Entries

悩ましい9月ですね。長襦袢のお話♪

ぐずぐず~~と、更新をサボってる内になんと!9月も5日です~~

私がぼーーっと、している間に・・・
秋の着付け教室のチラシが新聞折込に入る季節に変っておりました。あかんやん~~わたし!

このブログとHP以外、なんの宣伝もしていない

Kimono Lesson すみれ庵もヨロシクでございます♪

着付けれっすん・着付けサービス・日本刺繍教室・お申し込み受付中です! 


***


さて。気を取り直し・・・

本日は、9月の着物について、少し。

着物を着始めた皆さんが迷われるのが季節の変わり目でしょう。

何をどう着ればよいのか、ほんとに悩ましいですよね。

きもの検定の教科書には一応、公式ルールのようなものが載っておりますけど・・・

私は、自分の楽しみで着物を着る場合、
自分の快適♪を基本にぜひ「着る方向」で解釈して頂きたいなと思います。

暑かったたら、夏物。涼しいなと思えたら単衣。っていうふうに。
机上のルールに縛られることなく、ゆる~~く解釈してまず「着てしまいましょう!」

で、まずいかな~~と、思ったらそのつど修正すればよろしいかと。
とにかく「着てみる」ってことをしないと、快適も不快も分りませんからねえ。。。

まあ、しかしこれはあくまで、「自分の楽しみで着る場合」のお話。

相手のある場、つまり冠婚葬祭や、和のお稽古事など明確なルールに則ったほうが、
お互いに気持ちよく過ごせる場では、大人のマナーとしてそのルールに従ったほうがいいと思います。

(ただし、この場合トップの解釈に従うこと。お仲間同士で判断しないほうが良いですよ

快・不快に関係なく、ルールを学ぶ場ですからね♪
(がんばりましょう~~


***


で、自分の楽しみで着る着物ですが・・・

これもまた、この時期、迷いますねえ。毎日(笑)

着物って、「季節感命!」と、私なんか思ってますから
いくら暑くても、9月にはいったら素材はともかく、色・柄は夏っぽいものは避けるようにしています。
(ひまわりとか、金魚とか、花火とかね)

で、だいたい毎年の移り変りは・・・

9月9日(重陽の節句)までは薄物もOKかと。昨日も夏物で出かけました!

9月のお彼岸ころ(暑さ・寒さも彼岸までの言葉通り、暑さも和らいできます)から単衣。

10月に入ると本来は袷ですが・・・私はけっこう後半まで単衣で過ごしてます。

11月はさすがに袷ですが、私の持ってる紬の着物の大半は胴裏抜き仕立てにしております。

基本帯び付け姿は10月までで、11月も半ばに入ると
中高年以上はなんか羽織ったほうが感じが良いと思います。

てな、感じです~~

ところが!

まあ、いっぱい着物を持ってる私でさえ(笑)
その場その時に着たい着物が、その日の気温とマッチしないって時があるのです。

着物や帯は表に出るものなので、準備したものをそう簡単には替えられません。
で、どうするか?!

下に着るもので調節です!(まあ、見えないところまでとやかく言われませんからネ


***

以前、すみれ庵で「単衣きもののコーデ」のお話会をしたときにもご紹介したのですけど・・・

よーするに、身頃を夏素材で作った長襦袢か半襦袢(この写真のは身頃を麻で仕立ててもらった半襦袢です)
のお袖を季節ごとに替えて快適に過ごす方法です。

1209031.jpg

コレは真夏バージョン。

大人浴衣や、小千谷縮など着るときに軽快にするためと、縮んで袖丈が合わなくなったりした
木綿着物の下などにもいいと思いますが、通常の筒袖より広めにつくったお袖を付けて。

綿レース地で、さくさくさんに作ってもらいました。
すみれ庵の生徒さんにも好評でした!

1209032.jpg

これは、古い絽の着物地で作ったお袖。

ちょうど今ごろや、6月、単衣の着物の下にきます。
(透けない夏の着物下にもOK)

1209033.jpg

これは、ネットで見つけた絹の長襦袢地(夏ものではありません)を
単衣袖に仕立ててもらったもの。
(一反あったら、お友達3人で分けられます♪)

これから10月・11月ころ、まだ絹のお襦袢を着るには暑い!ときに付けます。

袖口や、振りからのぞく襦袢の袖って、けっこう目立ちます。


いくら暑くても、ずーっと夏の生地では興さめでしょ?!

でも、身頃は夏物なので快適!なのです~~

身頃は洗える素材で作っておくと汗をかいても安心です。

私は麻のほかに、東レの爽竹や、絹綿などの身頃の長襦袢を作ってあって、
単衣や無双の替え袖をいろいろ付け替えて、楽しんでおります。

こだわってるわけでもないのですけど、お試しで作ってる間にけっこう増えました!
着物や帯を新しくするのは大変ですけど、替え袖なら端切れで出来ます。

帯締めや帯あげ以外に襦袢のお袖も気分や季節感を変えるのに役立つアイテムですのよ♪

ぜひお試しいただきたいです。



***


1209034.jpg

で、今年!

こんなのを作ってみました~~

きもの学会で行った新潟伝統染織研修旅行。
そこで、小千谷縮の作家でもいらっしゃる樋口さん(男性です)が
「私は一年中、小千谷縮の長襦袢を着てます!」と、見せてくださったんです。
2月でしたがその時袖口から色もののお襦袢が見えたのですが、意外に違和感が無かったんです。

ほお~~お!と、すぐに試してみたくなり、微塵格子の小千谷縮を買って帰り、
仕立ててもらったのがコレです。

着物地なので、ちょっと薄物の下には無理ですけど(ごわごわして)、紬の単衣とかには合いそう。

もう少し涼しくなったら着てみようと思っております。
はてさて?!快適なんでしょーか?!




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/518-e7e27da1

トラックバック

コメント

[C879] 嬉しい話題

とても参考になりま~す!
ありがとうございます。
本当にこの時期、何を着たらよいのか、さっぱりわかりません。自分の体感としては、まだまだ夏着物なのですが、、、まわりからすると「あらこの人!?」と思われないようにしなくてはと思い、普段着物で過ごされている方々のBlogをチェックチェック!!!!しています~
  • 2012-09-05 18:28
  • marimolove
  • URL
  • 編集

[C880] marimoloveさま。

コメント、ありがとうございます。
そうですよねえ~~
私もまだまだ、夏物ですよ♪
普段、着物を着てない人に限って、
知識先行であーやこーやうるさい事を言うようです。(苦笑)
あまり人の思惑を気にせず、気楽に着てみましょう。
着るものなんですから、自分中心で参りましょう!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム