Entries

4月文楽『心中天網島』へ。(神宗さんの解説付き)

はふ~~
なーんと!10日も更新しておりませんでした~~~

なんと!
フリマ開催まで、あと一週間となってしまったわ!
大丈夫か?!わたし・・・

まあ、皆さん、着々とご準備いただいておるので大丈夫でしょう!(他力本願


***


なんか、地震があちこちであったり、気温が上下したり・・・
皆様、お元気ですか?!
私は元気なんですが、いろいろポカをやらかして、へこんだり・・・

まあ、大人になると日常生活を正してくれる人も少なくなる(コレ、年を取ると深刻ですぅ~)
ので、自分のことを振り返り反省するよい機会だったかな~と思いました。

てなこともイロイロありつつ・・・

いろいろと楽しいこともありまして~~

まずは、文楽


1304141.jpg1304142.jpg
       1304143.jpg
1304145.jpg1304144.jpg


ただ今、大阪の国立文楽劇場で開催中の「4月文楽」の夜の部の公演に行ってきました。

この日は、公演に先立って朝日カルチャー主催で、
大阪の佃煮昆布の老舗「神宗(かんそう)」さんの8代目御当主、尾崎彰廣さんの
解説をお聞きしました。

尾崎さん、「私は素人なので~」と謙遜なさいますが、

上の中央の写真のように今月26日に講談社から
『近松門左衛門名作文楽考Ⅱ』の「心中天網島(しんじゅうてんのあみじま)」を出版されます。

在野のりっぱな研究者でいらっしゃいます。

それと同時に企業家として文楽を応援する「たにまち」でもいらっしゃいます。

会場で、「文楽の番付(パンフレット)」を買うと(上の写真、左)
開くと、「心中天網島」の見所をたくさんの写真入りで解説したパンフレット(右)
をもらえます。(大阪以外でも配布してはるのかしら?!)

この制作・提供をしてはるのも尾崎さんです。

他ににも天神祭りの際、「文楽船」を仕立ててはったり、大阪の文化を守り伝える大きな
お役目を果たしておられる方です。

今回の解説では、この江戸時代の近松の文楽が、
近代日本文学者に与えた影響のお話がとくに面白かったです!
(新しい御本にその辺のことも出てるのかしらん~~?!)

先日の鳥井千恵子さんの解説(なぜ、女はダメンズに惹かれるのか?!)と合わせて
しっかり聞き所の文言や見せ場を頭に入れてみたので、
より舞台に集中できました!

やっぱり事前のお勉強って、なにごとにも必要でございますね。
とっても見ごたえありました。

大阪の国立文楽劇場で文楽を見られるのは、
4月・7月・11月・1月の年4回。

演目は毎回変わりますし、演者も変わります。舞台芸術は一期一会。
とくに今回の夜の部のように「通し」上演されることは少ないのでどうぞ、お見逃しなく!



***

この日のコーデ。
男物の亀甲絣を織り出した白大島(匹物を母と分けて仕立てたもの)に、

1304147.jpg

春、桜が終わったころに締める「ピンク」の帯です。
コレも結婚する前、25~6歳のときに作ってもらったそのころ出始めの
「辻が花文様」。紬地に染め出されております。

1304148.jpg

お太鼓柄はこんな感じ。流水に藤の花とカチン描きの桜。
辻が花は、安土桃山時代に現れた幻の文様染めと言われてますが、
今もこの感じの染めは人気があるようで、手がけられる作家さんも多いです。

あ~~
このピンク。さすがにもう派手ですな・・そろそろムスメ行きですわ~~

13041410.jpg

てなわけで、少しくすんだ赤紫に染めてもらってつくった単衣羽織を着て行きました。
色が合うかな~~と、バックも久しぶりに取り出したツイード風の紫地。

1304146.jpg


そうそう!
この日は、早朝、淡路島で地震があった日でした!
早めに出たのにJR線のダイヤが乱れててあわてました。

寝てる部屋の片付けせねば~~と、一瞬思ったものの、まだそのまま~~
イカンイカン


*****


お知らせ

今年もやります!

会場を大阪地下鉄御堂筋線本町の「愛日会館」に移して出店ブースも増え、パワーアップ!

本町キモノ・フリーマーケット

2013年 4月 28日(日)11時~18時、
      29日(月・祝)11時~17時
の二日間。

掲示板で出品の皆さんのご紹介もしておりま~~す♪
ご覧くださいませ!→こちら



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/609-a5e8b337

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム