Entries

夏のなごりに③ 蓼藍の生葉で染めてみました♪

1308271.jpg1308272.jpg

皆さん、コレ、なんの葉っぱか、わかりますか?

蓼藍です。右は、刈り取ったあとの植木鉢。

一昨日、大学時代からの友人のY子ちゃんが、お庭で育てたからと持ってきてくれました♪
わあ~~嬉しい~~♪

と、喜んだものの、こんなにたくさんの葉っぱで染める生地がすぐには用意できません。

で、一束だけを残して、織り物のお勉強中のHさんに残りをもらってもらいました。
(Hさんは、生葉を乾燥保存する方法を調べて、半分を保存されたそうです!
保存できるならいつでも生葉染めが楽しめますね!スバラシイ~


1308281.jpg 1308282.jpg


染め方は比較的簡単!なんですが、染めること自体、すっごく久しぶり~
さあ、上手く染まるかな~~と、台所にあるもので簡単にやることにしました!

葉っぱを茎からはずして、ミキサーに入れ、ひたひたくらいの水を入れ撹拌してジュースにします。
(なんか、おいしそう~♪味見すればよかったな・・毒では無いはず?!)


1308283.jpg

目の細かい洗濯ネットに、上のジュースを入れて(葉っぱごと)
ステンレスのお鍋に入れます。染め易い分量の水を適量足します。
しばらくモミモミして藍の色素を充分、絞りだします。


1308285.jpg


生葉染めは、冷たいままでも染まりますが、
このように少量の場合は温度を上げると良く染まるようです。(60度から70度くらい)

染める前の生地は、モノゲンなどの中性洗剤で軽く洗ってよくすすいでおきます。
軽く絞って、なるべく染浴の中で(染料の入ったお鍋の中で)まんべんなく拡がるように
まぜながら(くりながら)染めます。ムラができないようにするためです。

1308286.jpg

最後の帯揚げを染めたときには、藍色の色素も少なくなって薄緑になりました。

これは、緑が染まったというより、上の半衿の生地は純白なのに比べて、この帯揚げの
色が少し、生なりっぽかったのでうすーい藍色色素と重なって薄緑になったのだと思います。

色の混色の原則ですよね。黄色+青=緑


***

あ!
肝心なこと!
普通、藍染め木綿とかっていうように、通常の「すくも藍」で染める「藍染め」は、
植物性の繊維、木綿や麻のほうが発色もよく、良く染まります。

が!
この生葉で染める「藍染め」は、動物性の繊維にしか染まりません。
絹や羊毛ですね。
面白いですねえ~~(科学的に説明、ようしませんのでお知りになりたい方は
各自、お調べくださいませ~なんかいっぱい、研究論文みたいなのが出て来ます~

なので、今回、染めたのはすべて絹です。


1308288.jpg


染め上がった直後の半衿3枚。
濡れていると色は3倍、あざやかといいます・・・

1308292.jpg

乾くと、こんな感じ。
こちらは自然光で写してるので、若干、色味が上の蛍光灯下のと違いますが・・・

真ん中の半衿は元々が生なり色の半衿です。まだ十分、藍色素が残ってるうちに染めたのですが
こちらも薄緑になりました。

両端の半衿は半分だけ染めて、片身替りにしてみました。
さあて、どんな着物に合うでしょうか~~?!


***

1308289.jpg

Y子ちゃんに頼まれた帯揚げ(上の濃いほう)を最初に染めました。
手前のが最後にに染めた、帯揚げです。こちらも半分だけ染めました。

1308291.jpg

Y子ちゃんの帯揚げも乾かすと、こんな感じ。
こちらも生地の色が純白ではないので少々、緑がかった水色になってます。

どれも、もう少し濃いほうが堅牢性も増すので、9月中に植木鉢の藍が育ったら
重ねて染めようかな~~と思います。

でも、これはこれで、夏のなごりの色かな~~と、気に入ってます


蓼藍は1年草で、3月にタネをまいて育て、7~8月に収穫。
つまり、生葉染めは、夏ならではの染物なんですね!


Y子ちゃんによると、二番刈りとかって、もう一回収穫できるかも~とのこと!
しっかり肥料をやって、もう一回収穫したいと思います!
ガンバレ!藍ちゃん~~




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/648-7e789653

トラックバック

コメント

[C1081] 美しい~~~

何と涼しげな色合いでしょう・・・
<ロマンきもの展>にも、藍に関する展示がありました。
藍のごく淡い色を(甕覗き)というとか・・・藍にほんの少しだけ浸けた淡い色、あるいは覗いた甕の水面に映る空の色・・・なるほどなあ・・・
帯揚げありがとう。お仕事を増やしてしまいましたね。
きれいに染まって嬉しいです~❤
  • 2013-08-30 02:33
  • Y子
  • URL
  • 編集

[C1082] 生葉、ありがとう♪

おお~Y子ちゃん!
こちらこそ、夏の楽しい思い出(自由研究かい!)になりましたわ~
ありがとございました。
Hさんもとっても喜んでくれました♪
植木鉢の藍ちゃんには、
液体肥料(ぶっさすタイプのやつ)をさっそく買ってきました。
日当たりのよい場所に置いてます。
来年は育てたい!タネ、分けてくだされ~~♪

美しい色名の数々・・・
ジャパン・ブルーは、深いですねえ~~!!!

[C1083] おもしろーい!!

楽しいですねぇ!!
藍染めはとても興味があるので、
ブログをみて「おぉっ」て言ってしまいました!!
すくも藍と生葉の藍の違いも初めて知りました。

綺麗な色ですねぇ~(*^_^*)
薄いブルーの半襟、いいですねぇ!!
  • 2013-08-30 15:48
  • 安室
  • URL
  • 編集

[C1084] 安室さま。

藍染め、面白いですよね~
私も久しぶりに、わくわく楽しみました。

生葉染めは、ほんとに手軽にできるので
おススメです。
来年は安室さんもタネから育ててください!(笑)

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム