Entries

30年ぶりのバルテュス展へ。(他、いろいろ)

なんだか、夏らしくないまま8月もあと少し・・・

1408191.jpg

これは、19日の午後の京都。四条大橋から撮った空!
この日も、たしか雨上がりでつかの間の晴れ間の一日だったと思います。

1407301.jpg

京都市立美術館で開催中の「バルテュス展」へ。こちらは、今回の図録です。
朝日新聞が主催しているので、けっこうあちこちにポスターなどあって行かれた方も多いのでは?!

ピカソが20世紀最後の巨匠と言ったいう画家、バルテュス。

1407302.jpg

こちらは、前回1984年に同じ、京都市立美術館で展覧会が開かれたときの図録。
このときは、まだバルテュスさんもお元気でした。私は、なんとこの年に結婚したのですわ~
ひゃ~~30年も経ったの!
当時、日本では一般にはあまり知られていない方でした。(美術ファンは別ですが
なんとなく謎めいた絵を描く人で、日本人の奥さんが居るらしい・・・くらいの感じで出かけたのでした。
30年も図録を置いていたのは、それなりに好きな絵だったからでしょうね。

1407304.jpg

バルテュスさんを詳しく知るようになったのは、2001年に亡くなったあと、
奥様の節子さんが書かれたエッセイ集がきっかけです。
30歳以上も年上のバルテュス氏と二十歳で出会って結婚、遠くスイスの広大な
お屋敷でキモノ姿で暮らす佳人の書かれる日々のこと・・・
面白くないわけがございませんよね~~

異国でこそ残ったともいえる古き良き日本の美をまとう節子夫人。その日々の暮らし・考え。
それらのことは、婦人雑誌の華やかな誌面にふさわしいのでしょう。
最初の御本の出版のあとたびたび目にするようになりました。
(私は雑誌のキモノページ・ウオッチャーなので、よけいに)

1407303.png

実は、この日は二回目の鑑賞。
7月の初め、展覧会が始まってすぐに大阪の朝日カルチャーセンターで、
作家の太田治子さんがインタビューする形でr節子夫人に聞く
「孤高の画家・バルテュス」という記念講演会がありました。
写真はその講演会のあと食べたこの夏初のカキ氷♪

いつか、本物の節子さんにお目にかかりたいもの!と思っていたのでとっても楽しみに出かけました。
深緑色の紗の無地キモノに、笹文様の夏唐織りの袋帯。
古いものだと思われましたが、どちらも深いこっくりとした色合いで素敵でした。

どちらかというと小柄な方でいらっしゃいましたね。
太田さんのわりと下世話な質問にもユーモアたっぷりに返すおちゃめな方でもあって
こういう女性に晩年の制作を支えられたバルテュスという人は、男性としてはもちろん
画家としてもたいへん幸福な方だったろうと思いました。

節子さんご自身も現在は画家としてもご活躍。

今回の回顧展はバルテュス没後初となるものでもあり、日本で初公開の画室の再現や、絵画も多数。
「ミツ」という猫との出会いを描いた11歳のときの素描(これが一番好きかも~笑)も初公開。
そう、バルテュスは少女とともに猫もたくさん描いているのです。
篠山紀信氏の撮影によるバルテュス氏(とってもハンサム!)の写真も見ごたえありました。




*****

こちらは、19日のキモノ・コーデ。
私は、お盆を過ぎたら素材は夏物でも(麻も着ます!)、
小物の色や柄に「秋の気配」を乗せることにしています。

1408192.jpg

このキモノは柿渋で先染めした糸を織った「泉駒上布」です。
むら田さんのオリジナル夏紬。シャリシャリした生紬風です。
こんな色、ちょっと前まで着ようと思いませんでしたが・・・人の好みって変わるのですね

1408193.jpg

帯は無形文化財の「越後上布」
縦横ともに手積みの苧麻糸で地機で手織りされたものです。
たまたま、キモノと同色だった綿の5分紐に杉浦佳子さんの磁器の帯留めを附けて。
帯あげは(まったく見えてませんが)、白地に赤トンボがたくさん飛んでる柄。
お扇子の柄も赤とんぼにしました。たもとに入れるガーゼのハンカチもトンボでした。
こういう自分だけがうれしい無意味なこだわりがキモノの楽しみかなと思います(私だけかも・・・

1408195.jpg

夏の自然布(これは苧麻ですけど)8寸帯は、張りが強いのでブワッと膨らみますねえ
決して結び易い帯ではないのですけど、夏素材の魅力には抗えないです~~


1408196.jpg

この日、バルテュス展の向かいで(京都国立近代美術館)24日まで開かれていた「漆の美」展も
観て(こちらもたいへん面白かった!)、夜は、キモノの会の夏のお食事会でした。

今年の会場は、北山のしょうざんの「千寿閣」

ゲストとして来てくださった
宮城県の七ヶ浜で3代続く呉服店を営む稲妻さんに、
震災からの現在の復興の現状をお聞きしました。
七ヶ浜という日本でも稀有な美しい海岸を無粋な防波堤の復興計画から守りたいと
七ヶ浜の100年を考える会」を立ち上げられました。
くわしくは、こちら

阪神淡路の震災から20年、東日本大震災から3年半、そしてまたまた今回の豪雨災害・・・
つくづくと人ごとではないと思います。

皆さま、自分にできる応援を気長く続けて参りましょう!!!
美しい絵画や漆器を見て、おいしいお食事を頂きながら、
美しいふるさとを守る活動のお話を伺いました。
目も心もお腹も満たされた一日でございました~~♪


***

と、えらく盛りだくさんな記事になってしまいました~~

とにかく、早くお天気が回復しますように!!!



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/774-bb51ff5d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム