FC2ブログ

Entries

文楽4月公演 第1部へ。「仮名手本忠臣蔵   大序~四段目)」

平成も残りわずかとなりましたね~(^^;;
今日、近所の信金のATMに行ったら、見たこともない(^^;;人の列が出来ててびっくり!!!
そうか~今週末から10連休に入るのね~(≧∀≦)
☆☆☆
さて。

先週末、4月文楽公演の2部「通し狂言 仮名手本忠臣蔵」の大序から四段目までを観てきました♪

今回の公演は、四月、七月、十一月と、三期に渡って全段上演する「通し上演」となってます。通しで上演されるのは6年ぶり。
6年前は、昼夜での通しだったので、1部も2部も上演時間が5時間超えで(^^;;お尻が痛かった記憶が…(笑)

 今回も、こころやさんのご案内での鑑賞会でした♪終演後、高師直でご出演の勘十郎さんが舞台上を様々とご案内下さいました。
お疲れのところ、ありがとうございました😊

今回の番付の表紙は、塩谷判官の衣装「鬱金繻子大紋」です。
三期連続の通し上演は、大人気で土日は早々とチケットが売り切れたそうで、この日も補助席がずらっと並んで、満員御礼でしたよ。
改めて、6年ぶりに観て、やっぱり面白いなぁ~良く出来てるドラマやなぁと思いました!
七月公演、待ち遠しいです!!!

今回の公演は、国立文楽劇場の開場35周年記念公演です。1984年(昭和59年)3月に開場して、第1回公演は、4月6日~25日までで、演目は「寿式三番叟」と「通し狂言 義経千本桜」だったと、『ぶんらく暦ー春』というコーナーに演劇評論家の廓 正子さんが「平成を生きて新時代へ  桜、勘十郎、玉男の想い出」と題して書いておられます。
実は、わたくし、35年前の第1回公演に行っております♪
ですが、廓さんがここに書いてはる二代目桐竹勘十郎さんが演ったという「見台抜け」というのは全く記憶しておらず(^^;;

当時、一緒に観に行ったはずの家人に聞いてみますと、開場記念番組の録画がある!との事で俄かアーカイブ放送で探してみたらば!
ありました!!!
コレですね~💕
この頃、「ケレン」な演出が流行ってましたからね~今、文楽で演ってませんよね?!
いつからやらなくなったのかしら?!

番付もちゃーんと置いてありました!!!
35年前から同じスタイルですね~(^^;;

で、こんな写真も見つけました!!!
コレ、35年前のわたくし(^^;;
前回記事で、ミホミュージアムに着て行ってたおんなじ着物を着てます~(^^;;
合わせてる帯ほ、紅型を習ってた母が染めてくれた塩瀬地に蝶々を染めたものです。当時から春に着る着物だったんですね♪
なんかオデコ出してますな(≧∀≦)
長ーいこと、前髪ぱっつんの市松さんヘアだったのですが、結婚前後のみの激レアスタイルで写ってます~笑えます~(^^;;
☆☆☆
廓さんの文章から、思わぬタイムスリップでしたが、つくづくと好きな物は変わってないなーと妙に感心しました(笑)
この日は、これも20年くらい、春になると着ている(多分(^^;;十日町紬)変わり格子の着物に、二重紗の羽織りで。

とっても不思議な織物で、表は全く黒一色なのですが(^^;;、

裏には、こんなにカラフルな色の雨絣が入ってます!!!
何年か前の本町キモノ・フリマにこころやさんが出されたのを分けて頂きました。
反物の段階で撥水加工されてて、昔は雨コートに仕立てる方が多かったよう。
何とも言えない透け感が好きで、前から欲しいなぁと思ってたので、見つけた時はとっても嬉しかったです!
不思議な味わいで、面白い織物だと思うのですけど、残念ながら、もう織られていないそうです~(TT)

しっかりした紬地なので、これも胴裏抜きの仕立てにしてあります。

帯は、京都のOMOさんのレース地で仕立てた二部式帯です(^^;;真っ黒でよくわかりませんが(^^;;

帯留めは、kosodeさんの今年の新作の「薔薇」です。なんとかいう天然石(^^;;を彫ったもの。
タカラヅカ観劇の時にイイかも~🌹と手に入れましたけど、
ピンクから白のグラデーションの色も自然の色なのですが、愛らしい春の色が黒地に映えるかな~と、付けて行きました。
結果、「忠臣蔵」とは何の関係も無いコーデとなりました(≧∀≦)
☆☆☆
この日、ステキな白大島のお着物で、ご一緒してくれたのは、高校の時からのお友達M子ちゃん♪

あの十代の頃に、還暦過ぎてお互いキモノ着て文楽楽しんでるなんて、想像だにしなかったよね~~(≧∀≦)と、お喋りは尽きないのでした!
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/1042-01b99770

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム