Entries

我が家の「兎さん」たち♪

私がキモノにこんなに魅かれる理由の一つに、文様の文化があると思います。

ひとつひとつの文様の成り立ちに意味があって、日本人の祈りや願いがこめられていることを、
知れば知るほど、面白い!からです~~~

皆さんにもお伝えしたいっ!と、

度々、キモノの紹介の折りに「○○文様」ですとかって書いてるんですけど、

まあ~~~、多種多様で、私の紹介能力を越えてしまうので、
できるだけ触れないように(笑)してきたんです。

好きゆえに、調べだしたら大変なんですもん

知ったかぶりでウソは書きたくありませんしねえ・・・

私は研究者でもないので、知識が生半可、且つ偏って(好き・キライが基準なんで)ますし。

なので、愛想なく簡単な説明になりますが(たぶん、これからも)ご容赦くださいね。



***


で、今年は「卯年」。
動物の文様って意外に少ないのです。
ちなみに私は「申年」なんですけど、お猿さんの文様って、ほとんどありませんねえ~~

でも「うさぎ」は姿が愛らしいので、キモノや帯や、他の工芸品にもよく登場しますよね。

我が家は母が卯年うまれなので、家の中にけっこう「うさぎ」さんが居ました!

今日はそのご紹介♪


1101052.jpg


いつ、どこで買ったものやら・・・
ずっと、母の部屋の片隅で埃かぶってたんですけど
クリスタルみたいですけど、たしかに「うさぎさん」
お正月なんで、南天の実を活けてみました。


1101053.jpg


これは、京都の漆器屋さん「象彦」の竹のお皿。
たぶん、12年まえの卯年にお正月用に買ったものと思われます。

以来、毎年お正月のおせちの取り皿として使ってます。
漆の赤って、「日本の赤」って感じで大好きです。


1101054.jpg


この子は、娘がまだ小学生のころ、初めて行った京都の知恩寺(たぶん)で
毎月行われてる「手づくり市」で買ったもの。

すっかり存在を忘れておったのですが(そんなんばっかり~~)、
暮れに娘の部屋の、ぐちゃぐちゃのクロゼットの中から救い出されました!

この子、初めから、キモノ姿で、
なんと!あと、秋柄のキモノと、服地で作った(母が)モダンなキモノ、3枚も持ってるんですよ~~

もう、6~7年前のこと。

手作り市、今でもやってるんでしょうか?!

この「うさぎちゃん」は、縮緬製。忘れられてたおかげで、汚れずキレイです(笑)


1101061.jpg


これは、龍村製のお茶で使う「古袱紗」です。

どこかで、見たことありませんか?(昔、教科書に載ってたかと・・・)

奈良の中宮寺にある国宝「天寿国繍帳残欠」の縫いの文様の一部を、
経錦「天寿国繍兎文」として織りだしたものです。

古代中国の伝説から、兎が仏の宝瓶を得てよろこんでいる姿態をあらわしているそうです。
この、月兎の文様が日本の「月でお餅つき」のうさぎのイメージに転化して行ったようですね。

まわりに亀も居ますねえ。亀の背に四字づつの銘文が入ってます。

(もうねえ、これ以上書くと、一日終わるんんです~~笑)


上に載せた「うさぎさん」は、二日にむら田さんでお年賀に頂いた
京都のお人形屋さん「田中彌」さんの陶器製の「ようじ入れ」。

(もう、そろそろ十二支揃うんじゃないかなあ~~~並べてみなくちゃ!)


1101055.jpg


やっと、キモノ関係(笑)

これは長じゅばんです。

匹田文様を織りだした生地に、うさぎさんと、桜の花びらが市松に配置されてます。

黒地に白なんで、きっぱりして、袖口から見えたときもキレイです。

何年か前に豊中の呉服屋さん「織元」さんで頂いたもの。
私はこちらの長じゅばんのお仕立てが、着易くて一番好き♪


さて、私は明日から二泊三日で東京です

二年ぶりくらい?なんで、とっても楽しみ!

お正月だし、歌舞伎も観るので今回も「キモノ旅」でと思ってます。

今から、この長じゅばんに半衿付けて、3日分のコーデを考えねば!



東京リポート、ちょっと先になりますけど、楽しみに(笑)お待ちくださいませ~~

ではでは、行ってきまーす♪



















この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/139-a7303506

トラックバック

コメント

[C142] 玉三郎? 浅草?

私も文様にはとても興味があります。
奥が深いですよね。
お茶ではお茶入れの仕服や古ふくさ、床に掛ける軸の表装などにさまざまな文様が使われます。
古い伝統のある文様ってとても魅力的ですね。

ところで東京で歌舞伎というのは玉三郎ですか? それとも浅草の花形歌舞伎?
どちらにしても羨ましいなあ。
リポートを楽しみにしています。

[C145] 1go1exさま。

うふふ~~♪
私の贔屓は音羽屋です~~~(笑)

歌舞伎はおもしろい文様の宝庫ですよね!
キモノは、あらゆるジャンルの和文化に繋がってると、
つくづく思いますね!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム