Entries

瀬戸内国際芸術祭2010

先週、友人二人と瀬戸内国際芸術祭に、行ってきました。今回はその、会場の一つである犬島で
劇団維新派の公演が行われたので、それを観るのがメインの旅です。

高松

まずは、高速バスでスタート地の高松へ。
高松って、JRの駅と港がすぐそばなんですね。
こんな作品がお出迎え。

250うどん

高松といえば、うどん!
ホテルの人に聞いたら、すぐ近くの商店街の入り口にある地元の人でいっぱいの
セルフサービスのお店を教えてくれました。親切♪
これ、「ゆずこしょう味の鶏肉うどん」高松では、うどん一玉が小盛り。
なんと!240円!!!
かりんとう好きの私・・・思わず買ったんですが、これはイマイチでした~~~

犬島 インフォメーション300

いよいよ、高速船で犬島へ。
船着き場のインフォメーション&カフェ。

かき氷250

連日の猛暑日のこの日。
島も暑かった~~~
すぐにこのかき氷に飛びつきました。
「梅しそ味」なんですよ♪口の中がさっぱりしておいしかった~~~

いぬじま精錬所煙突

犬島では昔、銅の精錬が行われていて、その遺構を利用して
アート・環境・建築というさまざまな視点から巧みに保存・再生させた美術館、
家プロジェクト・維新派の野外劇の舞台が。小さな島ですが、見どころがたくさん。
島のどこに立っても、風景が美しい。。。

維新派アプローチ

舞台へのアプローチ。
この橋を渡って、客席へ。
ここ数年、維新派の公演を観ていますが、去年、琵琶湖で、野外公演を初めて観て感激!!!
今回の犬島公演も絶対観たかったんです!
期待どうり、とても面白かったです。
日が暮れるにつれ、涼しい風が吹きキモチよかった~~~ちょっと、うとうと。。。

綱渡り

維新派野外公演の名物は屋台村。
公演の前後に、こんな大道芸もあったり、エスニックな食事やお酒を提供する
いろいろな屋台があって楽しい。今回は、大阪の谷町にある美容院のスタッフが交代で
来てなんと!「さんぱつ屋さん」を開店。いっしょに行った友人は公演の始まる前に、さっぱりカット
してもらってました。私は兵庫県の三木市ではちみつを作ってる若いカップルの手作り
ジンジャエールが美味しかったです。はちみつを買って、作り方も聞いたので家で作りたい!

女木島 作品

公演後、遅くに特別便で夜遅く高松にもどり一泊。
翌日は小さなフェリーで女木島へ。
ここは、別名「鬼ヶ島」
島の小高い山に、全長400メートルにも及ぶ洞窟があるのです。
この洞窟、なんと人が掘ったらしいのですが、詳しい事は全く不明らしく
ただただ、桃太郎が鬼退治に来た島で、鬼が財宝を隠してた洞窟という伝説になってるようなのです。
洞窟内の芸術祭参加作品の一部。
実際は暗くて、もっと、幻想的。

鬼ともも太郎

同じ洞窟内に、キュートな鬼さんたちの巨大な像が!!!
他にも、桃太郎君とか、隠してた財宝とかも見られます~~~
高尚な芸術作品と堂々と勝負してました!

男木島 雲と作品

また、フェリーに乗って、隣の男木島へ。
船でほんの20分ですが、全く風景が違うのが面白い。
尾道みたいな、せまい階段状の道沿いに民家が。廃屋を利用して、
さまざまな作品がみられます。
こちらは、海岸にある作品。船の帆の土台はピアノ。
遠くの雲の形が面白くて一緒に撮りました。

女木島も男木島も海水浴場として地元の人には親しまれている様子。
でも、とっても空いてて(笑)海はきれいだし。おススメです♪遠いですけど・・・
瀬戸内芸術祭2010は10月31日まで。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/19-0a2130bf

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム