Entries

文楽四月公演

bunnraku110411.jpg

23日、土曜日。

お友達と、日本橋の国立文楽劇場へ、文楽四月公演へ行ってきました。

お正月公演に行けずじまいで、去年の秋以来の文楽劇場。

この公演は、写真にも載ってますが、綱大夫改め九代目竹本源大夫、清二郎改め二代目鶴澤藤蔵
の親子同時襲名が話題でした。

「源平布引滝」(げんぺいぬのびきのたき)という「源平盛衰記」を題材にした時代物。
五段構成の途中に「襲名披露口上」もあり、華やいだ雰囲気が舞台上にも漂います。

源大夫さんは、体調をくずしておられるとかで、この公演は口上のみの出演で、
さぞかし残念な思いで舞台におられたことでしょうね。

住大夫さんが、よどみなく格調たかく口上を進行されて、とても感動的でした。

襲名披露狂言は「源平布引滝」の「実盛物語の段」。

実盛の人形は玉女さん。実盛の大きさというのか人間の魅力がよく伝わってきてステキでした。
馬に乗った人形を扱うのって、ものすごく大変そうですけど、見ているほうはとっても面白い!

源大夫さんの代わりは英大夫さん。りっぱに大役を果たされてました。
新藤蔵さんの三味線、私にはその善し悪しを語る耳もないのですけど、意気込みっていうか
若さっていうか、そんな気持ちが伝わってくる演奏でしたね。

後半は、「艶容女舞衣」(はですがたおんなまいぎぬ)上中下三巻の世話物。
このお話と文楽の舞台の様子を和、輪、話
1go1exさんが、詳しくレポートされてるので、みてください。
(えへへ~~ズルイですよね~~、ゴメンナサイ!)

御一緒したわけではないんですけど、私もほぼ同じ感想をもったもんで~~

なんかねえ、文楽ってやっぱり「情」なんですよね。
特に、世話物の良さってこの歳になったからワカルってとこありますよね~~

私は今回、千歳大夫さんに大注目!
この公演はこのあと、東京の国立劇場です。大阪公演は相変わらず、夜の部に空席が目立ちます。
文楽発祥の地としては、情けない状況・・・

次回公演は、夏休み特別公演。(7月23日~8月8日短いのでご注意!)お子様向けもありますし、文楽に親しんでもらうための企画満載です。

文楽劇場って、関西の劇場の中で一番、座席がゆったりしてます。着物で出かけるにはぴったりです。
ぜひお着物で、お出かけくださいね♪


1104241.jpg

あ、そうそう!
私が見たのは、夜の部だったんですけど、昼の部では
「女殺油地獄」(おんなころしあぶらのじごく)って、(すごいタイトルでしょ?)狂言をやってました。
この演目は歌舞伎でもおなじみの近松門左衛門作。

初演は、1721年、大阪竹本座だそうですが、主人公があまりにひどいやつで、一回限りで昭和27年に
NHKラジオで取り上げるまで上演されなかったそうです。
本格的に舞台で上演されるようになったのは、昭和37年、大阪道頓堀文楽座からとか!

歌舞伎で当代の仁左衛門さんの当たり役として有名なので、そんなことはあまり良く知りませんでした。

その「女殺油地獄」に魅せられた、お二方(豊竹咲大夫さんと、塩昆布で有名な「神宗」の8代目の尾崎さん)
が、出されたのがこのDVD付きBOOK。

「近松門左衛門名作文楽考①」です。

って、ことはシリーズで出されるのかしら?
すごいなあ~~

まだ全部は読めてないんですけど、江戸期の大坂の情景をリアルに解説してあって
与兵衛の衝動殺人の背景がよーくわかる仕組みになってます。

写真もたっぷり。字も大きい(笑)けっこうけっこう~~♪

***
震災に配慮されて、会場では出演者がずらりと並んで募金活動もされてました。
幕間に、なんと!舞台を終えられたばかりの、人間国宝の住大夫さんが!
思わず、握手してもらっちゃいました~~

源大夫さんも文雀さんも休演で、住大夫さん一人頑張ってはる感じ・・・
どうぞ、お元気でいつまでもご活躍くださいと、言うと笑って「おおきに、ありがと~」と
やわらかく答えてくださいました。

文楽、頑張れ♪応援してます。





この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/215-b5b5f542

トラックバック

コメント

[C285] 文楽、良かったですね

この公演、すごく良かったですね。
英大夫も素晴らしかったし、新藤蔵さんもすさまじい迫力でした。
私のブログをリンクしてくださってありがとうございます。
DVD付きの本、こんなのが出ているんですねえ。文楽劇場で売ってました? 気がつきませんでした。
夏休み公演のときにでも買おうかな。

[C287]

ハイ!
ほんとに~~♪とっても、良かったです。
DVDBOOK、売店にありました。
私は、事前に新聞記事で知ってたもんで気がついたんですけど・・
講談社から出ています。
神宗の尾崎さん、
代々、文楽の後援をされてますが、
りっぱやなあ~~と、感激しました。ぜひ!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム