Entries

東京秋休み③ 横浜トリエンナーレ2011

週末になると、娘にPCを占領されてしまうので、東京の旅の顛末を最後まで書いちゃいましょう!

帝劇「細雪」が終わったのが、月曜日の3時半ころ。

行く前から、月曜日じゃどこも美術館は閉まってるし・・・帰るには早いし・・・
どうしよう~~とか、思いながら、ま、なんとかなるでしょ~~と、思ってたら

夫が、「横浜美術館は開いてる!」と探してくれて、みなとみらい駅へGO

電車に乗ってみたら、横浜って案外近いんですね。

宝塚から、京都よりはずっと近い感じでした~~


11101710.jpg


めでたく、横浜トリエンナーレ2011のメイン会場、「横浜美術館」に閉館、1時間半前に到着


へえ~~~。
りっぱな美術館やねえ~~~と、なんの予備知識もなく・・・


11101711.jpg

こんな子たちが出迎えてくれ、


11101712.jpg


まずは、館内のカフェで、ガイドブックで勉強。
ふむふむ。
(うしろの絵も作品です)


11101715.jpg

館内、撮影禁止マークの所以外は、カメラもメモもOK!

こんな、映像作品やら・・・


11101718.jpg

巨大なオルゴール


11101719.jpg


この同じ部屋に、なぜか「コプト裂」があったり・・・


11101716.jpg


若い映像作家さんと同じ部屋にイサム・ノグチの彫刻があったり・・・


11101717.jpg

OUR  MAGIC  HOUR 『世界はどこまで知ることができるか?』

という、テーマ通り、なかなか混沌としておりました・・・


でも、たまたまですけど・・・(横浜美術館の収蔵品なのかも?!)
まえまえから、見たいと思ってた作家さんの作品を見ることが出来ました♪


11101713.jpg

11101714.jpg

2005年にわずか31歳で亡くなってしまった石田徹也さんという方の作品です。

ちょっと、怖い絵ですけど・・・

美術雑誌で見かけて以来、なんだか気になってて・・・
本物を見てみたいなあと、ずっと思ってたんですよね。

現代のシュールリアリズムと評されて、20代で数々の受賞・注目・期待の
さ中に事故死。

絵の中の不安げな人物はすべて自画像らしいのですが、自分の未来をも見越したかのような作品ですよね。

実際の絵、細部までゆるがせにしない緻密な描きぶりで、隅々まで気迫が漂ってました。

同じ部屋に(っていうか、すぐ隣に)
シュールリアリズムの巨匠、マグリットや、デルボーの作品が掛けてありましたけど、
全く、遜色なかったです。

横浜トリエンナーレ2011は、11月6日まで。

お近くの方は、覗いて見られてはいかがでしょうか?

現代アートから古美術まで、幅広く楽しめますよ~~~


時間がなくて、トリエンナーレの他の会場までは見られませんでしたけど、
横浜まで足をのばしてよかったです!


*****

閉館まで楽しんで、

またまた東京へ戻って、お弁当買って、8時ののぞみで帰阪。

お疲れ様~~な、東京秋休みでございました。




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/337-c1c9a679

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム