くらい京都でもやってもらいたいですよね~~♪

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム