Entries

東京秋休み② スカイツリーと、帝劇「細雪」

ほんまに、明日は雨なんですかしら?

ここらへん、ピーカンの秋晴れで、またまた最高気温27度の夏日の予報です。

私のPCは、リビングの窓際に置いてるのですが、ここでたぶんジリリと日焼けしてると思います
顔のしみが急激に増えてるのは、この位置のせいではあるまいか・・・と、
今頃気がついてどーする?!

ま、そんなことはさておき、昨夜は睡魔に負けて、つづきを更新出来ませず、失礼いたしました~~
今日は頑張るぞ!


*****


1110176.jpg


コンラッド東京の魅力は、各階フロアに配置された現代アート。

私の後ろは、篠田桃紅さんの墨の作品です。
御歳、98歳の現在も現役で活躍するアーティストですが、
私が今も昔も、もっとも好きな着物姿の方でもあります。

先日、朝日新聞で久しぶりにその美しいお姿を拝見して、とーっても嬉しかったです!
この方の作品集や文章を集めたご本はたくさんでてるんですけど、
「お着物姿」の写真集が無い!んですよ~~ぜったい素敵なんで、出ないかなあ~~
(ちなみに、最近、義理の姪?である、女優の岩下志摩さんの着物写真集、出てますね・笑)


1110171.jpg 

着物は、おんなじ塩沢お召の単衣。
前日よりは、マシでしたけど、この日も25度近く!単衣でよかった~~ 


1110172.jpg

帯は、またまたバティックです。
色が茶系なんで、秋っぽいかなと・・・
実は、ほんとは「細雪」だし関西風のはんなり櫛と簪柄の塩瀬の染め帯を持って行ってましたが・・・
船に乗る!と聞いて、こちらに変更
なんか、都会の町並みに和柄の塩瀬の染め帯って、合いませんもんね。
(って、ほんとは汚れるのがイヤだったからですが・・薄いグレー地なんです
薄いちりよけコートも持って行ってましたが、暑くて着られずでした。


1110175.jpg


長襦袢は、いわゆるうそつき。縞柄の長襦袢地の替え袖を付けてます。
いくら暑くても、なんだか10月に白い絽や麻の襦袢の袖が見えてるのって興ざめでしょ?

なので、単衣用(無双袖もあります)の替え袖を作ってます。身頃は、夏の素材です。(今回は、爽竹)
そうすると、袷の季節も涼しく快適に着られます。

目立つお襦袢の袖は季節通りにして、見えない身頃は夏物で涼しくってわけですね!



***


ちょっとの時間があると、じっとしてられない夫。

コンラッドの近くの竹芝桟橋から浅草までの隅田川クルーズに乗ろう!と、いうことになり・・・

1110178.jpg


見えましたよ~~

もうほぼ、完成形の「東京スカイ・ツリー」

月曜日の朝一のツアー、8割外国人の方ですが、けっこういっぱいでびっくり。


1110177.jpg


浅草に近づくころにこんな写真も撮れちゃって、けっこう面白かったです

浅草に着いたら、また復路の船に乗る方々がいっぱい並んではって、
東京はやっぱり観光都市なんだなあと実感。

どこへ行っても、人いっぱい!


で、お昼から帝劇「細雪」へ。


1110179.jpg


この「細雪」、帝国劇場開場100周年記念公演です。

御存じ、谷崎潤一郎の小説「細雪」を菊田一夫の演出で舞台化されて、昭和41年から繰り返し上演されてます。

私は、関西で初上演となる昭和60年(1985)に、国立文楽劇場で観てます。
そのときの、四姉妹は、

長女 鶴子「淡島千影」 次女 幸子「新珠三千代」 三女 雪子「遥 くらら」 四女 妙子「桜田淳子」
という顔ぶれ。同劇場で、63年にも同じ顔ぶれで上演されてて、この時も見てます。

新珠三千代さんて、けっこう早くに亡くなってしまわれたけど、
ほんとに品のいいきれいな女優さんでしたよねえ~~

桜田淳子!今の若い人、ご存じなんでしょうか~~?!

そのご、関西でも何度か上演されたみたいですけど・・・ご縁なく。
二十数年ぶりの「細雪」でした。


何度か映画にもなってますし、(市川昆のが最高!)
脚色しだいでいろいろな角度から描くことが出来る演劇向きの題材なんでしょうね。

今回は、堀越 真という方の潤色、水谷 幹夫という方の演出で、
四女、妙子を軸にお話が展開、くっきりとわかりやすく四姉妹の色合いが出ててなかなか良かったです!

高橋恵子、賀来千香子、水野真紀、中越典子の皆さん、言葉も含めてとってもお上手で、
「細雪」のぜいたく感がたっぷり出てました。


111117teiokokugekijou1.jpg


戦前の関西の富裕階級の滅びゆく風俗、習慣、女性の生き方、船場・芦屋言葉、豪華な衣裳など、
女の人をわくわくさせる要素がいっぱい♪(笑)

この日も、帝劇の前の、富山ナンバーの大型観光バス(二台!)から、
豪華なお着物姿のおばさま方がぞくぞくと降りてこられて、楽しそうに観劇されてましたよ!
(呉服屋さんのご招待なんでしょうか?!)

お堀端にある帝国劇場、ロビーに猪熊弦一郎のステンドグラスや、
鏑木清方の日本画も飾られさすがの風格でした。

前日の国立といい、この日の帝劇といい、
劇場でこんなにいっぱいの着物姿の人を見られて幸せ♥でした!

大丈夫なんじゃない?!ですか~~日本の着物文化



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/336-48a3f2e4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム