Entries

京都学園大学・市民講座「きものの楽しみ」のお話。

12月ですぅ~~と、書いてから早や、今日は7日ですやん

うう・・・記事がたまってるう~~
なんか、最近、仕事が遅いんですよねえ・・・ぱぱっと、片づけられない!
イカンイカン~~

と、気を取り直して♪


***
早く、書かなければ~~と、思っていた事・・・


去る11月25日に、
京町屋キャンパス「新柳居」で、開かれた清田のり子さんの「きものの楽しみ」という
連続講座の三回目「新しいきもの人口を探る」のゲスト講師として、
おこがましくも、お話させてもらってきました。

1111252.jpg


「着る立場できものを考える会」主宰の清田さんが、私の話を引き出す進行役をしてくださったので、
また、お顔見しりの方も何人か聞きにきてくださったこともあって、あまり緊張することもなく、
けっこう勝手なことをおしゃべりしてきました!


1111251.jpg


こじんまりしたお座敷の、ほんとに「寺子屋」といった風情の教室です。
20人くらいの参加者だったかな?
今回だけのかたも、連続して参加してはるかたも・・・いろいろみたいでした。



1111255.jpg


こんな感じで、プロジェクターにパソコンを繋いでもらって、
私のHPやブログ・私が皆さんにご紹介したい「キモノ・ブログ」のいくつかを見てもらいながら。


この連続講座の一回目は「きもののきほん」、二回目は「きものの文様」ときて、
三回目は、いわば「現代のきもの」考。

リアルな「今のきもの」をお伝えしたいと思いました。

まあ、京都という場所柄、「きもの」というものは身近で、ある程度の感心のある方ばかりが
聞いてくださってたと思うのですけど、


私がかつて、びっくりしたように、

30歳~40歳代くらいの方たちの「熱いキモノ愛にみちたブログ」におおいに感心してはりました(笑)

京都の地場産業であるきもの業界の低迷とは裏腹に、
とっても華やか、かつ活気あふれるキモノ・ブログの世界。

どうして、ネットの向こうとこっちがうまく繋がらないのか・・・

私が「すみれ庵」で、キモノ・レッスンしたい事・・・などなど。

話があちこちしながらも、「きもの」が、今も人々の高い関心を集めていること、
決して、過去の遺物ではなく活き活きとしたファッションであることをお伝えできたかなあ・・・

「きもの・・・久しぶりに出して、着てみようか」という方が居て下さったら、うれしいな。


1111257.jpg


あ!そうそう。

この講座に先だってあった、キモノ・パーティに「イチゴの訪問着」で来てくださったお嬢さんです。

山口伊太郎さんのお孫さんです。
現在は、その紫紘でお仕事されてる、いわば業界の方でもあります。
おじい様の血筋でしょうか(笑)、
お父様も面白いこと(遊孤草舎)をいろいろなさってる方なので、
ネットの中の「きもの熱」にどんな感想をもたれたか、またゆっくりお話したいです♪

***


それから、当日!
きちんと、お会いしたのは初めて!というのに、
講座の間、写真係をかって出てくださったeriさん。お手数かけました~~

ご自身のキモノ・ブログeri着物覚書
で、この日のことを書いてくださってます~~恐縮です~~
(eriさんとのご縁も、やっぱりブログが元なんですよ・・ね)

わざわざ、お出かけくださって、ほんとに、ありがとうございました~~
おかげさまで、無事に記事に出来ました(笑)


きものはまだ初心者さんらしい(ぜんぜん、そうは見えませんけどねえ)のですが、
デザイナーさんという職業柄、めちゃセンスがいいので、
「ほほぉ~~、こうきますか!」と、eriさんのブログはとっても楽しみなんです♪
私好みのコーデだったりすると、もう嬉しくて~~(笑)

猫ちゃん大好き仲間(って、勝手に私が言ってるだけですが)なので、
私のブログ同様、時々、猫ちゃん登場しますし!

eriさんブログからも、
まだまだキモノ・ブログの輪、拡がって行きそうな予感~~~わくわく

これからも、よろしくお願いします♪


***

さて、この日のキモノ・コーデは。

どうしよーかな~~と、悩んだあげく。


11112511.jpg


いつもの感じに落ち着きました(笑)

杢糸使いの結城紬に、トナカイ?(この角は鹿?)柄の帯~~~♪


11112513.jpg

前は、こんな感じ。

この帯、

omo 京都もりたもとこの楽しいきもの屋さんの、二部式帯です。

もりたさんによると、フランスのインテリア・ファブリックのメーカーの生地を使って作りはったものとか。

柄の部分は、モールというか、別珍みたいな感じでモコモコしてます。


11月なので、紅葉を意識して杉浦佳子さんの「カエデ」の帯留め。
長襦袢と、帯あげを、さび朱色にして、秋らしく♪

12月にしめる時は、帯留めはサンタさん?!かな(笑)持ってないけど


11112512.jpg

ハイ!

お太鼓柄で、やっと鹿の全身が~~

相当、巾の広い生地らしく・・・柄も大きい・・・
こういう生地できちんと柄を出すためには、やはり二部式にする他ないようですね

生地の厚みがけっこうあるので、裏には絹の帯地が使ってあります。



1111259.jpg


この日は、夕方からの講座で、夜は寒くなる予報でした。

なので、お袖の振りを閉じたコートで。

グレーのキモノに、黒のコートでは、お葬式みたいなので

アニエスべーのブローチを、ちょこっと、つけてみました♪


***


きものは、私にとって「着る楽しみ」「見る楽しみ」「作る楽しみ」「遊ぶ楽しみ」「知る楽しみ」
まだ、他にもあるかもですけど・・・あ!「伝える楽しみ」!

いろいろな「楽しみ」を提供してくれる、最強アイテムですね。

私にとっては、もうすでに「知っているキモノ」だったんですけど・・・

今、またあらためて、
「きもの」のことを考える良い機会になりました。

まだまだ「知らないキモノ」が、出てきそうですね!




ご参加頂きました、皆さま、ほんとにありがとうございました。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/365-6098ec84

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム