Entries

昨夜から始まってます!温故希林♪

昨夜から、BSプレミアムで、四夜連続で、『温故知新」ならぬ、
『温故希林』が、始まってます。→こちら


古い物好きで知られる俳優の樹木希林さんと、古民藝研究家の尾久彰三さんが、
日本各地の古道具を訪ねる趣向。  昨夜のお題は、「器」。古伊万里を訪ねて、東北へ!

今夜(9日)は、「家具」。

明日は、「着物」。ぜったい、見なくちゃ!

最終日は、「骨董と暮らす」と、続くそうです♪

30分番組ですけど、
お二人のとぼけた掛け合いが、品のよい漫才みたいで、とっても楽しい内容でした!


ってなわけで、我が家にある「古道具」のご紹介しますね。


1108092.jpg


置いてある場所が、イマイチですけどぉ・・・

昔の桐箪笥に朱漆を塗って、再生したタンスです。

京都の、主に家具を扱ってる骨董屋さんで見つけたもの。

器でも、下駄でも、お盆でも、「塗り」のものは、この「朱」が好きなんですよねえ~~

昔から、とっても心魅かれます。なんでかしらん?!


1108094.jpg


鍵穴を隠す金具です。「鶴」でしょうか?

とても、繊細な仕事がしてあります。

そんなに、古いものではなさそうですけど、
前はどんな人がどんなふうに使ってた桐箪笥なんでしょうね?

まあ、今はきれいに朱漆が施されてて、あんまりそういうこと考えたことありませんでしたが(笑)


1108095.jpg


取っ手の金具が、直接、タンスの生地に当たらないように、小さな金具が付いてるのわかります?!

こういうのが、日本人の美意識でしょうかねえ~~~

このタンス、今は私の「帯タンス」として活躍中です。

漆塗りなんて、「キズ」が付きそう~~と、思うでしょ?

これが意外と丈夫で、けっこう掃除機をぶつけたりしてますけど、今のとこ大丈夫みたいです

菊之助も、表面がツルツルしてるので、爪をとぐ気にならないらしく、興味なし(笑)



1108093.jpg


むか~~し。

学生のころ、京都の弘法市で買った「古伊万里の蛸唐草の油壺」です。

普段はここに飾ってませんが(笑)記事のために、母の部屋から拝借

蛸唐草は、当時でもけっこう高くて、学生の身ではホイホイとは買えず、
母を誘って行って、「買わせた」もの

なので、今はスポンサーの手元にあるわけなのです(笑)

大した伊万里を持ってたわけではなかったんですけど、

阪神大震災の折りに、大皿とか、お鉢とか、ほとんど割ってしまい

その後、全く、手を出さず・・・

なので、今となっては、
我が家では貴重な(笑→骨董価値的には大したものではありませんけどね)古伊万里!


***

お着物好きな人は、たいてい一度は「骨董」にも興味をもたれるようですよ。

暑い夏の夜、この番組で、ちょこっと、「古い日本の美」に触れてみるのも一興かと・・・・

夜9時30分からです♪



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/288-db4fc6c7

トラックバック

コメント

[C440]

桐箪笥に朱漆なんて・・・お・さ・れ過ぎます! 骨董は分かりませんが、こんな箪笥あこがれます。
金具がたくさんついている物は重厚で雰囲気ありますが、
すみれ庵さんのは大きな金具がない分、すっきりと優美で女子限定な感じがします。
ジャパニーズラブリーかな?
きっと、昔サイズで一寸小ぶりなのかしらぁ~。欲しいなぁ~。(キズに強いのも高評価)
似たような物を見つけられたときは御連絡ください(結構本気です)。
私、蛸唐草好きです。小さくても存在感のある壺ですね。油壺なので実用された物でしょうか?
手書きの濃淡の藍と小ささが圧迫感無いので夏向きな感じがします。
私もプリントの蛸唐草煎茶器持っています(笑)。骨董の蛸唐草はどれも良いお値段がしていますね。
この柄を好きな方が多いと言うことですよね。
以前のブログで締めていらした「なでしこの夏帯」も古い物とか・・・
3品ともかわいいのですが、歴史がある分よけい愛おしく感じます。
古い物と素敵なおつき合いを実践されていて・・・あこがれます。
  • 2011-08-12 12:02
  • 八雲
  • URL
  • 編集

[C441] 八雲さま。

ほめていただいて、うれしいです♥
あはは~~実は私も骨董って、わかりません~~
古道具は好きですけど、自分の生活で使えないのはイヤですしね。
このタンスは、土台の桐もけっこう痛んでたのを修理、塗りで再生してるのがミソですね。
骨董の汚らしさがない(笑)ので、使いやすいです。
我が家は普通の家なんで、ごっつい金具のついた骨董家具はぜんぜん似合わないんですよね。
かっこいいなあと、あこがれてますが。
大きさも、キモノのたとう紙は入りません。
帯を入れて、余った横の隙間に半巾帯が収まる、まさに帯タンス!です。
このタンスの大きさは関西の桐箪笥ではポピュラーなのかも。
義母のタンスもこの大きさです。昔の人はちっちゃいですもんね。

染付の蛸唐草は今も人気なんでしょうかね?
この油壺はちょっと色が薄くてイマイチですけど、形がいいなと思ってます。
実際に油、入ってたかどうか(笑)わかりません~~

タンスの骨董屋さん、長いこと行ってませんが、
営業してはるはず(笑)調べておきますね♪

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム