Entries

文楽三昧♪(地方公演→杉本文楽→4月文楽へのお誘い♥)

寒い日が続きましたが、今日は3月らしい陽気になりましたね。ホッとします~~

成人式以来、お着付け依頼がたくさんありまして、連日、早朝から頑張っております!
ありがたいことでございます。


10日の朝も、卒業式にいらっしゃるお嬢さんの袴のお着付けを、
近所の美容室さまのご依頼でさせて頂きました。

私たちの時代(って、いつよ?!)は、袴姿はほとんど見かけず・・・
キモノ(振袖)に袴姿って、なんかキリっとして若々しくていいですよね!

ムスメも着るかな~~?!着てほしいな~~

で、午後からはこちらへ!


1403112.jpg

文楽の地方公演へ行ってきました。

尼崎にある「アルカイックホール」というところです。

いつもお世話になっている「文楽のゆかり」さんにお誘い頂きました。

この日の昼の部、「生写朝顔話(しょううつしあさがおばなし)」という演目。
この演目、最初は大坂の稲荷社内の芝居小屋で演じられた(1832年)歌舞伎だったそうです。
その後、人形浄瑠璃になったんですって!(そういうパターンもあるんですねえ!面白いなあ)

会いたい・・・切なる願いも空しく、近づいては離れ、すれ違い、一緒になれない男女の物語り・・云々

ずーっと以前に、文楽通として知られる作家、赤川次郎さんが新聞記事で、
この演目のことを絶賛してはって、観てみたい!と思ってたのですが、
本公演にかかることが少ないのかご縁のないままでした。

この日は念願かなって初見物

全段やるとお家騒動+悲恋のかなり長く複雑なお話らしいですが、この日は

阿曾次郎(イケメン武士)の深雪(武家のムスメ・美女)、「君の名は」顔負けの
すれ違い悲恋を軸(途中で、この二人の名前が次郎左衛門と朝顔に変わる!そりゃすれ違うがな!)に、

「明石船別れの段」
「笑い薬の段」
「宿屋の段」
「大井川の段」

が上演されました。いや~~~~面白い!!!

最初に咲甫大夫さんのあらすじ解説がつくのですが、もうそこから面白い!!!
文楽の皆さんって、ほんとに芸達者です。こういう解説って、すべて各自のアドリブなんですって~
咲甫さん、まじめな顔して面白過ぎ~♪

全体としてすれ違い悲恋なんですけど、そこにお家騒動のドタバタも加わります。

「笑い薬の段」は、萩の祐仙という医者が、毒を盛ろうと計画して逆に「笑い薬」を飲まされて
陰謀がふいになってしまうというサイド・ストーリーです。

この医者役の人形使いさんは、桐竹紋寿さん(80歳近くでいらっしゃる超ベテランさん)。
お茶に毒を混ぜるので、お薄のお手前をするのですが、
ご承知のように人形は3人で遣うのでございます。

お茶のお稽古をなさった方ならご存知かと思いますが・・・
「ふくささばき」「茶せん通し」「柄杓使い」などなどの茶道の所作を人形が
ちょっと大仰にやるのですよ。知ってるだけにおかしくておかしくて!

中高年の女性が多い会場ですから、大爆笑でございました。
紋寿さん、この所作をどうちらかというと「苦虫をかみつぶした」ようなポーカーフェイスで
遣いはるんですよねえ~だから、よけいに面白い!!!

この「笑い薬」入りのお茶を自分で飲んで、笑い苦しむのですが、
この「笑いながらセリフ」を言うのってどんだけたいへんなんでしょうか?!

咲大夫さんの演技力に、涙流しながら大笑いしました!文楽でこんなに笑ったのは初めてかも?!
クスクス笑いから爆笑まで、演者も見る方も!
相三味線は燕三さん。こういう演技にあわせるのもたいへんなんでしょうねえ~~

三業一体の醍醐味が味わえる「知られざる名作」だと思いました!
本公演でもやって欲しいなあ~~(でも、やるほうはたいへんやろねえ


一日限りの地方公演とはいえ、豪華メンバーが勢ぞろいです。

続く「宿屋の段」では、またしっとりと悲恋のすれ違い(笑)でドキドキ。
嶋大夫さんに富助さんのお三味線。若手のホープの龍爾くんのお箏。
人形も玉佳さん・玉女さん・玉翔さん・和夫さん他。

全国13ケ所を回る(北は金沢、南は宮崎!)、昼夜公演のとんでもなくハードなスケジュール!
でも文楽の面白さを日本中に伝えるためには大切な公演ですものね。

ぜひぜひ頑張って続けて頂きたいです。


***

1403106.jpg

ゆかりさんとご一緒に♪


そうそう!

ご案内が遅くなりましたが、4月は大阪の文楽劇場での本公演がございます!

1403111.jpg

で、このたび「文楽のゆかり」さんのHPができました!→ こちら

4月から、消費税が上がりますので、3月中にチケットを買われることをおススメします。

ニュース等でご存じかと思いますが、4月公演(東京では5月)をもって引退される
人間国宝・住大夫さんの大阪での最後の舞台となります。(夜の部にご出演)

なので、すでに千秋楽など、週末を中心に完売している日もあるそうですよ!

「文楽のゆかりツアー」の15日(火)26日(土)の昼夜公演はまだお席があるそうです。
また、この二日間以外でもチケットを取って下さいますので、ぜひお問い合わせくださいませ

すみれ庵にも何人かのお申込みを頂いております。

4月は「天神さん」でおなじみの「菅原道真」さんのお話の通し狂言です。
こちらも見逃せません!

***

見逃せないついでに・・・


1403113.jpg

昨年秋に、マドリード・パリ・ローマで上演されて大絶賛された「杉本文楽」

東京と大阪のみでおこなわれる凱旋公演。

東京は早い時期に完売らしいのですが、大阪はまだ、お席があるそうです!
どーも、文楽発祥の大阪(関西)が文楽に冷たい?!

会場がフェスティバルホールというのもかえって「不安」を誘ったのか?!
だって、「人形、見えるの?!」と、誰もが思いますものね。

でも、そんなことは「杞憂に過ぎない!」であろうと期待しております~~
私は30日に行く予定でございます。

杉本文楽のHPは → こちら


***


ちょっと、記事が長くなってますが・・・ついでにこの日のキモノ・コーデ。


1403101.jpg

キモノは基本的に反物から誂えることがほとんどですが、
このキモノは京都のアンティークきもの屋さんの「やゝ」さんで見つけたリサイクルです。

お!郡上紬?!(と、思ってゲット)
しつけもついたままの新品でしたが、とてもしなやかな風合いです。

全体に大き目。裄だけ直してもらいましたが・・・
太ったからちょうど良い!と思ったのですが・・・なんか、着にくかったです・・
キモノの寸法ってほんとに微妙ですねえ~~

1403103.jpg

帯は小倉淳史さんの辻が花染めの9寸名古屋帯。
繊細なカチン描きの線がステキでしょ?!
寒い日でしたが、春らしく塩瀬地のこの帯にしてみましたが、
ほんとは観劇のときは避けたほうが良いですね~~(柔らかいのでもたれるとつぶれてしまいます)

1403105.jpg

桜とも梅とも牡丹ともとれるような「辻が花」でございます~~
たまには、優しげなこういう帯もよろしいでしょ?!

うーん
このキモノの正体やいかに?!

郡上とは糸使いが微妙に違うかなあ?!作家さんのものか?!
織り出しや証紙がないので何ともいえません。
(なので格安うれし♪)

八掛けの色もあまり好みではないし・・・来年は自分のサイズに仕立て替えよう!


小倉淳史さんのHPは →  こちら

会場にはステキなお着物姿の方がたくさんいらしておりました。

終演後のアフタートークも楽しかった!ゆかりさん、お世話になりました~~ありがとうございました。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/726-20bd0909

トラックバック

コメント

[C1202]

私も3/1に愛知県扶桑で昼の部を見てきました♪
すごく良かったですわ~♪

茶道の所作、愛知でも大爆笑でしたよ(笑)
オペラグラスでマジマジと眺めてましたが、
素晴らしいくらいのポーカーフェイスが
お人形の滑稽さと相反して、可笑しくて可笑しくて(笑)

文楽観賞2年生なのですが、
どうしてもっと早くに目覚めなかったのかと、後悔してます…
文楽、楽しいわ~

4月の大阪も検討中ですが、
消費税増税でパニックになって仕事してそうで、思案中です…

また素敵な情報、教えてくださいね


  • 2014-03-13 12:45
  • るるママ
  • URL
  • 編集

[C1203]

西岡先生、こんにちは!
杉本文楽が凱旋公演するの知りませんでした~。
ブログを拝見してすぐにチケット取りましたが、2階席・・・見えるのかしら?
私は28日金曜夜に行きます。仕事終わりだから着物は無理かな?残念です。
4月の文楽も行きたいな。
いつもとっておき情報をありがとうございます!
  • 2014-03-13 14:36
  • sachizo
  • URL
  • 編集

[C1204]

リサイクルのきもの、なかなか難しいものです。
特に寸法に関しては。

そのままで着ることができるのが最低条件。
もし良いものであれば仕立て直しも考える
というスタンスで選ぶことに決めています。
(既に授業料を払ってしまったので)

「やゝ」さん、今、阪急梅田の呉服売り場に出店されています。
最近、ドストライクな男物を持ってきていることが多いので
見に行くのが怖いです。(笑)

  • 2014-03-14 06:52
  • hiro
  • URL
  • 編集

[C1205] るるママさま。

あらあ~そうでしたか!
あはは!紋寿さんのお顔、ほんとに素晴らしいポーカーフェイスですよねえ。
私は、若い時から文楽を見てるんですけど、
面白さが判るようになったのは最近です~「情」の世界は若いころでは味わえなかったです。二年で、「生写朝顔話」に出会えるなんてラッキーですよねえ~~いと、うらやまし(笑)

[C1206] sachizoさん。

おお~~杉本文楽!
そうなのよねえ~最初は一人遣いの人形だしねえ。おおきい「オペラグラス」は必須ですね(笑)
ブログにも書くつもりですが、8月にいよいよアレが来ますわよ♪お楽しみに~~
あ!4月もよろしくお願いします!15日、昼はいかが?!私はこの日に行きま~す♪

[C1207] hiro さん。

あはは~ドストライク!
「やゝ」さん、それを見越して持ってきてはるんじゃありません?!(笑)
ハニートラップですなあ~~
でも、行かずにいられないのよねえ~~これが!
「やゝ」さん、とっても良心的ですもんね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム