FC2ブログ

Entries

七月大歌舞伎へ(松竹座→道頓堀、天神祭り宵宮)

今日は、7月27日です♪
松竹座での七月大歌舞伎は千秋楽でした!
今年は、大阪の夏の歌舞伎を盛り上げて来た「関西・歌舞伎を愛する会 結成四十周年記念」の公演でした。
私は昼の部を18日、夜の部を24日(天神祭りの宵宮の日)に観てきました(^.^)

昼の部の演目は、
「色気噺お伊勢帰り」→松竹新喜劇の歌舞伎化です。藤山寛美さんの役を鴈治郎さんが、小島秀哉さんの役を芝翫さんが演ってなかなか面白かったです♪新喜劇同様、大いに笑えましたよ!
「厳島招檜扇  日招ぎの清盛」→平清盛が傾く夕日を扇で招き返したという伝説を基にした演目。我當さんが病からの懸命のリハビリから3年ぶりに復帰されました!
そして💕
「義経千本桜」の渡海屋、大物浦です♪
この仁左衛門さんのポスターを大阪の地下鉄の駅で見かけた方も多いのでは?!

五月にリーガロイヤルで開かれた仁左衛門さんのトークショー「松嶋屋夜話」でも話されてましたけど、ご本人的には関西では「碇知盛」を演るのはこれが最後と。

いや~落ち行く平家の武将知盛。
かっこいいのですよ~打たれ方が美しい~(^.^)

実は知盛になる前の、船乗り銀平もめちゃくちゃかっこいい!!!縞の着物にアイヌの衣装の厚司(あっつし)姿。

この目付き💕
ファンでなくても、クラクラしますでしょう?!(笑)
思わず、舞台写真を買ってしまいました(^.^)
そしてそして💕
私のご贔屓の尾上菊之助さんは、この義経千本桜で初役の義経を♪これはもう、菊之助さんだからこそのお役でございましょう!!!
気品溢れるこれぞ二枚目!!!

24日は天神祭りの宵宮の日。
ここ数年、七月大歌舞伎の夜の部はこの日に観ることが多い(^^;;です。
夜の部は、
「芦屋道満大内鑑」の葛の葉→こちらは、時蔵さんの女房葛の葉と、ご子息の萬太郎さんの安倍保名でした。「恋しくば尋ね来てみよ和泉なる 信田の森の恨み葛の葉」の和歌を障子に書き残す場面が有名♪歌舞伎では実際に時蔵さんが筆を持って書くのです。「信田の森」が左手で書くから反転した文字になり、「恨み葛の葉」はぐずる童子(のちの安倍晴明(^^;;)を抱いて手が使えないので口に筆をくわえて書くのです(^.^)そこが見どころ。
歌舞伎では信田の森道行の場で、追っ手の奴との華やかな立回りのあって悲しくも華やかです♪
二つ目は、

このポスターにもなっている
お祝いごとの演目で、「弥栄芝居賑 道頓堀芝居前の場」。
出演の俳優さん達がズラっと並んで、様々に口上。手拭い撒きあり、大阪締めありの、関西・歌舞伎を愛する会 結成四十周年記念の御祝儀気分に溢れる華やかな一幕でした!
そして、全然期待してなかったけど(^^;;めちゃくちゃ良かった最後の演目、
「上州土産百両首」
ご覧のように菊之助さんは、自身の美貌も流麗な台詞回しも捨てて、少し頭の弱い「ドジ」な元スリの牙次郎役。
その兄貴分役の正太郎は、芝翫さん。
この演目は、昭和8年に初演されたもので、「金色夜叉」とか「不如帰」を脚本化した川村花菱という人が、アメリカの小説家オー・ヘンリーの短編「二十年後」を下敷きに、正太郎と牙次郎の二人の幼馴染の友情と信頼を描いた作品だそうです。
オー・ヘンリーと言えば、あの「賢者の贈り物」とか「最後の一葉」とか書いた人!
番付の上演記録によると、昭和8年の初演時には6代目菊五郎が正太郎、初代吉右衛門が牙次郎を演じてるので、菊之助さんには縁がある演目なのですね~(^^;;
いやあ~菊之助さんの人柄が滲み出るような、
純で可愛らしいドジな牙次郎と芝翫さんの牙次郎を思う情愛溢れる正太郎の演技に涙腺決壊しました~(^^;;
この日は二階のバルコニー席で観てましたけど、会場のあちこちにから啜り上げる声が(^^;;歌舞伎ではあんまり体験した事ないなぁと思いながら、私もハナかんでました(笑)
オー・ヘンリー原作ですからねぇ!
いいお話なんです!
そこに歌舞伎役者さん達の演技の「ワザ」が加わるとストレートにに胸に響きました!

菊之助丈の、新たな魅力を見せてもらいました💕綺麗な女形姿の菊之助さんが見られなくて残念でもあったけど、役者としての幅を広げていかれる姿を拝見出来るのは、ファンとして大いなる喜びですからね~♪
あ、この演目では、唯一というべき悪役(みぐるみの三次)で芝翫さんのご長男の橋之助くんが出てます。嫌なヤツを一生懸命演じてて好感持ちました(^^;;難しいよね~嫌なヤツって(^^;;
ついこの間まで、まだまだ少年な雰囲気だったのにすっかり大人の男が出来る役者さんになったのね~と(^^;;

二階のロビーには、関西歌舞伎を愛する会40年の公演ポスターがズラリ!

懐かしい「十二夜」のポスターもありました!
え?!これ、10年前だったの?!
と、びっくりしました(^^;;
そうよね~(^^;;菊之助さんも、三児のお父さんですもんね~(笑)

実は、18日にも、24日も着て行ってた着物は、
この「十二夜」の菊之助さんを観るために誂えた竺仙の「乱菊模様」の絹紅梅だったからです~(^^;;
「えー?!この着物10年も着てるの?!」と。
7月歌舞伎に菊之助さんが来るのは5年ぶり(^^;;なので、そうは袖を通してないのですけどね(^^;;

24日は、むら田さんの麻の八寸を。

18日は、芭蕉布の無地の九寸名古屋帯を合わせて行ってました。
この10年の間に、絹紅梅の浴衣はあんまり見かけなくなってしまいました(TT)
大柄で派手になりつつありますが、何より軽くて涼しい生地なので大切に着たいと思います♪

終演後の松竹座前は、いつにも増して大賑わい♪

折しも、道頓堀には、翌日の船渡御の列外船のドンドコ船の試験漕ぎ?!で見物のお客さんで人だかりでした!

川面にネオンが映ってキレイです♪
お祭の鐘と太鼓に合わせて漕ぐ唯一の人力船です♪

船渡御の船の運行に関わってる私たちの小、中時代からの友人達に偶然にも遭遇して、思わぬ楽しい宵宮となりました!!!
この翌日の船渡御には、このドンドコ船と同じく列外船である文楽船の供奉船に乗せてもらい参加しました♪
船渡御の様子は次のブログで(^^;;しばしお待ちくださいませ~(^^;;
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/1051-d247d1a5

トラックバック

コメント

[C1518] 参考に。

こんにちは。毎日暑いですね。
先生のブログを読んで、暑い日の装いのお勉強( ..)φメモメモ

8月に南座の超歌舞伎をママ友が初観劇するらしいです。
「着物のしきたり、あるのかしら?」と心配していましたので、先生のブログ紹介してみました。
素敵な先生ね~上品でお着物似合うと大絶賛でした。(o^―^o)ニコ

[C1519] Re: 七月大歌舞伎へ(松竹座→道頓堀、天神祭り宵宮)

わーい♪
ミカさん、お久しぶりです!
連日の猛暑、またしばらく続きそうですよねぇ(^^;;


あら💕
超歌舞伎にお着物ですか!
良いですねぇ〜

歌舞伎の本舞台でも、ましてや襲名公演とかのお祝いでもないので!普段着きもので大丈夫です!

ただ、足元は下駄(底にゴムが貼ってあればOK)など音のするものはダメなのは、洋服も同じです。
私は3日に、文楽は浴衣で行きました(笑)

お友達には、ぜひぜひお着物も歌舞伎も気楽に楽しんで来ていただきたいです♪
私のブログが参考になれば、超うれしい😃(笑)です!
  • 2019-08-05 09:58
  • すみれ庵
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム