Entries

観劇、続いてます。「夏休み」の帯、再び。

オリンピックもたけなわですが・・・(男子サッカーもおみごとでしたね!競泳もあっぱれ!)

私は、先週から観劇が続いておりまする。

昨日は、なにかと話題の夏休み文楽特別公演(第三部)を見てきました。

じつは明日も行きますので、後日あらためてご紹介しますね。


***

本日は、先週、シアター・ブラバであった「しみじみ日本・乃木大将」へ行ったときのコーデから。

井上ひさし脚本,蜷川幸雄演出のなかなか面白いお芝居でしたよ。
(何かの懸賞でチケットが当たったYさんにお誘いいただいたのでした~~ラッキー)


1208022.jpg

苦節十数年の、自作日本刺繍帯「夏休み」を締めていきました。
キモノは前回と同じ、琉球壁上布です。

            1208023.jpg

            前帯の反対側を出してみました。
            「とんぼ」と、「てんとうむし」
            帯あげは、麻の茶色の無地(地模様が水玉♪)、帯締めは絹の三分紐に
            Kosodeさんの一粒ダイヤ風帯留めを付けて。


1208024.jpg

                 1208025.jpg


どうも、土台の生地の感じがわかりにくいので。。。。

あらためて、写真に撮ってみました。


1208031.jpg

二重紗というのか、、、昔の合~夏の雨コート地によく使われた絹織物です。

これは、表が黒で、裏は薄紫です。(黒×臙脂とか、黒×縞とかいろいろありましたよ~~)

元々は、母の雨コート(塵除けコートも兼ねたものでしょうね)だったのです。
新品のまましまわれてたのを、私のに仕立て替えようと洗い張りに出したところ、

縫い目がくっきり残ってしまってて、無理だということに・・・あらあ~~ざんねん

でも、生地としてとってもステキ~と、思ったので、


1208033.jpg

             1208032.jpg

             あけびのかごバックの内袋に仕立ててもらったりしてました。


でも、一反分ですからねえ~~まだまだいっぱい余ってて。

で!この刺繍帯を作ろう!としたときに「そうだ!」と思いついて使ったわけです。

帯で、全部使ったかというと・・・

いやいや、まだたっぷり残っております~~~

裏の色や透ける感じが活かせるような使い道がないかなあと考え中。

キモノの生地、特に、夏物はほんとに種類が多いし、どれも魅力的。
ぜんぜん捨てられず増える一方でございますぅ~~~~嬉しいんだけど(笑)





この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/500-c1df6bc7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム