Entries

熱海のお宿は、「旧 蓬莱」でした♪ その②→東京へ

熱海のお宿の続きです♪
「星野リゾート 界・熱海」には、「ヴィラ・デル・ソル」という別館があります。
名前の通りの洋館。
1502079.jpg
撮影、上手じゃないので雰囲気がでてませんが、ちょっとだけ内部のお写真を。
15020711.jpg
ヴィラ・デル・ソルって、なに?!と、お思いでしょ?!
以下、HPよりの引用です。
ヴィラ・デル・ソルの本館として使用している建物は、「南葵文庫」といいたいへん由緒のある歴史的建築物です。
そもそもの「南葵文庫」は紀伊徳川家の第15代当主である徳川頼倫(とくがわよりみち)が、
邸内(東京都港)に創設した私設の図書館でした。
たいへん充実した蔵書を持ち、関東大震災の折には焼失した東大図書館に蔵書を大量に寄付するほどでした。
文庫閉鎖後、南葵文庫は2回の移築を経てこの熱海に地にやってきました。
今は穏やかな潮風を感じながら皆様に歴史を感じさせる佇まいで格調高い気品を放っています。
2008年には国の登録有形文化財に登録されました。
とのこと。
写真は、15代将軍だった徳川慶喜公の揮毫によるもの(複製だそうですが
1502072.jpg
界のお部屋でのお食事は和食ですが、こちらで、洋食の朝ごはんを頂くことも出来ます。
(泊るときに予約したほうが良いみたいです)
私は、夜は布団派(笑)、朝はパン食&コーヒー派なので
旅館に泊っても、朝ごはんは洋食が選べるとほんとに嬉しい♪
最近はどちらか選べるところがほとんどですけどね。
近隣の契約農家さんで採れた無農薬野菜のサラダや、クラムチャウダースープや
有精卵のスクランブルエッグやしぼりたての熱海のオレンジジュースなどなど、
とっても美味しかったです♪
なかでも、自家製の洋ナシ、リンゴとキャラメルの二種類のジャムがとっても美味しくて
買えないのかな~~と、聞いてみたらば、わけて頂けました。
洋ナシ・ベリー・杏の3種類♪
どれも美味しくて、帰ってからの毎朝の楽しみ~~
二階がレストランになっていて、夜はフレンチが頂けるようです。
もちろん泊るお部屋もございます。(ホテル仕様の新館です)
15020713.jpg
朝食のあと、邸内の見学。
どなたもいらっしゃらなかったのでこんなことして遊んだりして
1階はソファが並び邸宅の応接室のようなつくり。
元は図書館だったそうですから、
こんなところで一日、ゆっくり本を読んで過ごしたいものですねえ~~
この別館は、
本館の下に建ってます。
つまりまあ、崖の下(別館の前は道路を隔てて海!)にあるのです。
ここと、本館は階段式の回廊でつながっております。
その途中に、「旧、蓬莱」からの有名な「走り湯」と「こごいの湯」があります。
1502074.jpg
えーと、下からいうと、「ヴィラ・デル・ソル」があって「走り湯」があって「こごいの湯」があって
本館の旅館があるという構造です。
で、この写真は二つのお風呂の中間にある「涼み台」。
ヴィラ・デル・ソルで朝食を食べてもどる途中、
ここを住処にしてるニャンと出会いましたにゃん。
1502076.jpg
スタッフさんによると、泊り客で猫好きな人が次々と餌をやったらしく
いつの間にか住み着いてしまったとのこと。
まあ、こんなスケルトンなつくりですもんねえ~~猫にしたら出入り自由(笑)
まるまる太って(笑)毛並みもつやつやで、お大尽の風格でしたよ~~
なでなでしているうちに、眠ってしまいました!
***
恥ずかしながら・・・女将の古谷青游さんに褒めて頂いたコーデ。
館内に居る時は、半幅帯に結び替えておりましたが・・・二日間、同じコーデで。
1502082.jpg
冬場の旅行はなんといっても「本場結城紬」が一番です。軽くてあたたか♪
チャコールグレーの無地は帯がなんでもOKな万能キモノです。
古谷さんは、一目で「ステキな結城をお召しね~♪」と気付いてくださいましたよ。
うれし!(笑)
1502083.jpg
今回の帯は、洛風林の「雪輪柄」ふくれ織り9寸名古屋帯です。
帯あげ、見えてませんが青磁色の縮緬無地。
綿の5分紐に杉浦佳子さんの磁器の帯留め。
1502084.jpg
結城のような織のキモノには、ほんとうは、季節の染め帯が良いのでしょうが、
旅先ではシワなどが付きにくい「織り」の帯が重宝です。
1502081.jpg
義母の結城紬(おそらく高機の無地)を羽織に仕立てなおしたものを羽おって。
寒さよけと雨よけ、汚れよけのためにこの上からポリエステルの二部式雨コート(上だけね)
を重ね着して行きました。
二日ともお天気の予報でしたが、二日とも雨にあいました
旅先では雨支度は必須でございますね!
***
熱海を出たあとは東京(1時間足らずです!近っ!!!)に寄りました。
昨秋リニューアルした「東京都庭園美術館」
ここも大好きな美術館で何度か来てますが、本館の大規模な修復が終わり、新館がオープン。
1502077.jpg
新館にはステキなカフェも出来ておりました♪
1502078.jpg
すべてアール・デコ様式(笑)
モンブランも山ではなく、フリルになるのね~~
1502075.jpg
東京へ出たら銀座っていうわけでもないのですが、
東京駅に近いので、最後は銀座あたりに居るのが安心なんです
上手い具合に遭遇したキモノ・カンタービレの朝香さんにご案内頂いて、
上田紬の小山憲市さんの個展へ。
15020720.jpg
15020719.jpg
良い意味で上田紬のイメージがかわる作品の数々。
草木染め・化学染料とこだわらず多彩な色を使いながら、品よく都会的。
糸の精錬をご自分でなさるそうで、とても風合いが良く着心地がよさそう。
上の写真は私が着てみたいと思った作品。
全然、上手く写ってませんが、
数種の格子・縞が複雑の入りながら遠目にはモノ・トーン。
4分割された構成は、着た後ろ姿にステキな余韻が生まれます。
ああ~~ステキ♪と、ため息をつきつつ帰路に。
おかげさまで楽しい旅でございました♪
***
☆ヴィラ・デル・ソルについては、こちら
☆東京都庭園美術館については、こちら
☆小山憲市さんについては、キモノ・カンタービレを♪こちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/799-4f73018b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム