Entries

新年会のキモノ・コーデは、馬の帯で。

あらあ~
っていうのも、わざとらしいですが・・・

もう、えべっさん・・です。

6日の天声人語に、「元旦や今年もくるぞ大みそか」っていう川柳みたいなのを紹介してましたが・・・

1月からこんなじゃ・・困ったもんですぅ~~


***


さて!
昨日、続きで紹介するつもりだった新年会のキモノ・コーデです。

晴れ着!のつもりが・・・結局、見た目、ふだんと変わりませんねえ

1401071.jpg

キモノは、よく見てもらうとわかるかしらん?!
銀通しでキラキラしてます。→ 精一杯、晴れ着(笑)
ところどころに、細い段が入った銀通しの白生地を染めた、まあ色無地ですね。
むら田さんの赤札で見つけたものです。紋はあえて入れておりません。

帯の前柄はいったい何なのか?!
立湧のようでも、さつまいも(笑)のようでもありますが。。。
ほんとは、この模様が三つ並ぶのが正解な柄付けなのですが・・・一つじゃ、えらい地味

が、出ませんでした~~
しかたないので、真珠の帯留めと、白縮緬地に金のあられを散らした派手目の帯揚げで、
ちょっとでも、新春ぽく。


1401072.jpg


後ろは、お馬さんです。

お太鼓も一見、ちゃんと結べてるようでございましょう?!

いやいや~~
この帯、袋帯なんで(しかも本袋帯)、二重太鼓に結ぶのです。
が・・・
結べませんでした~~
ちょっとへろっとしてますでしょ?!
名古屋帯のように一重太鼓だからです~~

<馬く結べなかった言いわけ>
その① 帯が全体に短い・しかも間隔の開いた、ポイント柄
その② 左腕が後ろに行かない。なんで、ほぼ右腕だけで結んでいる。
その③ おなかまわりが思った以上に太くなっていた  以上。

短いといっても名古屋帯よりは長いので、余った分がゴロゴロしてたいへん心地悪かったです・・
「晴れ着」というのに・・・新春から馬くいきません~~~

でもまあ、言わなければ誰もわからないので、皆さま、結果オーライでございます。
(あは!そんなわけないか・・着付けの先生とかは、わかりますよね~~

私も着付けを教えるセンセになったので、きちんと出来なければならない!ですが・・・
本来・・私は、「帯なんて、落ちなければいいのです!」との考えです。
(実際、常々、すみれ庵の生徒さんには言ってますマズイのかな?!)

なので、着られる(帯結びが出来る)人は、人の粗を探したり、指摘するのはやめましょうね。
お互い、数少ない、絶滅危惧種なんですから、ぜひ労り合い、ホメ合いして仲間を増やしましょう。

新年に、皆さまにぜひお願いしたいことでございます~~


1401078.jpg

あらら~ぼやけてる~~すみません

お正月には、たいていこの輪奈ビロードのコートです。
8分丈に作っているのですが、軽くて暖か。

襟元にウールにウサギの毛を張った首巻きと、ひじまである手袋で防寒。
でも、この日は良いお天気で昼間の京都も暖かでした。



***


夕方から、大阪の
リーガロイヤルホテルの一室で、「着る立場できものを考える会」の新年会でございました。

1401074.jpg


毎年、会員の皆さんのお正月の様子を伺いながら、
なだ万さんのお弁当を美味しく頂きます~~。
今年は15名で集まりましたよ。

この日(7日)、お昼ころに京都の近代美術館に居ましたが、
平日にも関わらず、けっこう混んでおりまして、お着物姿の方も多かったです。
京都は、キモノで歩きたいって方が多いんでしょうか。。。



***

ステキな帯でしょう?!

1401077.jpg


主宰の清田のりこさんです。

去年、ある大きな賞を受けられたので、その記念に誂えられた「洛風林」の松菱の袋帯です。
お部屋に入って来はったときから、
「あ!ええ帯、締めてはる~~♪」と、会員の皆の目は目ざといのでした!(笑)


1401076.jpg

私の大好きな「着付け教室以前」の自在な着方
(ご自身のお祖母さまや、お母様のキモノ姿を見て自然に身に付けた着方のことです)

コレ、帯揚げを綺麗に整えたら、もう清田さんの着物じゃないんですよねえ~~
そこが、「着付け教室」とか雑誌グラビアの販促キモノ姿しか見てない人には
伝わらないのがもどかしいです~~

でも、合わせた帯揚げと帯締めの色が帯の色とマッチして、
えも言われぬハーモニーでございましょ?!

おキモノは、鬼しぼ縮緬地に王冠とか欧風の文様が控えめな金彩友禅で描かれておりました。
地色は墨色っていうのか・・複雑な色でございます。

近々、出る予定の「日本のきもの+」52号は、「結ぶ」がテーマとか。
帯の締め方など、清田さん独特の切り口による記事が楽しみでございます~~



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/699-1db5045e

トラックバック

コメント

[C1156] はじめましてkeikoと申します(^^)

いつも楽しく拝見させていただいています♡

馬の帯、締めにくそうに書いておられましたが
見た目ではわからず、とても素敵だなぁと思いました(^^)

着付けの褒めあい、着物の褒めあい大賛成です♡
着物仲間もっといっぱい増やして日本中の女性が普通に着物を着れる日を夢見ています(笑)

[C1157] Keikoさん。

ありがとうございます~~♪

あはは、写真は上手くごまかしておりますからね!
でも、実際は締めにくくてえらい時間かかりました。
今、五十肩で左腕が効かないんですが、
長い人生、そんなこともおこる・・・
でもキモノは一生着たいんですから、
いろんな方法で着られるようにすればいいのかな~~と思ってます。
こんな体験も、そのうち役に立つかもしれませんもんね(笑)

ハイ!そうですそうです!
いっぱい褒め合って、キモノ人口を増やしましょう~♪

[C1158] はじめまして

馬の帯を検索していて、こちらにたどり着きました!
手描きの馬の帯を作っているので、色々な着こなしを参考にさせていただきたいとおもいまして。
素敵な帯!そして上品にまとめられていて、素敵なコーディネートだとおもいました♪
またお邪魔します!
  • 2014-01-11 00:01
  • URL
  • 編集

[C1159] 櫻 さま。

はじめまして~
ありがとうございます!

馬の帯で検索して・・・面白いですねえ~~
手描きの帯をお作りになってらっしゃるのですか?!染色家さんですか?!
こちらこそ、どんな帯をお作りになるのか拝見したいです。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム