Entries

文楽初春公演、夜の部へ。


宝塚は、冬晴れの良いお天気が続いています。

1401141.jpg

                    1401142.jpg

菊之助の朝の日光浴も、定番となってます。

日が射して気持ちよさげでしょ~外は寒いのか、お正月からぜーんぜん、外に出ません。
庭で用を足したら、スタコタさっさと帰ってきてホットカーペットに直行です


***

さて、ようやく文楽新春公演を観に国立文楽劇場に、
行ってきました!

1401143.jpg


お正月公演には、舞台上ににらみ鯛と、干支の大凧が飾られて華やかです!

この日は、夜の部。


1401151.jpg

「面売り」
「近頃河原の達引(ちかごろかわらのたてひき)」四条河原の段・堀川猿廻しの段
「檀浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)」阿古屋琴責めの段

どの演目も、文楽らしい演出で見処、聴きどころがいっぱいの演目です。
(演目の内容は、文楽劇場HPを見てくださいね~~)

とくに、「近頃河原の達引」が良かった~~~
堀川猿廻しの段には、住大夫さんがお元気にご出演。中日近くなり、少しお疲れの様子も見えましたが、
切を見事に勤められました。やっぱりこういう「親子・兄妹・男女の情」を語るお役は
ぴったりやなあと思います。後は、英大夫さんが引き継いで、妹を猿廻しの芸で励ます兄の心情を
丁寧に語られて・・愛情深いけれど、臆病で人の良い兄の与次郎を、普段豪快な立役を遣うことの
多い玉女さんが操ってはって、それもとーっても新鮮でした。
ご飯を食べたり、猿廻しをやったり滑稽な動きの多いお役なんですよ。

二匹のお猿さんも登場。指人形なんで、一人で二匹を左右の手で操ってはるのですが、
もうめちゃめちゃ上手い!生きてました~~お猿さんが!
健気なんですよお~~
お猿さんが出て来たとたん、うるうるしてた涙が決壊~~
子役と動物に弱いですぅ~~

それと、最後の「阿古屋の琴責め」
チラシのお人形が阿古屋です。豪華でキレイでしょう~~

歌舞伎でも女形の難役とされる演目で、近年は玉三郎さんくらいしか演じてないと思います。
なにしろ、琴・三味線・胡弓を一人で見事に弾きこなす!という傾城ですからね。
これをお人形がどう弾くのか?!
私は文楽で観るのは初めてだったので、人形遣いの三方が三人とも裃姿で遣うとは知らず、
これもたいへん新鮮で面白かったです。

主遣いは桐竹勘十郎さん、左遣いは、吉田一輔さんでしたが、すばらしかった~~
琴・三味線・胡弓の三役を一人で弾きこなしたのは、三味線の鶴沢貫太郎くん。
彼、まだ十代ですよねえ?!
人間国宝のおじい様、鶴沢寛治さんと、清志郎さんと並んで見事!

豊澤龍爾さんも住大夫さんの切を弾いてはったし、若手がとーっても活躍でした!



なのに~~
お客が・・・入ってません!!!!

どうやら今年度の入場者数ノルマは達成できない見通し・・・嗚呼~~

こんなに面白いのにねえ~~(って、観てもらわなければ伝わるはずもないし・・
大阪で生まれた芸能が大阪で評価されないって・・・
情けなや~~何か良い手立てはないものか・・・って、とても残念に思います。
無力・・
ですが、ここでこうして書いてれば、「観てみようか」と思って下さるかも!

年の初めの文楽初春公演は、26日まで!

当日券もありますよ~~ぜひぜひ!お出かけくださいませ~~




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/702-e1d6f634

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム