FC2ブログ

Entries

文楽4月公演 第2部へ。「祇園祭礼信仰記・近頃河原の達引」

ノートルダム寺院が火災で焼失(T-T)
フランスの国民のみならず、世界中にショッキングな悲しいニュースから始まった今日ですが、、、

今朝の我が家の庭の「ヤマボウシ」です。
毎日、成長!!!
良いお天気で新芽の色がキレイ~💕と、ベランダから写真を撮っていたら、、、
何やら視線を感じて、、、(≧∀≦)

葉っぱの先を探して見たらば!
8ちゃん💕
そんなところで日向ぼっこですか~(笑)
ああ~(≧∀≦)
毎日の当たり前な風景が、突然消えて無くなる理不尽にも思いをはせながら、生きて行かねばならない、、、
そんな事を考えつつ、、
私のキモノ・ブログを綴ります(^^;;
☆☆☆☆☆
快晴ながら、少し肌寒かった月曜日に、大阪日本橋の国立文楽劇場へ。

劇場前の桜🌸は、ほぼ散ってしまってましたけど、

足元の花びらには、まだほんのりピンク色が残っていて綺麗でした♪
今年の桜🌸は長持ちですよね~(^^;;
我が家の周辺はまだ、咲き残ってる桜🌸がありますよ。

開演時間まで、一階にある展示室へ。

初心者向けに、文楽の世界を視覚的に見せる展示が色々と。その中に、人形遣いさんの三人の姿勢をリアルに表現したマネキンや、

大夫さん、三味線さんの演技中の姿勢を、

とってもリアルに、再現したマネキンに
釘付けでした!!!ほんとに良く出来てました!なかなか、後ろに回って、大夫さんや三味線さんの足がどうなってるかなんて、見ることはできませんものね!
三味線さんが小柄に見えるのはこういう格好してるからだし、大夫さんが大きく見えるのもこういう姿勢で語るからなんですよね(^^;;

マネキンのお二人、ちゃあんと、文楽劇場の紋入りの紋付き着てますしね💕

四月文楽から三期連続で一部では、通し狂言「仮名手本忠臣蔵」が上演されてて、話題はそちらへ行きがち(^^;;ですけど、二部も、とっても面白いのです!
時代物の「祇園祭礼信仰記」と世話物「近頃河原の達引」の二本立て。
どちらも文楽の演出の面白さが存分に味わえるので、初心者さんにオススメです♪
「祇園ー」の方では、金閣寺の満開の桜🌸が楽しめますし^_^、
そしてなんと言っても、「近頃河原の達引」の「堀川猿回しの段」に登場するお猿さん二匹の演技力に注目して欲しいです~(笑)
とってもキュートです!!!
文楽のどの演目も人間の「情」を、語ります。あなたの喜びも悲しみも、私と共有しましょう!って事かと、私は解釈してますが、そこが三百年余も、人の心を動かす要諦かなと(^^;;
よもやこの世から「情」は無くなりますまい!
ノートルダム寺院の再建も、わずか数時間で寄付を申し出た富豪の方々もあり、たくさんの人の「情 」、なさけが、結集して実現することと思います。
文楽も同じく「世界遺産」ですからね!
どちらも頑張って!!!と、いいたいです。
まずは、関心を持って応援することですよね。
ぜひ、文楽劇場に足を運んで、先ずは見て頂きたいなと思います♪(あ、一階展示室は、開演中はどなたでも無料で見られますよ♪)
☆☆☆
さて(^^;;、
毎年、四月文楽の時の定番コーデですが、

亀甲柄の白大島に、

二代 久呂田明功さんの縮緬地の染名古屋「藤の花」です。

タレは無地なんですけど、
この藤、ザーッと、お太鼓全体に豪華に咲いております(^^;;ほとんど隠れてますけど(≧∀≦)

この日は肌寒くて、単衣の羽織りの方が良かったと思いましたけど、後の祭り(≧∀≦)
夏お召地で仕立てた羽織りを着て行きました。

透けてる具合は、これくらいです。
軽いチリ避けとしては重宝な羽織りものです。

この日、ご一緒してくれたのは、つい最近、文楽にハマってしまったSさん。
タカラヅカファンみたいに、なんと!一部二部合わせて6回観るそう!!!
東京公演にも遠征!!!
当然の事ながら、長いことダラダラ見てるけど物語の筋や登場人物の名前がすぐごちゃごちゃになってしまう私とは、全くみる視点が違うのが面白いです~💕
そういうわけで、アフター文楽も充実でございました^_^
Sさんのお着物もステキでしょう?!
これ久米島紬なんですって!バンジョー柄の絣ほ藍色で、駒田佐久子さんの藍型染めの帯がぴったり!!!
良くお似合いでした(*^o^*)
Sさん、またご一緒出来ますように♪
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/1040-89e484a9

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム