Entries

「風に舞う布 琉球染織の美」筒描きワークショップへ♪(その②)


ワークショップ2日目は、いよいよ染めです。

1506213.jpg

紅型の色は「顔料」で染めていきます。
その色を定着させるために「豆汁(ごじる)」という大豆の絞り汁とバインダー(接着剤のようなもの)
を調合して基本の色をつくります。

城間さんの工房ではこの10色だとか。

これらの色は混ぜずにこのまま使います。

1506214.jpg

15062111.jpg

皆さんが終わったあとに気が付いて撮ったので、たくさん写ってますが、
このような「摺り込み刷毛」を使って、生地に色を刷り込むように染めていきます。

1506215.jpg

紅型の染めの特徴は、「隈とり」(陰のようなものを入れて立体感を出す手法)です。
上の色見本の各色の横に濃い色が二色くわえられていますが、それらが基本の「隈」の色です。

朱にだけは、隈をいれません。

1506216.jpg

隈が入ったら、地色を染めていきます。
本来は、先に染めた上に糊でふたをして再び乾かし、一気に地色を染料で染めます。
が、今回は時間短縮のため同じ顔料で地を埋めるように染めていきます。

1506217.jpg

全面に染めてもよかったのですが、なんとなくまあるく染めて、周りの生地のいろをそのまま
残したくなり、ここで完成♪

この上から仕上げの「みょうばん水」を塗って乾かします。
顔料の定着のため。

1506218.jpg

そのあとは、糊を落とすために20~30分ほど水に付けておきます。
糊が、水の中でふやけてはがれてきたら揺すって落とし、仕上げの水洗いで糊分をきれいに落とします。

1506219.jpg

水気を切ってアイロンなどで乾かして完成!!!

糊を落としたら、筒描きしたガタガタの線があらわになって、ちょっとガッカリでしたが、
まあまあじゃないかしらん~~(自分に甘いわ

15062112.jpg

最後に出来あがった皆さんの作品を並べて、城間さんの講評?!

15062113.jpg

ご自分でオリジナルの図案を考えられたものや、皆さんが二日間楽しまれたステキな作品が並びました!
同じ図案を元にしても出来上がりが全く別物になるのが面白いですね~~

皆さん、「また、ぜひやりたい!」と口々におっしゃってました。

15062110.jpg

紙コップに分けて使った「紅型の色」たち。

10年ほども、染める事からは遠ざかっておりましたので、
久しぶりの「染め」はとっても楽しかったです

実はまだ、いろんな道具類は残してあるのよねえ~~
ちょこっと、またやってみますか?!

15062115.jpg


城間先生、ご指導ありがとうございました!



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/822-ae369760

トラックバック

コメント

[C1321]

2日間のワークショップ、中身が濃いですね。
それなりの方が、参加されていたとか。(美術大関係者?)

また、染め始めますか?
  • 2015-06-23 06:32
  • hiro
  • URL
  • 編集

[C1323]

今回の主催者団体の学芸員の方が京都芸大出身のかたなので、このワークショップのお手伝いも芸大の学生さんが来てましたね。
参加者は一般の方が多かったですよ。
でも、紅型を習ってるとかもいらしてたみたいです。
そうなんですよ~~誘惑にかられておりまする~(笑)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム