Entries

市川亀治郎のじゃじゃ馬馴らし

今日はもう、15日ですね~~今夜からまた寒くなるそう・・・
お出かけが続いていて、UPがなかなか追いつきません。。。

さて、土曜日
市川亀治郎主演の蜷川シェイクスピア「じゃじゃ馬ならし」を観てきました。


saitama10-2-thumb-200x281-1544[1]


去年、おなじ蜷川演出の歌舞伎「十二夜」で、亀ちゃんを観て、ファンになった友人が
チケットの手配をしてくれたので、私はなんの予備知識もなしに出かけたのでした・・・

右上が亀治郎さん。(なぜか、ユーミンそっくりです

亀ちゃんも筧さんも、妹娘役の左下の俳優さんも、上手かった~~~

でも。。。
「シェイクスピア」があかんのか、「蜷川演出」があかんのか、
私はあんまり好きになれませんでした。。。ファンの方、ゴメンナサイ

張り扇みたいな木?の板で、やたらとお互いをたたく演出、
吉本新喜劇なら笑えるんですけど、ぜんぜん笑えない~~~~~~

でも、皆さん、いちいちドット笑うんですよね。
ずれてるのかな、私。疲れてたのか、私。う~~~ん。。。

まあ、でも、
亀ちゃんの、ドレス姿、ダンス、キスシーン。

じゅうぶん、満足です~~~~


もちろん、私はキモノで。


beni1011131.jpg

いつもながら、帰宅してから撮るので、電気のあかりのみ。
すると、やっぱり黄色くなりますね。


beni1011151.jpg

本来はこの下のほうの「本紅色」。大人っぽい、赤色です。

前に紹介した、豊中の呉服屋さん「織元」さんでつくった羽織の第1号です。
もう、十数年前になるかも。
さすがに、ちょっと赤いかな~と、思ったんですけど、
下のキモノが地味なので、ま、いいか。

今年も着ましょう!!!

もともとは、鬼しぼ縮緬の色無地キモノとしてつくられてた反物。
なので、同じ色の八かけ地も付いていました。

羽織をつくった後の、残りの縮緬地と八かけ地で、「名古屋帯が出来ますよ~~」と、
女将さんの提案で、羽織とお揃いの帯を初めてつくることになったのです。

まあこれが、大ヒット

ちょうど、長羽織がはやりかけの頃で、着て歩くとよくほめられましたよ
じっさい、無地って、色の相性さえよければ、下に着るキモノを選びませんからね。
便利なんです。無地の帯も同じ意味で、重宝。

で、羽裏も楽しいでしょ?!
これは、櫛・かんざしを散らした柄です。

織元さんのとこでは、常時、楽しい色・柄の羽裏を用意されてて、
納得の一着を、「誂える」楽しみを、味わえます♪





この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/105-53e6fdfb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム