Entries

9月のコーディネイト・・・どうします?

はあ~~~

台風12号、たいへんな被害が出てます・・・

東日本大震災もそうでしたが、普段から備えている地域でまた想定外の災害にみまわれるって・・・

不条理ですね。
被害に遭われた皆さまに心からお見舞い申します。


今日は、無常に青空が拡がって、空気も秋の気配が濃厚です。

まあ、このまま涼しくはならないでしょうけど、一日一日、秋の色が濃くなって行くんですね。

亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。合掌。




***



さて、今週末には、
「すみれ庵」と「着物さくさく」さんの三回目の共同企画になる、

『家庭で出来る汚れ落とし&単衣物を楽しむ工夫のお話』を、
開かせていただきます~~

おかげさまで、13時半からの午後の部は定員になりましたが、
午前の部には空きがございます。

どなたでもご参加できますので、8日中にお申込み頂けましたらありがたいです♪

どうぞよろしくお願いします~~



*****


土曜日、「小桉会展」へは、さすがにキモノを着て行くのはあきらめまして、洋服で行ったんですけど、

着ようと思ってたキモノコーデをご紹介しておきますね。

雨になるのは予想されてたので、


1109062.jpg



雨コート地でつくったキモノに、すくいでトンボを織りだした8寸名古屋帯。

雨コート地なので、防水加工が最初からしてあります。

黒とベージュの小格子の絹の紗ですね。けっこう透けます。(ルール上は9日までね)

この日は下に、海島綿の絽の長襦袢を合わせるつもりでした。
雨コート地というのは、本来キモノの上から着るもの(当たり前ですが
なので、すべりの良い生地で作るのです。

冬物ですと、サテンのような繻子地とかね。

この生地ももちろん、すべりがよろしい~~

でもキモノにするとすべりが良すぎて、絹の長襦袢の上には着られません~~
で、海島綿!にしたわけなのです

この柄がキモノにいいし、夏場、上から雨コートは暑い!と思って作ってみましたけど・・・

やっぱりキモノとしては着にくいです~~ちょっと失敗かなと思います。

キモノより、帯が濡れるからやっぱり雨コートが必要だったりするし(笑)


トンボ柄、羽根の中の葉脈は手描きですけど、あとは織り物。

薄手の帯なので、9月10月に重宝な帯です。


1109064.jpg


前は菖蒲柄。(若旦那さんが、教えてくださいました~~ありがとございます♪)

狂言の肩衣文様から、デザインした帯柄です。

 
群馬県前橋の、「創作きもの にしお」さんのオリジナルです。
にしおさんは、日本産の絹(絶滅寸前)をなんとか残したいと、
「絹の会」という独自の活動をなさってます。


私ももちろん会員!ほんとにほんとに、微力ですけど、まずは現状を知ることから!
ご興味のある方は、にしおさんのHPをご覧になってくださいね。

呉服屋さんとしても、センスのいい、とってもステキな着物や帯をオリジナルで作ってはります。

お近くの方、必見ですよ♪(あはは~~、なんか、まわしもんみたいですねえ



地文のようになって、色がないので、

タイの貝を並べた帯留めと、多色染めのスカーフを合わせてみました♪


季節感と、実際の気候(その日のお天気・温度・湿度)の兼ね合いをさぐるのが、
単衣のころのキモノコーデの楽しさかな~~~~と、おもいます♪

10日は、そんなお話やらを皆さんと出来るのが、とっても楽しみです

お待ちしております!




創作きもの にしおさんのHPはこちら
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/308-cf4ce774

トラックバック

コメント

[C477]

台風の中、京都まで行かれたんですね。
さすがですわ。
私は諦め、見送ってしまいました。。。

帯の前の柄は菖蒲柄と思います。
多分、とんぼは前にしか進まない勝ち虫で、武士が好んだ柄ですから、
同じく尚武に通じる菖蒲柄を武家好み繋がりで前に持ってきたのではないかと。

剣道の竹刀を入れる袋にも、この柄がよく使われていますよ。

[C478] そうでした!

わあ!ありがとうございます。
きもの検定1級なのにね(苦笑)
恥ずかしい~~そうですそうです!菖蒲ですね!


書き直しておきますね~~
トンボ、なんとなく夏の柄って思いますけど、
これは、夏帯じゃないんですよね。
秋の柄らしいんです。
勝ち虫ならば、いつでもいいのかな~~?!
にしおさんの奥さんは、5,6月にも締めてらしたけど。あ!端午の節句にはふさわしいのかな?!
なかなか、手ごわい柄ですねえ~~(汗)

あはは~~
お誘いした皆さん、決行賛成(笑)
さすがでしょ?!

[C479] お茶の世界でも

お茶の世界でもトンボは「勝ち虫」ということで5月の端午の節句をテーマにしたお茶会に行くと、お茶碗の絵柄にトンボが描いてあったり、トンボをかたどった香合が置かれていたりします。
私もお茶を習うまで「トンボ=勝ち虫」なんて、知りませんでした。
じゃあ、蝶や蝉は後ろに後退して飛ぶの? 鳥は? なんてことも考えてしまいますが…。
  • 2011-09-08 19:33
  • 1go1ex
  • URL
  • 編集

[C480] 確かにねえ~~

お茶でも、そうなんですか!
あはは~~、
確かに、後ろ向きには飛ばないけど、横にふらふらすかも?!(笑)
語呂合わせ的な縁起もの、とっても多いですよねえ。
勝虫の季節、もっと調べてみなくちゃ~~

[C481]

「菖蒲柄」確かに息子の竹刀袋にありました。物知りになりました。
しかし、大胆かつかっこいいで帯ですね。しかも織物とは・・・
狂言の肩衣文様から想を得たのね~(また物知りになっちゃった)。
肩いっぱいの図案だと、暗い能舞台でも目立ちそうですね。能装束も面白いですね!今後注目することにしました。
無彩色の中に帯揚げのターコイズと墨色が薬味になっていて、すみれ庵さんのコーデはいつもながら素敵です。
虫嫌いですが締めてみたい気持ちにさせられる帯ですね。
「創作きもの にしお」さんのHP見たら11月に柳 崇 染織展がありますね。見たいな~ご近所にあればぜひ伺いたいところですが、残念。
今夜は、由志園まで行って、「中秋の名月を愛でる会」なので、久しぶりに着物でと思いたち用意したのですが、天気予報は雨です。暑がりなので雨コート着たくないので洋服にします。色んな意味で着物をきられる幸せに感謝しています。
  • 2011-09-09 13:25
  • 八雲
  • URL
  • 編集

[C482] 八雲さま。

ハイ!きものの事、考えてると、とっても勉強になりますよね~~(笑)

ありがとうございます。
帯の力ですね~~(笑)
にしおさんのご主人が、デザインされるようです。
奥さんが締めてはって、ひとめぼれ♥
すくいという、つづれ織りの一種の技法で織られてます。薄手で締め易い。
驚くほど、繊細な柄が織れるみたいです。
ステキなお店ですよ~~
全国に熱心な「にしおファン」が居はるみたい。
ま、私も遠くて良かった。近かったら、破産か離婚ですね(苦笑)

由志園・・・一年中の~~牡丹が有名なんですね。
それは、けっこうなお月見でしょうね。
こちらは、夏が戻って暑い一日でした~~

キモノを着て、笑っていられるって・・
ほんとに、感謝ですよね!


コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム