Entries

ちょっと、前ですが・・・

先週のことですが、チケットをもらったので松竹座で公演中の

「花の武将 前田慶次」っていう片岡愛之助主演のお芝居を見てきました。



愛之助


ありゃりゃ~~ボケちゃってますね~~

このチラシの下のほうに写ってる「佐藤江梨子」を、生で見るのを楽しみにしてたんですが・・・

う~~ん、舞台のお芝居はまだまだで、重要な役どころなのに、影が薄くて残念~~
生っていうのは、けっこう残酷・・・長くて細い手足や小さい顔が貧相に見えてしまうんですね!

次回を期待しよう!(次回はあるのかな~~~?!)


愛之助の単独公演って、これで何度目かな~~
松竹はかなり期待してるんですね。
なにをやらせても上手い人なんでもっとドンドン売りだして欲しいです!



縞絹上布 絽帯 前



この日はまだ猛暑日。
9月に着るにはちょっと、透けすぎるなあ~~と、気オクレしたんですが夏紬で。



縞絹上布 絽帯 後ろ



帯は絽に、銀の箔糸で桔梗を織りだしたもの。
アンティークキモノ屋さんで買ったものです。
銀箔が、ところどころ黒くなってけっこう味が出てて、
地の色がピーコックグリーンっていうのが好きで、ゲット。
たしか、デパートの催事で買って、5000円くらいでした。


私が古いキモノや帯を買う基準は、今のキモノに合うか?
古いまま身に付けるのはイヤなので、
洗い張り仕立て直し代を足した上で納得のいく値段か?ですね~~



前帯 イヤリング帯留め



古いキモノや帯を買われる方は、ぜひ使い捨てにしないで
仕立て直しをして、次世代に残してほしいな~~~と、思います。

だって、古いものは無くなったら終わり。

この帯も、仕立て直しをしたので後、数十年は持つはずなんです。

今、国内で夏の帯はほんのちょっとしか織られてない現状では、
手に届く価格の帯は、古い帯から探さざるを得ない・・・

すると、新しい帯は売れないから、ますます
新しい魅力的な帯が生産されない・・・っていう悪循環。


一消費者の私が頭を悩ます事じゃないんですけど、一キモノ好きとしては
この魅力ある衣服文化が消えてしまうのがなんとももったいない!
と、思うんですよね~~~~



安かったからと、古い帯やキモノをポイ捨てにするような事は
お願いやからやめてほしい・・・
良い仕事をしてきはった職人さんたちの誇りを守りたいですよね。



ちなみに、帯留めは母の古いイヤリング。
帯留め金具のパーツを買ってきて、自分で加工しました。
80年代、大きなイヤリングは流行ったので、お家にないか探してみると
面白い帯留めになるのが見つかるかも!

キモノは小物でキリなく楽しめます。
はい~~~
キリがないんですよ~~~







この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/53-45ba386a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム