Entries

文楽錦秋公演へ

昨日は、日本橋の国立文楽劇場へ、行ってきました。

大阪発祥の文楽は、私たち大阪生まれの誇り!!!

年4回の大阪公演はかかさず観たいと思いながら、7月公演は見られず・・・
4月公演以来、久しぶりの文楽でした。


5887_1[1]1


今回は、上方銀花さんにチケットとお弁当のお世話をお願いしたので、夫と二人で気楽にお出かけ。


「嬢景清八嶋日記(むすめかげきよやしまにっき)」の主役 景清を吉田玉女さん。

盲目の落ち武者の悲哀と、娘への愛情。とっても難しい役どころですよね~~~
人形が大きくみえて、景清という人物が立ちあがってくる感じ。。。すばらしかったです

これは、父娘の愛情もの。

「近頃河原の達引(ちかごろかわらのたてひき)」

私、これは初めて拝見。

文楽は「太夫」さんと、「三味線」と「人形使い」の三者が一体となって演じられるものですけど、
この演目はその醍醐味がみごとに味わえる面白いものでした。
これは、親子愛、兄弟愛、男女の愛・・・
まあ、江戸時代も今も人の心は変わらないんですね・・・
表現の仕方は変わったでしょうけど今はそれが問題?なのかも~~

後半には、罪を犯した恋人といっしょに行きたいという妹を不器用な兄が
猿回しの芸をはなむけに見送るのですが、このおさるさん、まあ、言ってみればただの指人形で
両手のぱちぱちたたくような動きしかできないんですけど
(一人で二匹の猿をつかうので、片方の手に一匹づつ)
鶴澤寛治さんと、(お孫さんかなあ、)鶴澤寛太郎さんの三味線の掛け合いで、
まあまあ、ほんとに愛らしいお猿さんに見えて、
それを使う兄の人形がほんとうに猿回しをやってるかのよう。
太夫さんの語りと、人形使いさんと、お三味線が三位一体となって、クライマックスへ!

いっつも思いますけど、舞台にずらりと人間国宝が何人も並んで演じてはるわけで、
これで5800円は安い!!!

昼の部は有名な「八百屋お七」です。21日までですけど、ぜひ!!!


bunkaku1011171.jpg


この日は料亭「川富」さんの豪華お弁当付き

美味しかった~~でも、25分では食べられなくて、もって帰って完食~~



                 bunkaku1011172.jpg




銀花オーナーのJ子さん。洛風林の袋帯と、柳崇さんのお着物。この帯初めて拝見~~~
面白いわあ


                 
                    bunkaku1011173.jpg



市松の大島に、やはり洛風林の八寸名古屋帯。大島はこれくらい大胆な柄が素敵ですね~~
帯も、ほんまに「ヘンかわいい!」
好きです~~~



銀花さん御一行さまは、総勢20数名、皆さんすてきなお着物姿!
スバラシイ~~~

文楽とおまけの眼福でした~~~~~










この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/108-dc84fbb7

トラックバック

コメント

[C64]

先日、上方銀花さんにうかがった際、
J子さんが文楽を応援していると仰っていました。
みなさんで総見されるんですね。
個性的な装いの方が集まられたのでしょうか?
迫力でしたでしょうね。

[C65]

銀花さんでは、春と秋に皆さんで行かれてます。
来年は新春公演も行かれるようです。
ハイ!南座に来はる祇園のお姉さん方にも負けてないかも~~それはもう、華やかでございます!(笑)
その内、銀花さんブログにも紹介されるのでは?!

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム