Entries

若い力で♪

やりましたねえ~~!
なでしこジャパン

ぜんぜん、サッカーのこと詳しくないのですけど、澤が欠場した中での勝利はスバラシイのでは?!

次世代が確実に育っているってことですもんね!ロンドン・オリンピックも楽しみじゃないですか~~
(あ!、ドイツとの決勝戦が、まだでした~~~

***

きもの学会の、塩沢・小千谷研修のレポ、すっかり滞っておりますけど・・・
(バタバタがようやく一段落なので、ガンバリマス~~って、今日も午後からキモノの会
かの地でも、若い人たちが伝統の織物を残そうと頑張っておられた姿と、重なりますです。

何事によらず、次の世代に上手く引き継ぐのが一番、大切かつ難しい!ですよね。


***

さてさて、4日、雨模様の日曜日。

我が家で一番若い人が、ずっと続けてきた書道で、
なんと!「「文部科学大臣賞」を頂くことになり、

その表彰式に行ってまいりました~~


1203041.jpg
「書遊」主宰の北田竹邨先生から、賞状を頂きました。

                        1203042.jpg


                        本人は、気に入らない点が多々あるらしく、
                        自信なさげでしたが、
                        多くの先生方が、推してくださったとの事!

                        多いに自慢して宜しかろうと、母は思うよ
                        
                        4歳から、一度も辞めたいと言わずに続けてきたので、
                        やっぱり好きなんでしょうね。
                        (いや、やはり先生のご指導のおかげですね!)

                        継続は力!です。オメデトウ



1203044.jpg

こういう日、ほんとは、紋付の色無地などの柔らか物に、袋帯なんでしょうねえ。
色無地・・・

若いころは、お茶のお稽古をしていたので、何枚か持ってたのですけど・・・さすがに色が・・・
あまり、必要性を感じないまま来てしまいましたが、これから要るかな~~と、今回、考えちゃいました。


1203045.jpg


この日は、雨でもあり、帰りに寄るところもあったので、
いつも着ている、石下結城地に「角通し」を染めた江戸小紋に、洛風林の9寸名古屋帯で。
江戸小紋は、紋を付ければ色無地と同格です。(これは、もちろん無紋なんで、ただの小紋の格)

娘の先生である佐藤篁心先生は、お若いんですけど、こういう場ではいつもきちんとお着物姿です。
この日は、青海波の地紋をクリーム色の濃淡に染めた一つ紋の色無地に、
地紙(扇面の骨のない文様のこと)を金色で染めた帯で、春らしく書展の表彰式にふさわしい、装いでした!

書道って、子供に習わせたいお稽古ごととして、今も人気が高いそうで、
大阪の会場は、各地からの入賞された小さいお子さんと、若いお父さん・お母さんでいっぱいでした。

和気あいあいの表彰式で、「お祝いする」気持ち、「お祝いしてもらう」気持ちが溢れてました。
「式」ってみんな、拍手してくれていもんだなあと、
小さい人たちがうれしい気持ちを味わってくれたらいいですよね。ぜひ体験させてあげて欲しいです!

こういう場には、それなりの服装で行き、場の雰囲気を壊さないってことも知ることになりますしね。

何事も、お勉強ですね!


1203047.jpg


2日付だったかの、毎日新聞にも娘の書が載ったそうで、それを見て、
見ず知らずの方が、何人かわざわざ会場まで見に来て下さったとか!

いや~~、ほんとにありがたいことです。
どれだけ励みになることでしょう!

大学生になっても続ける~~と、娘。しばらく受験でお休みすることになりますが、
一生続けられることなので、若いうちに好きなことに出会えてよかったなあと思いますね。

ガンバリなさいよっ!ムスメ!


***


この帯、お正月の年賀状の時にも締めてました。
あ!、この時のタッサーシルクのほうが、改まった感じになったなあ~~(と、今ごろ気づいてます

あんまり大げさでなく、金・銀が入ってるのでいろいろな場に使えて便利。

ただ、キチンと柄合わせするのがめんどくさいです

ちょこっと、右のタレがずれたのは、身体をねじってるせい!と、思いたい~~


帯締め(白の冠組に房だけ赤)・帯あげ(白に金の砂子文様が染めてあります)を、
白にして、きもち、礼装っぽくいたしました


う~~~ん。

やっぱりなんとなく気分が落ち着かなかったのは、紬地のせい&無紋のせいでしょうねえ。

ただの無地はいっぱいあるんですけど・・・一つくらい紋を付けとくべきでしたね(反省~)

今さらですけど・・・紋付の色無地、作るべきかな~~?!

と、悩んでます




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/414-9d215bdc

トラックバック

コメント

[C691] おめでとうございます。

おじょうさん、素晴らしい賞を受賞されたんですね。
おめでとうございます。
写真に写っている字、すごくりっぱです。
4歳からずっと続いているとは!
その方面に才能がおありなんですね。

一つ紋付き色無地は、こういうとき、なんといっても便利だと思います。
一枚、染め替えをなさってはいかがですか。
京都の古川さんにお願いすれば、相談にのっていただけますよ。

[C692] ありがとうございます♪

書道の結社というのは、年齢で区切られてるので、学生の部は高校で一応、終わり。
あとは一般の部となって、大人の中に混じって競う?!ことに。
最後の機会に、大きな賞を頂けて、ほんとにありがたいことでした。
続けることも才能のうちですね(笑)
良き趣味として、一生楽しんでもらいたいです。
和文化って、相互に関わりがあるので、
年齢に応じた楽しみ方が出来ますもんね。
私が勧めたわけではないのですけど、学校のクラブは茶道(笑)
でも、大学ではスポーツをやりたいんですと。
ハイハイ、まず大学入ってから、考えて~~ですよね!

***
そうなんですよ~~
色無地、お茶席では必須アイテムですもんね。
私、無地はいっぱい持ってるのに、略礼装としての無地がないんです。
染め替えより、一から作りたい!(笑)
いよいよ白生地屋さんツアー、敢行しなくては!

[C693] ツアーのときはぜひお誘いを

白生地屋さんツアーを決行なさるときは、ぜひ私も誘ってくださいね。
私の場合は逆に、一つ紋付きの色無地しか持っていなくて、ふだんのお出かけには着にくいので、紋の入っていない色無地が1枚ほしいなあと前から思っているんです。
地紋がおしゃれで古典的な文様の生地がいいなあ。

[C694] 了解しました♪

わあ、そうなんですね!
もうすぐ、すみれ庵も一周年なんで、
色無地お誂え記念ツアーにしようかな~~(笑)
また、ご連絡します~~♪

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム