Entries

桜の帯で、書道展と山本能楽堂へ。

ようやく気温が平年並みにあがって、ホッとしましたねえ。

今日、近所の毎年楽しみに拝見するお家の桜、もう明日くらい開花?!という膨らんだつぼみを発見!

金曜には、最高気温18度という予報も出てるので、一気に咲くかしらん~~

桜は再生の象徴とか!

この春は日本全国で、とりわけ美しく咲き誇ってほしいです~~


***

さて、日曜日、

春休み中の娘とおでかけしてきました。

まず、最初は

大阪中之島のリーガロイヤルホテルのギャラリーで開かれた「書遊社」の展覧会。

娘の書道の先生方の展覧会です。


1103274.jpg


多彩な作品がずらりと並んで、壮観でした。

こちらは、主宰の北田竹邨先生の「祇園精舎」

娘も「こんなふうな表現もできるんだ~~」と刺激を受けた様子でした。

素敵な作品を拝見して、目を肥やすのもとっても必要ですよね!


このあと、山本能楽堂へ。


1103304.jpg


「桜景色三色」と題して、
「桜」をテーマに、「能」「文楽」「落語」の三演目が楽しめる趣向の会でした。


講談師の旭堂南海さんが、講談でナビゲーター役をつとめ、

まずは、「能」の「吉野天人」
下界の桜に誘われて、天女さまが降りてこられて、「五節の舞」を舞うおはなし。
お謡いも舞も、典雅。衣裳もきれい~~

続いて、「文楽」の「義経千本桜より、道行初音旅」
御存じ、狐忠信のお話ですね。
いつも、文楽を拝見するときにお世話になっている、人形遣いの吉田玉女さんが、忠信。
能楽堂の舞台で、文楽?!どうなるの~~?!と、実はとっても楽しみでした!

いや~~、常には決して見られない、人形遣いさんたちの足さばき?をたっぷり拝見。
とっても面白かったです。

しかし、普段は見えない(見せない)はずの足使いが、実に美しいんです。
まるで舞をなさってるかのよう~~

狐ちゃんも登場したし、華やかで判り易いしで、

文楽は初めての娘も喜んでおりました。
こんどは、ちゃんと文楽劇場へ連れて行かねば~~~

最後は、「落語」の「百年目」
普段は、謹厳実直な商家の番頭さんがこっそり花見に繰り出したものの、そこでお店の旦那さんにばったり!

昔の商人のお話で、お花見の様子も今とはずいぶん違うわけで、意味がわかるのか心配しましたが、
そこは、桂宗助さんの腕でしょう!
「うん♪よくわかったよ~~でも、最後の百年目~~っていう意味が判らんかった」とか・・・

やっぱりね・・・

この会、今回は3度目らしいのですが、会場満席でした。
「三色だんご」とお茶もついて、まさに「お花見」気分~~~楽しかったです


で、私のキモノは、杢グレー無地の結城紬。


1103271.jpg


帯は、塩瀬の染め帯にあとから、日本刺繍を足してもらったもの。


1103272.jpg


もともとは、こんな感じの簡単なプリント染めでした
何年か前に、どこかのバーゲンで格安で見つけたもの。

地色もベビーピンクで、総柄。こりゃ、私が締めるにはかわいすぎるので娘用かな~~~と。


1103301.jpg


それにしてもあんまり、染めがのっぺりしておるので、ちょっと刺繍を足してもらう事に。


1103302.jpg

結果、グレーの色とか入って、ぐっと大人っぽい帯にヘンシーン

当初の予想より、
たっぷり(っていうか、お太鼓もタレも全面に!)刺繍が入って豪華になったし。

この時期、ぴったりの帯となりました~~


1103273.jpg

帯あげはグレーの無地縮緬、帯締めは帯と同色のベビーピンク。

ついでに「桜色」の羽織があればいうことなし!なんでしょうが・・・
そんなのは持ってないので

グレーの縦縞縮緬無地の羽織で。

日曜日は肌寒くて、これにまだカシミヤショールと手袋が必要でした。


娘と二人で、なかなか文化的な一日となりました♪

ま、おいしいケーキをおごるから~~と、釣ったんですけどね~~(苦笑)

それにしても、先日の「上方伝統芸能ナイト」といい、コレといい、山本能楽堂さん頑張ってはりますよねえ~

伝統芸能を身近に!という心意気が伝わってきます。

次回もぜひ拝見したいです~~~










この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/197-3ab56dc1

トラックバック

コメント

[C263] 素敵です~

地味系の着物に華やかな帯の組み合わせがとってもおしゃれで素敵です~。
刺繍を足すなんて、贅沢ですよねー。
お嬢さんと一緒に行かれたんですね。
お嬢さんも楽しまれたようで、ヨカッタ。
人形遣いさんの足さばきが見られたなんて、私も行けばよかったです。

[C265]

ありがとうございます。
冬場のキモノ、同じような無地っぽいのばっかりですよねえ~~(苦笑)なんか、ついつい。
帯で変化みたいなのが、落ち着くんですよね。
やっぱり、洋服感覚なんでしょうねえ。
刺繍を足すの、正解でしょ?
変わり方が予測がつかないのが冒険かつ面白いです~~
ハイ!この会、とっても人気だそうです。
ほんとに、足もとの動きが優雅できれいでした。
文楽のあたらたな魅力を発見の気分でしたよ。
次回はぜひ!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム