Entries

暑いけど、キモノ。

雨コート着物+ひまわり帯 前

盛夏のキモノは7月、8月の2カ月しか着られません。。。
なのに、ほんとーに、なんで?!というくらい、
さまざまな種類の夏のキモノや帯があるんです。絹物には、紋紗、絽、羅、カベ上布、紗紬、生紬などなど、
麻には、越後上布、宮古上布、小千谷縮み八重山上布などなど、
木綿には、絞りの浴衣、紅梅、絽、しじら、子供の浴衣にあるリップルなどなど。
そうそう!芭蕉布や、シナ布、藤布、アッケシ織、などの、自然布も~~~
もちろん、最新素材のポリエステルも、さまざまな加工で麻以上に涼しいものもあるとか?!

この、蒸し暑い日本の夏をいかに快適に過ごすか・・・
いかに、涼しそうに見せるか・・・に、壮大なエネルギーを使ってきたんですね。。。

キモノは夏の衣服とつくづく思います。
夏は裸で居ても暑いんですから、涼しい顔して着たいものです。

私は麻のキモノを着た時のほうが、洋服で下着きっちり&ストッキングよりよっぽど
涼しいと思いますけどね。。。身八つ口(女物のキモノは、脇が開いてるのですが、その開きを
身八つ口というのです)や、後ろ衿からすぅ~~っと、風が入って汗がさっと引く感じがなんとも
キモチいいんです。夏こそキモノです!

と、いうわけで、先人の知恵を、無にしたくないっ!!!
わずか二カ月・・・うかうかしてると、着ないまま八月も終わりってことになるのですよね。
なので、今日もキモノ。
(すいません。反転直ってません~~~なんとかせねば~~~)

先日、祇園祭りに着てた、紗の雨コート地で作ったキモノに、生紬地に向日葵柄の更紗紋様の帯
を、締めました。下着は麻の紋紗の長襦袢、その下に、セオアルファという新素材ポリエステルの
ワンピース型の肌着を着てます。
私はそんなに汗かきじゃないので、この二枚で着物にまで汗が
通ることはないんですが・・・汗のかきかたも人それぞれ。
それぞれの工夫で涼しく快適に着たいですね♪

ひまわり帯 前アップ

夏には、レースの帯締め。
でも、ほんとは、帯締めは基本オールシーズン、OKなんだそうです。
コーディネイト次第ってことでしょうか。

ひまわり帯 うしろ

6月の真夏日に、この帯を縦絽の小紋に合わせて締めましたが、
その時の写真では、お太鼓の柄がちゃんと写ってなかったので、再び。
この生紬という帯地、張りがあっておおきく膨らみがち。
夏は、小ぶりのお太鼓のほうが涼しそうかな・・・と、思います。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/23-78d9fc0f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム