Entries

6月の真夏日

市松小紋・前・かご

 先日、梅雨の晴れ間の暑い日に京都・祇園の町屋(たぶん、元お茶屋さんでしょうね)を会場にした
老舗呉服屋さんの展示会に行ってきました。6月なので、本来は「単衣・ひとえ」なんでしょうが、
予報は最高気温30度をこえる真夏日!暑いっ!!!なので、一足先に「うすもの」で行くことにしました。
着物は「縦絽の変わり市松文様小紋」帯は「きなり生紬地更紗文様(向日葵模様かと)」
長襦袢も絽で、ターコイズブルーの無地に染めてもらいました。
うっすら、透けてみえてるのがわかるでしょうか?
帯締めも帯あげも同色のブルー。夏はついつい、色数を抑えてしまいます。
夏になると、かごです。私はなかでも「あけび」が大好きで違うデザインを見つける度に買ってたら、
もう、10個(って、数えるのかな?)くらい集まってしまいました。(ま、30年くらいの間にですよ)
この日は湿度が低くてカラッとしてたので、あまり汗をかかずに済みました。
 

市松小紋

 後ろ姿の写真って自分で撮るときどうするのかなあって、お試しにやってみたら、こんなになってしまいました。
後ろ帯の模様がちゃんと映ってませんが、きのうの「紫陽花の香袋」が脇にぶら下がってるのがみえるでしょうか?
こんな感じで、いつも下げてます。

090_convert_20100618132351.jpg

 「お迎え人形」が出迎えてくれまして。。。(ちょっと、ボケちゃいましたねえー)

086_convert_20100618133144.jpg

 お座敷のあちこちに、さまざまな山野草が活けてあり、これは「山芍薬」とか。
山の貴婦人と呼ばれているそうです。ひとえの花弁が可憐です。

088_convert_20100618143847.jpg

 笹ユリでしょうか?

084_convert_20100618144020.jpg
 
 赤い花はなんでしょう?
下のほうに、山紫陽花がありますよね。かわいいな~~~

072_convert_20100618132616.jpg

 こちらのお店は、古い染織品のコレクションでも有名です。今回は江戸時代後期の小袖、
これは絽地の単衣ですね。いわゆる御所解紋様。絽目がとっても細かくて、今の生地とは全然ちがいます。

074_convert_20100618132947.jpg

 こちらは、麻。上布といわれるものですね。友禅模様と、刺繍の模様が優雅です。
御所のなかで、どんな方がお召になってたんでしょう?

085_convert_20100618133342.jpg

 新作の展示会なので、現代のお着物もたくさん~~
これは「重要無形文化財 越後上布」です。お値段、見えます?
絶対に買えないとかえって、安心してじっくりみられます~~(笑)
細かい亀甲絣で菊の模様がぎっしり。手仕事の最高峰ですねえ~~~!!!

092_convert_20100618133649.jpg

 通り庭っていうのか、中庭に置かれた「つくばい」?にもお花が!よくみると、「どくだみ」です。
ちょうど、我が家の庭にも咲いてるのですが、こうしてみると、同じ花とは思えません~~いと、うつくし♪
美しい物をたくさん見られて、幸せ~~ 初夏の楽しい一日でした。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/7-06fcfb15

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム