Entries

八重山上布、新垣幸子さんの着物と帯です。

雨、あがりました~~

とたんに暑いです~~

まだ晴天というわけには行きませんが、洗濯物が外に干せるのがありがたや~~

***

さて!

今日は、岡山での「現代沖縄染織展」にご一緒したOさんのすてきなお着物と帯をご紹介しますね。

その前に・・・

「上布(じょうふ)」とはなんぞや?!

細い麻糸(日本の麻織物はほとんどが苧麻の糸です)で織った、麻織物のことで、
「上等の布」という意味なんです。が、現在ではあくまで盛夏の普段着・おしゃれ着でございます。

以前、小千谷縮のことをご紹介したときにも書きましたけれども、
日本で綿織物が普及したのは江戸中期以降。寒冷地方では、もっと遅くなります。
つまり、支配階級以外は夏も冬も一年中麻織物(他に繊維の取れる今や自然布と呼ばれる布を)
身につけていたわけですね。

その中でも、とくに細い糸でしなやかに薄く織られたものが「上布」として
献上織物として(つまり年貢)織られていたものなのです。

上布に「茶屋辻文様」などが染められて、夏の正装として江戸城大奥などで着られていたわけです。

で、現在は誰でも手にすることが出来るようになった上布でございますが・・・

とりわけ、手績み(機械で糸を作るのではなく、手で細く細く裂いて撚り合わせて均質かつ強靭な糸を
作るのです)の糸を織ったものは気の遠くなるような手仕事の集大成なので、高価なものでございますが
夏の着物としては、これに勝るものはない着心地のものでございます~~

各地に、「上布」と呼ばれる麻織物が存在しましたが、
今は、沖縄の石垣・八重山諸島で織られる「八重山上布」「宮古上布」などと、
滋賀県近江地方の「近江上布」、石川県の「能登上布」
新潟・越後地方の「越後上布」などを残すのみとなってます。

ですが!手績みの糸の材料となる苧麻は、福島県の昭和村と、
石垣・八重山諸島の一部で栽培されているだけで、
ほとんどが中国・東南アジア産の苧麻なのが現状です。

そう!
質の良い糸をどう確保するかというのが一番の問題なのでございます~~~


ふ~~~(説明、長いわ 

***

八重山上布 新垣幸子の仕事八重山上布 新垣幸子の仕事
(2010/06)
新垣 幸子

商品詳細を見る



そんな、現代の八重山上布の作り手の第一人者の新垣幸子さんの初の作品集です。

この本が出た二年前に、刊行に合わせて大規模な個展があったそうなのですが、
そのときに手に入れられたのが、こちら♪

1207132.jpg

あはは~~例によって、金曜日はちゃんと撮れてないので・・・
以前、すみれ庵で撮らせてもらったお写真で、ご紹介しますぅ~~

1207027.jpg

椎・琉球藍・福木・楊梅で染められた糸で織られた繊細な絣模様。
写真では分りにくいですが、
福木(沖縄離島の暴風林として植えられている木ですが鮮やかな黄色に染まります)と
琉球藍で染められた「深い緑」がとっても美しい~~♪

           1207029.jpg

           このモダンな、9寸名古屋帯も新垣さんの作品です。
           以前からお持ちだった、道明さんの帯締めがぴったりですねえ。
           好きな色柄ってなんとなく合ってしまうのね(笑)

1207028.jpg

モンドリアンの絵画のような帯ですねえ~~ステキ♪
9寸名古屋帯なので、絹のお着物にも合わせられそうです。
こちらも、福木・琉球藍・楊梅・紅露(くーる)で染めた糸によるこれも縦横絣模様です!

う~~ん眼福眼福

***


今回の会場には、新垣さんの作品も多数ならんでおりましたし、
ほかに紅型のお着物や帯・首里や、南風原・読谷の花織りなども見られて
その違いを見比べられ、とっても勉強になりました。
まさに、沖縄が誇る染織文化の総覧といった趣でした!

ちゃんとした良いものを見て、自分の目を肥やすって大切だと思います。
知った上で、自分の身の丈に合ったキモノを手に入れて着こなして行ければいいですね。

Oさん、ご案内いただいた浅井さん、ありがとうございました。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/482-c96ddb04

トラックバック

コメント

[C825]

お誘いありがとうございました☆琉球の美しい布々を一堂に見れて、皆さんとっても詳しくて!そばで色んな話聞いてるだけでもとっても楽しかったです。こんなお出かけにはパチっと沖縄のお召し物で。ステキ♪

[C826] いいですねー。

自然の糸と自然の色。
気の遠くなるような手作業。
昔は庶民の着物さえ、こうした手作業で作られた着物を使っていたんですね。
だから、一枚の着物を大事にして、擦り切れても継ぎあてて着たり、パッチワークのようにして布団にしたり…。
沖縄の昔の人は、本州の人のような着物の形だったんですか?
着流しのような形だったのかな?
  • 2012-07-16 15:46
  • かるみん
  • URL
  • 編集

[C827] sumomoさん?(笑)

ハイ!お疲れ様でした~~
沖縄って、ほんとに染織の宝庫ですねえ。
あんなにたくさん見られてシアワセでしたね~~(笑)

[C828] かるみんさま。

ほんとにねえ~~
日本の染織文化って、ほんとにすごいと思います。
沖縄でも庶民と支配階級ではぜんぜん違うので一概にはいえませんけど・・・
あんまり詳しく知らないんですが・・(汗)
庶民は裾丈も短く、本土のように振りがないのですね。帯も締めないようですよ。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム