Entries

「お雛の会」へ♪(ヨドコウ迎賓館のお雛様)

10日土曜日、心配していた雨も上がって、
阪急芦屋川にありますヨドコウ迎賓館へ行って参りました



201203131.jpg
201203106.jpg 201203103.jpg 201203105.jpg 201203104.jpg
201203101.jpg 201203102.jpg

国の需要文化財の指定を受けているヨドコウ迎賓館は、
F-Lライトが灘の酒造家8代目 山邑太左衛門の依頼を受けて1918年に別邸として設計し、

工事は、F-Lライトが帰国後の1924年に弟子の遠藤 新(えんどう あらた)、
南 信(みなみ まこと)らによって建設されたそうです。

日本に現存するフランク・ロイド・ライトの建物は、このヨドコウ迎賓館(旧 山邑家住宅)と、
東京の自由学園(明日館)のみとか。

芦屋川沿いの山手に大谷石をつかった(旧 帝国ホテルの外観に似てます!)瀟洒な外観の邸宅です。
屋上のバルコニーからは、六甲の山並み、市街地、大阪湾を眺望できます。

今回は、「お雛の会」ということで、
毎年、春に公開されているお人形を拝見に皆さんとおでかけして来ました。
皆さん、春らしいすてきなお着物姿でご参加くださいました。



展示されているお雛さま他のお人形は、山邑家の長女 雛子さんの誕生を祝って
京都の老舗「丸平大木人形店」に特注され、明治33~34年にかけて制作されたもの。

山邑さんのお酒「桜正宗」にちなんで、
すべてのお人形の衣裳・お道具には、「桜」の紋が織りや縫いや蒔絵で入っています。

パンフレットのお写真でも判る通り、それはそれは気品のある御顔立ちの素敵なお人形ばかりです。

雛子さんから、娘の節子さんに受け継がれ、平成3年に淀川製鋼所の所蔵となり、翌4年から
毎年この時期に一般公開されています。

特筆すべきは、100年以上の歳月を経ているのに、保存状態がきわめて良くて美しいこと!
その間、戦争その他、いろいろあったでしょうに、
きちんと大切に守られ・維持・管理されていたんですね!


ヨドコウ迎賓館も、先の阪神大震災ではかなりの被害を受けたそうですが、
数年かけての修復が行われ、美しい姿です。スバラシイ~~~♪

ゆっくりお人形を拝見し、邸宅の凝った内装などもゆっくり見て、

遅めのランチは、ムートン・ドールで美味しいフレンチを頂きながら、
「お着物話」は尽きませんでした~~~(笑)

とっても楽しい「お雛の会」となりました。
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

この日、帰ってから写した写真が一瞬で消える!というアクシデントがあり、ボーゼンとして
おりましたが、こうしてさくさくさんが、お写真を送ってくださいました。
ありがとうございます~~感謝~~♪




◆ヨドコウ迎賓館 雛人形展

■期  間:2012年2月11日(土)~4月1日(日)
■開  館:午前10時~午後4時(入館は午後3時30分まで)
■休館日:月・木曜日(雛人形展示期間中)
■入館料:大人・大学生 500円[団体(30名以上)400円]
       小・中・高校生 200円[団体(30名以上)100円]     
■場 所:ヨドコウ迎賓館 〒659-0096 兵庫県芦屋市山手町3-10     
■お問い合わせ:ヨドコウ迎賓館   TEL0797-38-1720

http://www.yodoko.co.jp/geihinkan/index.html


春の一日、皆さんも、お出かけになりませんか~~~♪




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/417-962017cd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム