Entries

菊の帯、再び♪團菊祭コーデ。

15日の團菊祭の時の締めていった帯を、着物を替えて再び、24日も締めて行きました。

この日は、また気温が下がって、23~4度。
でも、雨あがりのせいか、ちょっと蒸し暑い感じでした。

1105244.jpg

着物は、浦野理一工房の無地紬。単衣に仕立ててあります。

緑色がかったベージュというか、白茶というか・・・
縱糸に大きな「ふし」があるのが特徴の紬で、最初はごわごわでとっても着にくいです。

でも、なんともいえない独特の風合いで、とっても好きな着物です。

長襦袢は、古くなった白い紋紗の襦袢をグリーンに染めたもの。


1105247.jpg

この日は、歌舞伎を観たあと、夕方から「着る立場できものを考える会」の例会があって、
帰ったのは、夜10時まえ。一生懸命、直して撮ってますけど、タレとかにシワよってますね~

こういう同系色の着物と帯を合わせるのって、最近の流行り?かな?~~と、思います。


1105245.jpg

色がちょっと違いますけど・・・
帯締めは、白茶の5分紐で、帯留めは杉浦佳子さんの白磁に銀彩を施したもの。
帯あげは、薄いたまご色の無地縮緬です。


1105246.jpg


半衿、ちょっと判りにくいんですけど・・・
綿レース(これは、少し化繊も入ってるかも?!)の洋服地を半衿の大きさにカットして
ロックミシン(母にかけてもらいました~~)をかけて作ったものです。

ちょうど、ほどよく生なり色かつ、レースの大きさが半衿に合う生地ってなかなかないのですけど、
これは着物を選ばず、何にでも合いそうです♪

他にも白と水色の綿レースでつくりましたが、洗える素材のお襦袢に付けとくと、
半衿ごと洗えて、なかなか良いですよ。肌さわりも良いし。


1105243.jpg


この日は、朝から夜までお出かけ予定で、電車と徒歩。
ラッシュ時の地下鉄にも乗るので、帯(白っぽいですからね~~)を汚れから守る意味で
紗の羽織を着て行きました。

この羽織、実はアンティーク着物屋さんで見つけた男物です。
男物って、お袖の振りが開いてないの、御存じですよね?
で、脇のマチも作りが違うのです。

それが、裄も丈もそで丈もぴったり!私の寸法だったので、振りを開けてもらって
衿幅を少し狭めてもらってと、少々改造。

背中に同色の大きな縫い紋が入ってるのですが、ほとんど目立たないので
知らんふりして着ています。(笑)この時期、いろいろと便利。

こげ茶の地色から下のキモノが透けてみえて、紗の羽織ってなかなか風情があっていいのですよ。
(たとえ、本人に風情がなくても・・ネ

團菊祭のためのような帯なので(笑)、二回とも着られてまんぞく!

ま、しばらくお休みいただいて、9月か、10月に三度(みたび)登場?かな~~~
こんどは、本来の秋バージョンコーデでですよね。

覚えておかなくては~~~


***

この日、松竹座は平日昼の部にもかかわらず、
お客様に連れられた舞妓さん3人組(普段のお着物でしたが)と、
芸妓さんが1階席にいらしてて、華やかで良かったです。
キモノ姿もちらほら。客席から芝居見物の雰囲気が漂うと、舞台の上の役者さんも乗って演技が
できるというもの。ゆめゆめ、リュック背負ったような、カジュアルスタイルで歌舞伎には来ないで~と
思います。(3階席とか、幕見はOKですよ~~。浴衣に下駄でもね)
最近、幸いなことにその手の人は減った気がします。

若い、舞妓ちゃんに手を引かれたおじいちゃん(お客様だと思いますが
なんかイイ感じでかっこよかった。いい遊びかたをして来られたんでしょうか?!(笑)

舞妓さんや芸妓さんより、そういう遊びが出来るお客さんのほうが、絶滅危惧種なんでしょうねえ~~

日本文化、ここでも危うし!




この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/238-0a08b1a4

トラックバック

コメント

[C325]

紬ですけど、
袂の垂れが絹の重みを感じさせてエレガントですわぁ。
いつもより袖丈が長いですか?そんなことないです?
そして、
お襦袢、濃いグリーンなんですね。おしゃれ~♪

[C327] 菊之助みてみたい。

同系色って着慣れた感があるような気がして
(素人イメージ)素敵です~~♪
「菊×菊」もさりげなくて好きです
濃い緑がまたまた「く~~~っ!」って感じで
かっこいいです。大人のお洒落憧れます~

[C329]

ありがとうございます~~
ほんとですねえ~~なんか、袖が長く写ってますね!
でも、私の背丈からすると、普段から袖丈長いです。1尺4寸。
すべてのキモノを同寸にしてます。
ほんとは、やわらかもんと、紬類は分けるべきなんでしょうけどね。
振りが長いほうが好きなんで。関西好みですね。
好きな色やわあ~~というスカーフがあって
それを見本に染めてもらったグリーンです。
グリーンとパープルは、春秋の区別のない色な気がしますので、長襦袢とかべんりです♪

[C330] eriさま。

うふふ~~菊之助、みてみて~~♪
今、発売中の「和楽」6月号に特集載ってます。
素顔もきれいです~~(笑)でも、やっぱり舞台!
6月は東京。コクーン歌舞伎に出演です~~~(行けませんが・・涙)

キモノの合わせ方に、本来カラーコーデなどという考えはないようです。
白洲正子さんのエッセイにそんなような事が書いてありました(笑)
同色コーデって、完全に洋装の発想ですね。
まあ、すっきり、都会的なイメージにはなりますが、一歩間違えると、
貧相かつ地味(笑)気をつけねば・・・(自戒をこめて)

[C331]

すみれ庵さま

 浦野理一さん、素敵ですね! エレガントにすらっと着こなしていらっしゃる秘訣のひとつは、もしかしたら長めの袖丈かもしれませんね。いや、それにしてもきれいな色で、すがすがしいです。
  • 2011-05-27 11:33
  • たんぽぽ
  • URL
  • 編集

[C332] たんぽぽさま。

過分に褒めていただいて、恐縮です~~(笑)
この紬、ごわっとしてて、エレガントとは程遠いですけど・・・
写真映りがよかったんですね~~
ハイ!色は気に入ってます。一生着られそうでしょ?
あ、でも縱にぽつぽつ入ってる紬糸の感じが面白いんです~~
また見てくださいね。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム