Entries

ムスメの成人式!


皆様、こんにちは♪

今年もいつの間にやら、1月も半ばを過ぎてしまいました・・・

いやいや、毎日早いわ~~

とか、いうてる場合じゃありません。

新年早々は、すみれ庵にとっても大イベントの「成人式」がございます。
今年も、美容院さま(後述のNeoクラッシーさん)のご紹介でお二人のお着付けをさせていただきました。

偶然ですがお二人とも京都の染めの名門「千総(ちそう)」さんの素晴らしいお振袖でございました♪

毎年のことですが、二十歳を迎えるお嬢様方の晴れの日のお手伝いが出来るのは
とっても晴れがましくうれしいこと!
ご依頼いただき、ほんとうにありがとうございました。

当日は全国的にお天気も良かったので、街でもかわいい振袖姿のお嬢さんたちを見かけた方も
多かったのでは?!

実は、今年は我が家のムスメの成人式でもありました。

以下、相当長い記事になりますので、ご興味のある方のみご覧くださいませ~~

***

私はなかなか子供が授からなくて、長男が結婚7年目、そして成人式のムスメが10年目に
生まれたので、ひじょーに遅い子育てはっきり言って、しんどかった!

しかも!ムスメはあの阪神淡路大震災直後に生まれたのでございますぅ~~~
(今年、成人式を迎えるムスメたちの学年の子たちは当時、乳飲み子かお腹の中だったのです!
お母さん方、ほんとに大変だったよねえ~~よく無事に育ちましたよね~もう、それだけで感謝!)

こんな状況でなくとも二十歳は人生の節目ですから、
どのご家庭も、それぞれの「想い入れ」はひとしおでしょう。

当のムスメや息子たちには、たくさんの方にお世話になりながら成人できたことを感謝して、
大人として社会に役立つ人間になるべく、奮闘努力していただきたい!
と、私たち親は皆、願っています。

成人、おめでとう!!!みんな、これからが人生本番です。がんばってね~~

***

で、唐突ですが

上記のような事情もあり、最初で最後のムスメになりそうだし、
ムスメの誕生直後から私の「キモノ熱」に火が付いてしまいました!(笑)

私にとっては「ムスメ=キモノ」でございます(笑)

いろいろ楽しめる!

二十歳の振袖は最大の楽しみ♪


てなわけで・・・その「想い入れ」のすべてがこちらでございますぅ~~
(って、その割に、庭で撮ったスナップですみません~スタジオで撮った記念写真は一カ月先になるそうです!)

あれ?!
前からの写真はショール付きしかない・・・
しかもコレ、当日用意してたグレーのFOXは「えらそうに見えるからイヤやわ!」と、
急遽、お祖母ちゃんの仕舞い込んでた古いのを借りたもの(笑)
成人式当日、何が起こるかわかりません!

1501121.jpg

着物は、ギャラリー上方銀花さんにお願いして草木染め織り作家の柳 宗さんに
ムスメの身長や好みの色(すみれ色ははずせないでしょ?!笑)
などをお伝えして、一から織って頂きました。

柳さんのおキモノは以前から私の憧れでした。
銀花さんのお嬢さんが柳さんのお振袖を着ていらっしゃるのを拝見して、
うちのムスメにもお願いできるかしら~と、密かに願っておりましたが、
2008年に群馬での「絹の里シンポジュウム」で柳さんにお目にかかって、
そのお人柄や真摯なもの造りの過程を知って、「ぜったい、お願いしたい!」ということになりました。

それが、ムスメが中学3年か、高校一年性のころ

1501124.jpg

注文して三年くらいかかるはずが、一年ちょっとで出来てきて(お支払いに焦りました!!!)
高校生の間は、まだ身体のサイズも変わるかも~~と、お仕立てしたのは一昨年になってから。

1501123.jpg

お仕立てをお願いしたのは、
ムスメが生まれたときに「産着」でお世話になった豊中の織元さんです。
ムスメを連れていって、採寸して頂き、一緒にあれやこれや長じゅばんや半襟を選びました。

1501126.jpg

このシボの高い縮緬に桜たっぷりの刺繍半襟は織元さんのオリジナル。
襟比翼も変わり縮緬の淡いピンクです。

15011210.jpg

長じゅばんは、ピンクと卵色に大きく絞りで染め分けた流水文様地です。
どっしりした生地だったので袷にはせず、居敷きあてだけつけてもらいました。
とっても肌ざわりが良くて、上のキモノともなじんで良かったです。

1501122.jpg

この捨松さんの帯は織元の大女将さんが選んでくださいました。

たくさん家にある袋帯のどれかが合うだろうと、呑気に考えていたのですが・・・
結局これに勝る帯がなく、かつムスメがコレ、好き♪かわいい~~♪のひとことで、こちらに決まり

一般的な振袖帯ではないので、まったく金糸・銀糸は使ってません。
大丈夫かな~~華やかになるのか?!と、じつはちょっと心配でしたが・・・

こうやって見ると、キモノの雰囲気に合ってますね~やっぱり、
長年鍛えられた呉服屋さんの選ぶ目は違いますね!

1501127.jpg
                          1501128.jpg

ヘア・メイクは母子でいつもお世話になってるへア・サロン「Neoクラッシー」の葉子さんにお願いしました。
編みこみとサイドをアップにしてと、数日前にリハーサルまでしてくださって、
おかげでとってもかわいく仕上がりました。(親バカちゃんりん~~

1501115.jpg

この髪飾りは六花さんにお願いして、つまみ細工作家の葉ちっくさんに作ってもらいました。
昨年の秋、やはりムスメを連れて葉ちっくさんにキモノや帯の写真を見てもらいながら相談。
出来あがるまえに、こんな感じでいかがですか?!と写真をメールで送って頂き、
好みの金具を選ばせてもらったりと楽しい時間でした。

バックは、JAMIN PUECHの去年の秋モデル。
こちらも、最初はお祖母ちゃんの意見で「赤い、かわいいもの」を選んでたのですが、
結局合わないってことになって、こちらに変更 


1501129.jpg

なーんにも入らないバックですが、振袖には「持つアクせサリー」として絶対必要!
こんな感じで、たかがバックと、あなどれませんのよ~~(笑)

帯あげ、帯締めは、直前まで迷ってましたが、
キモノの緑を出すために「藍」と「刈安(ススキの一種で黄色を染める染料)」で糸が染まってるのですが、
いわゆる絣足にその藍色がうすく出ているのです。つまり水色が、うっすら見えるのです。

なので、帯の中にもある「ターコイズブルー」の帯あげと帯締めを年末になって阪急百貨店の
駆け込み振袖小物フェアみたいなワゴン品の中から見つけました!
(もっと、早く探しておきましょう~ヒヤヒヤ~)

1501112.jpg

もうひとつヒヤヒヤだったのが、お草履。
すっかり忘れてて、いつもお世話になってる阪神百貨店内の「伊と忠」さんにお願いしたのは11月も半ば?!

1501113.jpg

お草履の鼻緒はあんまり目立たないので、色だけなじみの良いものにして、
後々も訪問着などでも使えるように大好きな「宝尽くし文様」の刺繍のものをチョイス。
台は、金に青海波を型押し?したものです。すこーしだけ、台も高くしてもらいました。
年末の忙しいときに京都の本店からサブバックを取り寄せていただいたり、いろいろお世話をかけてしまいました。

間に合って良かったです~~(汗)

15011212.jpg

ほんとは、撮っちゃいけないんですけど・・・一枚だけこっそり(ゴメンナサイ!)・・・

この日、ムスメと私は、中・高校の同窓会主催の成人式パーティが大阪市内のホテルで
あり、その前にと阪神百貨店内の写真室で記念撮影したのです。

それも二日前に急遽予約(その辺、ぼーっとしてるのはどういうわけなのか?!)して・・・
よく、空いてたなあって感じで、ぽっかりその30分だけ空いてた!

写真屋さんでの記念撮影が近頃どうなってるのか、ぜんぜん予備知識がなくて
お固い記念写真だとかわいくないのよねえ~と、危惧してましたが・・・

いやはや・・・今やデジタルの時代になったのですわよ!
30分の間に、前から後ろから、背景を変えポーズを変え(笑)、
上手にほめ、励まし(笑)、相当な枚数撮り、後日、お気に入りの写真を値段に応じて(笑)
選ぶというシステム。(昔のような台紙に写真を貼るアルバムじゃなく、台紙に直接印刷するそうで、
それは違う業者さんがやるので、繁茂期の成人式写真は出来あがるのにひと月くらいかかるのです)

普段愛想のないムスメも女優さんかモデルさんになったかのように、華やかな笑顔で写っておりました!

***

写真室に行く前には、偶然、、すみれ庵生徒さんのOさんにお目にかかったり、
阪神のむら田さんや、伊と忠さんに寄って、ムスメの晴れ姿(笑)をたくさんの方に見て頂きました。

たくさんほめて頂き、ほんとにうれしかったです。ありがとうございました。

ほんとうに、このようにたくさんの皆さんのおかげで私の「最大の楽しみ♪」を実現できました。
(最大の協力者は夫です!パパ、好きなようにさせてくれてありがとう
ムスメも、重々、自分の幸せを感謝していることでしょう!

見てのように帯など替えて、
長ーく着られそうな振袖なので(笑)、機会あるごとに大切に着てもらいたいです。

最後に、私がとっても共感したイラスト・エッセイストのきくちいまさんの書かれた文章の一節を
ご紹介して終わりたいと思います。
2012年、いまさんのお嬢さんは当時、三歳だったのですね!

**********************************

わたしは、冠婚葬祭のきものとは、誰かのために感謝の心で着るものだと常々思っています。
それは、お葬式でも同じことで、ありがとうの気持ちでお見送りします。

ゆえに成人式のきものは、着たいものを自由に着るのではなくて、「子」として親や祖父母などに
選んでもらうべき衣装であり、そこには「成長」や「感謝」というキーワードが見え隠れしているものだと
思うのです。

(中略)

きものを毎日好きなように着ているわたしですが、フォーマルのきものは、自分一人で選ぶことはしません。

一緒に選ぶ相手は家族でもいいし友人同士でもいいと思いますが、とにかく一人だけで決めては
もったいない。誰かと選ぶ時間、その日を待つ喜びの時間も宝だと思うのです。

あと十七年後のことを言えば鬼は笑い死ぬかも知れませんが、
娘には、わたしの母がわたしに選んでくれた珊瑚色の振袖、もしくは、ひそかに
計画している秘密の振袖を着せて、刺繍たっぷりの半襟を見せ、髪型は「おふく」か
「割れしのぶ」に結って、草履の台にも鼻緒にもこだわりたい。

・・・・妄想が暴走していますが、まずは新成人おめでとう!
未来に幸多かれと祈ります。

        (2012・2月5日発行、月刊アレコレVOL.79「きくちいまのきものの引きだし」より抜粋)





この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/790-b2cb3927

トラックバック

コメント

[C1286] おめでとうございます

お嬢様のご成人、おめでとうございます。

柳崇さんのお振袖に捨松さんの帯、伊と忠さんの宝尽くし鼻緒のお草履、
ジャーマンピエシュのバッグ。。。
ストライク過ぎます。すばらしいですね。
お嬢様の雰囲気にもピッタリお似合いです。
こんな幸せな成人式を迎えられて、ほんとにうらやましい!

私の振袖はその後袖をややつめて
振りが長めの訪問着にしていましたが、
今になってもまだ好きで、
もうちょっと袖をつめて、もう一花咲かせたいと
最近また思っています。
(今年のテーマは年甲斐もなく、、ですから)

お嬢様のお召し物だったら、
ホントにいくつになっても、粋にステキに着こなせそうです。
ああ、ほんとにすてき。

西岡先生の愛と情熱の賜物。
そしてご家族の皆様の愛の結晶ですね。
  • 2015-01-16 22:34
  • 小坂真澄
  • URL
  • 編集

[C1287]

本当におもいいれのあるお着物ですね。
柳さんのお振袖は始めて拝見しました!

トータルもばっちりですね!
お母さんの夢がびっしり詰まったいでたちです。
心からおめでとうを・・・・・・。
  • 2015-01-16 22:51
  • 山本由季
  • URL
  • 編集

[C1288]

娘さんのご成人おめでとうございます。
ご本人にはフリマで一度お会いしましたね。

いろいろこだわって用意されたんですね。
(最後は、かなり駆け足だったようですが)

このような場合、周囲がいろいろ考えて用意を進めていても、
本人が乗り気でないという例が多いです。

今回、すみれ庵さんの場合は、娘さんがその思いを受け止めてくれたのではありませんか。
  • 2015-01-17 06:18
  • hiro
  • URL
  • 編集

[C1289] 小坂さま。

過分に褒めて頂いて~~ありがとうございます!
母のこだわりに付き合ってくれたムスメに感謝ですね~~(笑)
小さいころから、いろいろ着せて楽しんできましたたが、その仕上げ?!
と思ってましたが、まだ花嫁衣装もあるよ~~と、お友達から言われました!
うーん。そこまで考えてませんけどねえ~~(笑)
でも、この半年あまりはとても楽しい時間でした。
小坂さんのお振袖のように、愛着を持って長く着てもらいたいものです~

[C1290] 山本さま。

わあ~~由季先生、ありがとうございます!
FBでも過分にお褒めくださってなんだか涙がでちゃいますぅ~~感謝です!

私も、他で柳さんのお振袖は見たことがありません。
段熨斗目は、着たときの段のバランスが難しいので
あえて受注のみになさってるのかもしれませんね。
見本にさせて頂いたお嬢様の振袖も、
色も絣の入り方も袖丈のバランスも全く違います。

糸にとてもこだわりのある柳先生の織物は、
しっとりとして触れているだけでうれしいものでした!
由季先生の染められた袋帯を合わせても素敵でしょうねえ~~
と、母の妄想は際限がございません~~(笑)

[C1291] hiroさん。

ありがとうございます。
そうです!あの子ですぅ~~
いつもは、愛想のないムスメもこの日ばかりは、
皆さんに褒めそやされてニコニコしておりましたわ~(笑)

このキモノが出来あがってきたときは、
「柄がないなんて!!!」と、びっくりしてましたが、
お仕立てして帯や半襟を合わせていく過程で愛着も出てきたようです。

やはり、キモノ愛は育てていくものですね~~♪
皆さまの、ありがたいコメントも読ませて
末長く大事に着てもらいたいです!

[C1292] 素晴らしすぎて

はじめまして。ずっと以前からブログのファンですが、今日初めてコメント入れさせて頂きます。
お嬢様の成人式おめでとうございます。
そしてそのお着物やあれこれを見せて頂きご説明も本当にありがとうございます。
モニターを穴の開くほど見つめ眼福のあまり体温が上がりました。
幸せなお嬢様とご一家の永遠のお幸せを祈願いたします。
これからも隠れファンでいると思いますが、ブログをずっと続けて頂きたくお願致します。

[C1293] ROCOさま。

ROCOさま。はじめまして~♪
もうもう、過分なコメントに恐縮してしまいます~
ほんとに、ありがとうございます。
最近、さぼりがちなブログに、カツを入れてもらったような気分でございます。
とっても、励みになりました♪
今年も、キモノ愛(笑)をお伝えするべく、こころ新たに頑張ります!
どうぞ、またコメントくださいませね!

[C1296]

お嬢様のご成人、おめでとうございます。

お嬢さんはお昼からと伺っていたので、どんなお着物かしら?と楽しみにしていたら、お着物はもちろん小物に至るまで、素晴らしい物をみせていただきました。

当日は朝早くから娘の着付けをお願いして、ありがとうございました!20歳のこの時にしか出来ない装いに仕上げていただいて、先生にお願いして本当に良かったと思っております。
どうもありがとうございました!
  • 2015-01-19 11:24
  • 狭間
  • URL
  • 編集

[C1298] 狭間さま。

わあ!狭間さん!
なによりのコメント、ありがとうございます。
お嬢様、あの後ラクに過ごして頂けたでしょうか?!

大切な一日ですから毎回、細心のの注意はするのですが、
一回きりの事なので、実はとっても緊張なのです~~(汗)
そう言って頂けてホッといたします。ありがとうございます。

狭間さまの千総さんのかわいらしい友禅のお振袖を拝見して、
やっぱりこういう華やかなのも好いものだわ~~と、
ムスメにも着せたくなりました!
二十歳ならではの若さが際立つすばらしいおキモノでしたね~~♪
お嬢様にほんとによくお似合いでした!

また、機会がありましたら、お嬢様の記念写真も拝見させてくださいませね♪
ご依頼頂きまして、ありがとうございました。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム