Entries

鹿肉を食べましょう♪お料理教室へ。

1303261.jpg

木蓮です♪

阪急小林の宝塚西公民館で、兵庫県の森林動物研究センターなどの主催の
「鹿肉を食べよう~お料理教室」が開かれました。

13032611.jpg1303269.jpg
13032610.jpg13032613.jpg
13032612.jpg13032614.jpg

メニューは、「鹿スネ肉の和風ポトフ」、「鹿ハムのサラダ、新たまねぎのとろとろドレッシング」

教えてくださるのは、林真理さんです。

私もぜーんぜん知りませんでしたが、昭和のはじめくらいまで
重要な蛋白源としていのしし肉と並んで、常食されてたそうなんです。
それが乱獲で絶滅寸前まで減って、食文化として途絶えてしまったそうです。

それが、平成に入ったころから鹿が増えすぎて、森林の下草を食べつくし、生物多様性を脅かすほど
になっているのです。全国で捕獲される鹿は40万頭!
しかも、そのほとんどが食べられることもなく廃棄されているんだそうです~~もったいない!


兵庫県でも毎年3万頭超捕獲しないと増えすぎ状態が解消しないそうです~~ひゃ~~
食肉として、流通しているのは4千頭足らずとか・・・残りは廃棄ですかあ~~

鹿肉って、世界的には高級食材なのだそうですね。
かの、ノーベル賞ディナーでもメイン料理は鹿肉なのだそうですよ♪

野生の鹿肉、低脂肪・高タンパク・鉄分豊富という栄養的には満点食材。
なんとか鹿食を普及して、捕獲した鹿をただ捨てるしかない状態を解消したい!
と、全国的にこのような活動が広がっているのだそうです!

てなわけで、行って参りました~~~

お料理教室なんて久しぶりだわあ♪
春休みということもあって、親子で参加の方も多くて楽しかったです。

脂肪が少なく鉄分が多いという利点が調理の際の弱点でもあるそうで、
パサパサにならずしっとりさせる方法や、臭みを消したりのコツを詳しく教えてくださいました。

メニューの鹿肉のハムは、炊飯器の保温機能を利用した簡単レシピ!
ふっくら柔らかく出来上がって、びっくりの美味しさでした。
春の摘み草のサラダとぴったりの相性で美味しかったわあ~~

和風ポトフも、食べたあと身体があたたっまって、ほこほこしました。


鹿食普及活動については、「ニホンジカ有効活用研究会」まで~~~


***


この日は、夕方から「キモノの会」

なので、もちろんお着物で~~~


1303262.jpg


                  1303266.jpg


群馬の織作家さん、芝崎重一さんの藍木綿です。

縦絣。絣足が自然な縦縞になってます。

木綿なので、もっとガンガン着たほうが風合いが良くなると思うのですが、
ちょっと地厚で重いのです

重いのは疲れる~~てなわけで、あんまり手が伸びない・・・こちらももったいない!ですねえ。


              1303263.jpg


1303265.jpg


むら田さんの定番8寸名古屋帯です。

ウールや木綿の着物用に、いろんな色で織られていた無地帯。
(先日、同じ糸使いの半巾をご紹介しました)

まだ、かろうじて織られていますが・・・今後どうなるかなあ~~

錫の桜の帯留めにこれも綿の5分紐で。

この日は、この姿に割烹着着て、お料理してきました~~(問題無し!)


沿線の桜も、今週末あたりが見所でしょうか~~~おべんと持って、お花見行きたいなあ~~




****************

お知らせ

今年もやります!

会場を大阪地下鉄御堂筋線本町の「愛日会館」に移して出店ブースも増え、パワーアップ!

本町キモノ・フリーマーケット

2013年 4月 28日(日)、29日(月・祝)の二日間。

掲示板で出品の皆さんのご紹介もしておりま~~す♪ご覧くださいませ!→こちら




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/604-cc6b318a

トラックバック

コメント

[C998] こんにちは

いつも拝見しています。
すみれさん、いったい何枚の長襦袢をお持ちなんでしょうか。それともあれですかね。正直(の反対)とか。
浦野理一さんって、小津監督が(これ、すご〜く古いお話で、分かる人とそうでない人といるんですけど・・)好まれた染織家なんですよね。なんてお目が高いんだろうといつも感服しております。小津映画にはいつもこういう無地帯が登場してきます。パキッと。
  • 2013-03-29 08:46
  • sarasa
  • URL
  • 編集

[C999]

sarasaさん、コメントありがとうございます。
あはは~~長襦袢・・・バレマシタ?!実は・・いっぱい持ってます。
もちろん、「うそつき」も!
私のキモノ師匠が、幸田文さんの「こぼれる色がキモノの魅力」という
言葉を教えてくれまして・・・
そのこぼれる色の筆頭が私にとっては、長襦袢なのであります(笑)
キモノ姿を左右する大事なアイテムなので、
あーでもないこーでもないとさまよううちに数が・・・(汗)

すみれ庵を始めてからは、機能性!も重要になって、
半襟付けたまま洗える「東レシルック襦袢」も増えました~~(笑)
なので、増える一方ですのよ~~(苦笑)

小津映画、さすがに私もリアルタイムでは見てませんが(笑)、大好きです♪
浦野さんのキモノ・帯、をふんだんに見られますものね!
浦野さんとこの無地帯もかっこよくて大好きです。
時どき締めてますのでまた見てくださいませ~~

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム