Entries

文吉親方の個展と五山の送り火。

 1308167.jpg

16日。
ぬぬパナさんの会場設営などを担当してくださってる文吉親方こと、
田村文雄さんの「巡礼」と題した、ドローイングとオブジェの作品展を拝見に京都へ行ってきました。

1308166.jpg

田村さんの本業は庭師。

植物の相手をしながらお仕事をされてる方らしく
繊細で純粋な内的世界が感じられる作品たち・・・

流木と和紙でつくった案山子の巡礼人形・・・?!
白い点々に見えるのは傘をかぶった400体以上の案山子たち。
一体の大きさ、分かりますでしょうか?!

会場に来てた小さい女の子(4歳くらい?!)が案山子の列の前から離れませんでしたね~~
彼女の耳には何かおしゃべりが聞こえてたのかもしれません~~

1308168.jpg


会場となった「錦鱗館」の庭の手入れを田村さんがなさってることから今回の
個展につながったそうですけど、元は剣道場だったというところが、
すばらしいスペースになってました。何年か前に「ぬぬぬパナパナ展」も開いたそうです。

そして!
こちらのお庭越しに、なんと!五山の送り火の一つ「大文字」が、目の前に見えるのです~~
一つ一つの炎の動きまで見えたのは初めてでとても厳粛な思いがしました。
お盆で迎えた祖先の霊を見送るにふさわしい炎の揺らめきでした!

オーナー様のご配慮で特別に時間を設けて頂いて、とっても有難かったです!


***


この日も昼間は猛烈な暑さでございました~

なので、とうぜん小千谷縮みでございます~~
これはグレーの無地なんですが、機械織りで生地も薄くてシワシワになるのですが
涼しいです(って、夏はキモノに限らず何を着てても暑いんですが・・

1308161.jpg

前帯の柄が上半分に寄ってるので、帯締めに何を持ってきてもしっくりこない!
さんざん迷って、このタイ製のミサンガを5分紐に縫いつけたものを帯締めにしたのですが・・・
うーん。これもなあ~~

帯上げも麻地の焦げ茶を使ってみました。

              1308162.jpg

お太鼓の柄は面白いのにねえ~
前柄は手抜きですよねえ~~

あ、この帯は「粗紗(あらしゃ)」と言います。絹の8寸名古屋帯です。
太い糸でざっくり織られてるので、張りが強く出ますね~

お太鼓がまあるくなってます。


***


京都に着いたら、浴衣姿や夏キモノ姿の方がいっぱい!
駅で待ち合わせの間、じっくり観察~♪(笑)

私が見た限り、オーソドックスな着方の方が多かったなあ~
花火大会と違って、「送り火」はお盆の伝統行事ですからね。
おのずとそうなるのでしょうか?!


***


この日、ご一緒した皆さんと京都の夜を時間を忘れて楽しんで帰ったら、
すっかり午前さまでございました~~~

日中、暑い~~と、歩いた道も深夜には涼しい風が吹いておりました。

やはり暦通り、季節は進んでおりますね。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/644-9bf8688e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム