Entries

トンボの帯は、いつ締めます?

朝、夕はだいぶ涼しくなりましたねえ。
昨日の京都も、着いたお昼は汗ばむ陽気でしたけど、
帰るころには心地よい秋風が♪

でも、すっかり単衣のしたくをするには・・・まだ暑い。
下着などはまだまだ、真夏仕様。

でも、表着はさすがに薄物は着られません~~~
着るものに困るんですよね~~~


格子大島 前


これは、いわゆる機械織りの縞大島です。
横糸に壁糸という、シャリ感のある糸が入っているとかで、
普通の大島より少し厚みがあったので、単衣に仕立ててみました。

写真ではわかりにくいんですが、紺色と薄茶の細かい格子柄で、
大島らしい光沢もあるので、とっても帯が合わせやすい!

この時期、何を着よう~~?!って、迷う時はこればっかりです。


蜻蛉8寸帯 後ろ


帯はトンボをすくい(つづれ織り技法)で織りだした8寸帯。

狂言の衣裳で背中一面にこのトンボを型染めしたものがあるのです。
そこから、デザインされた帯らしいです。

トンボは前にしか飛ばないので、「勝虫」とかいわれて、武士に好まれたらしく、
武具などによく登場します。模様化されたトンボはいつ着ても良いらしいのです。

今の感覚では、昆虫柄は夏のイメージで、夏帯にトンボ柄多いですよね~~
でも!この帯は夏ものじゃないんです~

5月6月、9月10月初めまでかな~~~
私は9月にしか、まだ締めた事はないんですが・・・
5月、6月にはなんとなく抵抗があるんですよね~~~
締めてもいいらしいんですが。。。自ら、機会を減らしてますねえ・・・
どうなんでしょうか?!
ぜひ、ご意見を!お寄せくださいませ~~~



蜻蛉8寸帯②


トンボの羽の中の葉脈?だけは、「描き」で表現されてますが、
あとは、織り!細かいですよねえ~~~


buro-chi.jpg


胸につけてたのは、このブローチ。
これも大島の生地で出来ています。
軽いので薄い夏物の洋服にも良くつけます。
奄美大島ご出身の方に頂きました~~

ちなみに、
キモノは鹿児島で織られた大島です。
大島紬は、この二か所で織られているキモノです~~~

大島はなんといっても、軽くてすべりがよくて、着やすいので昔から人気。

本格的な絣の泥大島は、ものすごーく高価になってしまったので、
こういう、安価な縞大島でおしゃれな色・柄物が増えたらいいな~~と思います。



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/57-f902808c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム