Entries

レッスンもやってます♪キモノは深い?!

台風4号、近畿から遠ざかったんでしょうか?

このあたりは、雨風とも大したことなくてヨカッタ

皆さまのところは大丈夫だったでしょうか?!

梅雨と6月の台風(次、5号も発生してるんですよね~~)、
大きな被害にならないように祈りたいですね~~~

***

えーと。

のんきに猫の事なんか書いて喜んでましたが

着付けレッスンの記事をあんまり書いてなかったなあ~~と。(今ころ気づく?!)

マンツーマンのレッスンて、写真を撮るのをついつい忘れてしまうんですよねえ~~
(撮っても、ちゃんと写せてないこともあるし・・・

5・6月も、単発のポイントレッスンのご依頼で出張させていただいたり、新たに
初めてさんコースに来てくださったりと、ありがたいことでございます。


1206043.jpg

今月はじめに「着付けのご依頼」を頂いたOさん。

この日はお友達と京都へお出かけの「カジュアルきもの」。
単衣の大島紬に塩瀬の染め帯というステキな取り合わせです。

私のブログを見てくださってたそうで、
「単衣きもので風の通る感じ」を味わってみたい♪とのご依頼でした。

「あらら~~
そんな特別なことは何にもなくて・・
普通に私が着てるように、お着せするだけですけど・・・それでいいですか?」

と、いうことでウエストに薄くタオルを巻いただけであえて胸元にも何もせず
(何もしないと、少しシワが出ますけどいいですか?とお伝えしてですけど)

「え?紐って、これだけで大丈夫なんですか?!」

と、おっしゃてたのですが・・・

後日、
「長襦袢もキモノも胸紐だけだったから、もっと衿とか着崩れると思ってたのに、
ぜんぜん大丈夫だったんです~~私がやってた着付けって何だったんでしょう?!」というご報告。

うーん。何だったんでしょうねえ(笑)

また、その日の京都は最高気温が29度の夏日だったのですけど
「キモノ着て、風が通る感じが初めて分りました~~」とも。

それはヨカッタ!
(こういうのも個人の感じ方なんで、
私は感じてても人様はどう感じはるか自信はないのでホッとしました~~)

で、その後、夏季限定でやってる(HPに載せてるんですが・・・)「2DAYS浴衣レッスン」
を受けてくださいました。もちろん、最低限の補整(ウエストにタオルのみ)で。


***

1206182.jpg

昨日のレッスンのときの私のコーデ。
今期初のサマーウールに江戸小紋地で作った半巾帯で。


これはあくまで私の「着付け考」というものですけど・・・
どうも、皆さん「キレイな着付け」にこだわりが有り過ぎと思います。

というか、「グラビア」のモデルさんのような着姿でないと恥ずかしい~~というような呪縛?!

1206183.jpg

ちょこっと、紐で飾るとおなか周りが締まる感じ?

もちろん、ぐちゃぐちゃに着てるよりキレイに着るに越したことないですし、
私自身もなるべくそうありたいと思ってるのですが・・・

1206184.jpg

カルタ結びで。あんまり簡単なんで、教えたくない結びかた(笑)

「キレイな着方」と、「魅力的な着方」は必ずしも一致しないのも事実で、
私はどっちかというと、その方らしい着方をしてる方の着姿(コーデも含めてですけども)
に心惹かれます。

着る立場できものを考える会の主宰者である清田のり子さんなどはその典型で、

着付け教室で習った着付けではなくて、お母様やおばあ様の着付けを見よう見真似で覚えた着方で、

清田流なんですね。

着付けセオリーから見れば、
おせじにも「キレイ」な着方ではない(清田さん、ゴメンナサイ!)んですけど・・・
ちょっと斜になってて大きめのお太鼓や、ゆったり合わせた襟元、低めに締めた帯、
なんというか・・・

そのどれもとても「魅力的」です。

きものの会の会員さんにはそういう着方の方が何人もいらっしゃいます。
(その方らしい着方ね)

自分が着付け教室やっててこんなこというのもヘンなんですけど・・・

キモノなんて、
「着物は左前に着ないこと、帯が落ちないように結ぶ」のができればOKなんじゃないかしら(笑)

たとえば私が清田さんにセオリー通りにお着付けしたとしたら、
「キレイ」ではあるかもしれないけれど、いつもの魅力は消えてしまうんじゃないかしら。。。

その方の体型や雰囲気を生かした「着方」が魅力的で「キレイな着方」って言えると思うのです。

それはつまり「ラクな着方」でもあるはずなんです。

私の理想はそういう「着方」をすること。

今まだ、コーデも含め「フラフラ」してるので、程遠いですが・・・


前にも書いたんですけど・・・

こういう場で着姿をさらしたり、着付けセンセをしたりすると、
「キレイに見せよう」とどうしても意識しちゃって、前より自由度が低くなりましたね(苦笑)

そこをどうする?!

っていうのが、目下の私の課題かもしれません

うーん。どうしましょーーーー

ね!キモノって難しくないんですけど、深いんですよ。そこが面白い!(笑)

Oさん、後日あらためて、すみれ庵の着付けレッスンを受けてくださることになりました。

こんな考えなんですけど・・・いいかしら?!(笑)



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/467-3cf6de00

トラックバック

コメント

[C784]

「キレイな着方」と、「魅力的な着方」(又は「ラクな着方」)という問題は、時々聞きますね。

ただ、こういったいろんな着方ができるというのがきものの奥深さであり、自由度が高いという証かもしれません。

私自身の経験ですが、着姿をラクに着ていると言われてどういう意味なのかと考え込んだことがあります。
  • 2012-06-20 06:49
  • hiro
  • URL
  • 編集

[C785] 同感です!

すみれ庵さん、おひさどす♪

去年着付けを教えて頂いた事を思い出しました。
補正なし、紐のみの楽~な着付け★
え、これでいいの?って感じでしたが、以後その着方で来ておりますよ。(時々ベルトも使いますが)

私も「自分らしく」が一番だと思います。
楽しく着なくちゃキモノを着る意味がないですよね。
ああ、やっぱりキモノっていいですね❤
  • 2012-06-20 08:13
  • 朱実
  • URL
  • 編集

[C787] hiroさま。

男性のキモノ姿って、ラクそうに見えます。
背広ネクタイに比して格段に♪
帯位置が低いせいでしょうね。

女性の着姿も、若い人の胸高の帯位置から、
中高年になると、少し下がった帯位置になって、
ゆったり着慣れた風情になりますもんね。
同じキモノを親子で楽しめたりするのも、
「着方」で、年齢を表現できたりするからです。
自由度、高いですよね!

[C788] 朱実さま。

わあい♪ありがとうございます。
ハイハイ!朱実さんの実践はよーく存じておりますよ。
私がお伝えしたのは、ひとつの「着方の提案」です。
あとは、着るご本人がいかようにも工夫されたら良いのでございます。
だから、ベルトもOK(笑)夏は暑いけど~~
朱実さんらしく、楽しんで下さっててほんとに頼もしく、嬉しいです♪

[C789]

こんにちは。今、ブログを拝見しました。(私が出てる~)
着物をはじめて、ただ着物を着られることが嬉しい!から、だんだん迷路にはまりこんでしまった感があったのですが、すみれ庵さんでの着付けや会話を通して少しづつ光が射しこんできました。正直なところ、「楽に着る=だらしがない着付け」という印象がありましたが、そうではなくて自分の個性を生かした着付けという考え方をすればいいのかな?と感じています。自分よがりにならずに、周りの方に着物は素敵だな~と思ってもらえるようなさりげない着こなしができるようになりたいです。近道せず、あせらず、じっくりと着物と向き合っていきますね。どうぞこれからもご伝授よろしくお願いします!!
  • 2012-06-21 12:05
  • onoe
  • URL
  • 編集

[C792]

onoeさま。コメント、ありがとうございます。
そうですか~~
着物って、ただ着るものじゃないんだなあと、あらためて思いますねえ。
とってもセンス良くて、
ご自分の理想もお持ちなんですぐにonoeさんらしい着姿になられますよ~~
お手伝いさせていただけて、私もとってもうれしいです。
一緒に楽しくお勉強いたしましょう(笑)
こちらこそ、よろしくお願いしますね♪

[C801]

素敵な小紋のお召し物~♪
野暮ったくならないところが、さすがです~☆

[C806] 若旦那さま。

あはは、ありがとうございます。
これ、サマーウールですけど、私には珍しい総柄でしょ?サマーウール、軽くてしわにならないし、
普段の夏着物にもってこいなんだけど、ほとんど
見かけなくなってしまいました。残念!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム