Entries

日本のいいもの 妖怪と、ザルと。。。

お盆でお寺さんに行った日の帰り、大阪の天下茶屋にあるギャラリーあしたの箱さんでへ、
宴怪 絵描鬼 柳生忠平(やぎゅう ちゅうべい)展を見に行ってきました。

忠平さんは、小豆島在住の画家です。古道具に宿る魂(九十九神)をイメージした妖怪画を、
古民家の障子や建具をキャンパス代わりに、岩絵の具やアクリルで描いてはります。
一見、怖いんだけど、良く見ると表情豊かでどことなく愛嬌があって、ユーモラス。

この夜は、妹さんが語り部になっての「紙芝居」や、京都造形大の田中先生(キャラクターデザインが
専門で、京都の神社の神主さんでもある!)と、忠平さんの妖怪談義もありました。

日本独特の妖怪や鬼がどうやって生まれたのか?!興味深いお話が聞けて楽しかった~~~
目下、「ゲゲゲの、女房」で、大ブレーク中の水木しげる大先生のお話などなど。

忠平さんは、まだ30代!これからのご活躍が楽しみですね~~~
今、開催中の瀬戸内国際芸術祭にも参加してはります。

そうそう!
この日、前回の展覧会で注文していた辰巳康雄さんの竹のざるが届いてたので、もらって帰りました。

竹の網目が美しい~~~日常の道具で、竹の笊ほどきれいなものってないのでは?!

ざる届いた

横から見ると、こんなかんじ。この、足?で、うまく水切りできそうで・・・

ざる 側面

さっそく、そうめんを入れて、頂きました!

このざるも、100年経ったら、九十九神(つくもがみ)になるのかな~~~~?!
大切に使います~~~

ざるに入れたそうめん
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/32-a4380328

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム