Entries

MIHOミュージアム「江戸の異国万華鏡ー更紗・びいどろ・阿蘭陀」展と「紅しだれ桜」

お天気がめまぐるしく変わる4月でございますねえ

毛布を出したり仕舞ったり・・・まだ、薄手のカシミヤ・ショールは出しておいた方がいいですね。

先週末、一日だけお天気になった土曜日は、
滋賀県の甲賀にある「ミホ・ミュージアム」に行ってきました。
この日も、山は肌寒く、仕舞いかけてたブーツを履いていきました~~


1404191.jpg

ここの春のお楽しみは、入口から美術館へ向かう道の「紅しだれ桜」の並木道♪

毎年HPに「桜のライブ・カメラ」の映像がリアルタイムで掲載されてて、見ごろを目がけて
行く事が出来ます~~

なにしろ甲賀の山の中。
車でないといけませんし(もよりの駅からの送迎バス、片道50分!)、桜鑑賞もお天気しだいで
印象が大きく変わりますしね。


1404193.jpg

この日は満開から2日ほど経って、80本の内20本が散り始めという見頃でございました。
すこーしモヤがかかってましたが青空も見え、少し濃いめのピンクがほんとにキレイでした♪

紅枝垂れ桜の花びらは、ソメイヨシノにくらべて小さくて可愛いのですが、ぎっしり!
長く枝垂れた枝が風にゆれて、ピンクの霞がかかったよう~かわいい~~♥


1404192.jpg

桜の道を過ぎると、美術館まではこのような近未来的なトンネルです。(ステンレス張り?!)
振り返るとこんなふうに面白く切り取られた桜風景になって、思わず写真に収めたくなります。

ステキでしょ?!

私は、今回で4回目の訪問です。過去3回も桜の時期でございました~~
いわゆる桜の名所は、あの邪悪なブルーシート(せめて緑にして欲しい!!!)が
せっかくの桜の風情を台無しにしててイヤなのです。

ここは、あくまで「桜本位」でございますからね。
まさにシャングリラ~あ~~行けて良かった~~満足!


*****

1404194.jpg

で、今回の展覧会は、
「江戸の異国万華鏡ー更紗・びいどろ・阿蘭陀」 

2014年3月15日~6月8日まで。→ MIHOミュージアムHP

1404211.jpg

今回の展覧会は、江戸時代に舶来した品々のうち、主にオランダ東インド会社によって輸入された工芸品
ー多くの人々を魅了したインド更紗、びいどろと呼ばれ和ガラスの手本ともなったヨーロッパ製ガラス器、
阿蘭陀と呼ばれ珍重されたデルフト焼を中心とするヨーロッパ陶器をとりあげ、それらが当時我が国で
どのように愛でられ、使われたかに焦点をあてたものです。

江戸から数百年の時を経て現代まで大切に伝えられた様々な裂や器から、
外来の文物をえりすぐり、さらに見事に昇華させて自らの文化に取り入れる。

そんな当時の日本人の美意識に触れられる展覧会でした!

写真は、展覧会のチラシと図録(ここの図録は豪華で、中身も濃い♪値段も高いけど~)

1404215.jpg

右は、以前から持ってた別冊太陽「更紗」
左は、今回の展覧会の図録にも寄稿されてる吉岡幸雄さんのお父様、吉岡常雄さんのご本!
前々から欲しかったのですが(平成元年に出た本!ですからねえ)、なかなか見つけられなくて~~ラッキー♪

ミホ・ミュージアムでは特別展に合わせて、関連本の販売が充実してます。
毎会、何かしら見つかるのが嬉しい♪

1404213.jpg

びいどろや、デルフト焼きも面白かったのですが、私はなんといっても更紗を見たかったのです。

これは図録の中の写真です。
「更紗手鑑(てかがみ)」というものの一部なのですが、
ようするに舶載した更紗の残布をきれいに台紙に貼って、整理し、そのものを眺めて楽しんだ
更紗裂見本です。当時は、インドから来たカラフルな綿布が大変貴重で、茶道具を包む裂として
大名家に伝わり、茶入れのキモノとして仕立てられたあとの残布がこのような形で残され伝わったのです。
このような更紗を「古渡り更紗」といい、更紗の中の更紗として珍重されます。

1404214.jpg

こちらは、その古渡り更紗の裂を20種あまり継いで(パッチワークです)
袋物に仕立てたもの。このような更紗の小物を持つのが、当時の男性の最高のおしゃれだったそうです!

会場には、更紗の裂を全面に使った小袖や帯もたくさん展示されておりました。
会期中、展示替えもあるそうですが、古渡り更紗の完璧なキモノって初めて見たような気がします。
すばらしかったです!

*****

この古渡り更紗、それぞれの文様に名前がつけられ、
以降、くりかえし日本の染織品のなかで、「更紗文様」として染められ、今なお生き続けています。

1404216.jpg

それのひとつが、
この「有平縞(あるへい・ありひら)」です。
上の二枚の写真にもありますでしょう?!

手で描いた縞模様です。

数年前に、えり善さんで頂いた塩瀬地に「有平縞」を描いた名古屋帯です。
帯にキモノに繰り返し描かれた縞模様。

ただし、型を使わず、フリーハンドで線を引くのはかなりの熟練の技が要るようで、
この縞が描ける職人さんがもう居らっしゃらないそうです。

主張する帯なのでコーデも難しくて、あんまり出番がございませんが
持ってるだけでシアワセ~~な帯の一つです~~


ブログ内検索したら、一度だけ着用姿を載せておりました(笑)→ 2011年のブログ


******


絶賛準備中~~~おしりに火がついておりま~~す♪(苦笑)


本町キモノ・フリーマーケット、今年も開催します!★

2014年 5月3日、4日の二日間 !

たくさんの皆さまのご来場、お待ちしております!

くわしい情報は、→すみれ庵HPフリマ・ページ

出品商品などの情報を掲示板で随時、お知らせしていきます♪ → フリマ専用掲示板



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/739-7e89a139

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム