FC2ブログ

Entries

「民藝のバスケタリー」展(大阪民芸館)→「文楽の夕べ」(中之島公会堂)へ。

嗚呼~(^^;;
なんと!明日から12月です~(o_o)
ううう~何とかしなければいけない事が山積みですが‥‥(^^;;
とりあえず今年も元気で過ごせた事に先ず感謝して、残りひと月も頑張ります~^_^
さて。
昨日は、こちらへ。

2025年、大阪万博も決まり、また俄かに注目?!の1970年大阪万博の跡地の公園内にある、

「大阪民芸館」です♪

この地図の太陽の塔の右手上あたりにある、
1970年万博当時のままの姿で残っている建物です♪

私の立っている、民芸館の前庭から見ると、
万博のシンボル「太陽の塔」の後ろ側がみえる位置にあります。

今回、見に行ったのはこちら♪
私は大学も工芸科の染織専攻なくらいですから
工芸全般に興味があるのですが、中でも「かご」類は大好き💕
一口に「籠」と言っても素材や用途、産地も様々で、どれもこれもほんとうに魅力的なのです♪今回の展示品は、民芸館が収集した過去のものですが、日常に使われた、いわば、雑器なのですが、どれもこれもほんとうに美しいのです!
「簑」や「笠」や「籠」や「笊」といったものです。昔の雨避けだったり、用途別の容れ物だったり道具入れだったり。
それらをこれほど手間暇かけて 美しくしてしまう感性に驚嘆してしまいます!
「筍笠」というタケノコの皮で作った「笠」があるのですが、薄い皮を抑えるのに、細い細い竹ヒゴ(たぶん(^^;;)をコード刺繍のように渦巻き状に留め付けてあるのです♪いったいどれほどの手間ヒマがかかっていることか!
それはそれは見事!!!
一つ一つ見ていくと、そんな驚異の手仕事(しかも、これらの大半は農作業の傍で無名の職人さんが作ったものです(o_o)に圧倒されました!
万博公園、ちょっと遠いので(^^;;
行くときはいつも「えいやっ!!」と行かないと行けないのですが、行くといつも大満足~(笑)

そして、このチラシの裏面にも紹介されているように、各地で作られた「簑」の実物と、それらをモチーフに、型絵染めの人間国宝 芹沢銈介が染めた屏風も並べて展示されています♪
これは、とっても嬉しい展示でした(o^^o)
併設展示として、他の芹沢銈介作品もたくさん見られます~♪
染織好きな方も楽しめる展覧会ですので、ぜひぜひお出かけ下さいませ♪(平日って事もありますが、会場内はほぼ独り占め状態。ゆったりと楽しめます(^^;;)

そして、ミュージアムショップもいつも楽しみ~いつも何かしら見つけてしまう(^^;;危険地帯でもあります(笑)
今回は、岩手県の浄法寺漆器の朱塗りのお椀(中、小)と、福島県伊達市の三和織物さんの刺し子織りの風呂敷と小風呂敷♪
どちらも、前々から欲しかったものですが、いつも出会えるとは限らない~(^^;;ので、連れて帰って来ました(笑)
塗りのお椀は、ご飯茶碗として使うつもりです♪

ショップの隅には「民藝」のバックナンバーも揃っていて、ゆったり過ごせるようなベンチも在ります♪(民芸館の中には、あちこちにベンチが有ります~)
ここで美味しいコーヒーが飲めたら最高なんですが(^^;;、残念ながら、そういうサービスはありません(^^;;

ゆっくり見て、モノレールの駅まで歩く途中で
こんな幻想的な風景にも出会えました!
1970年万博当時は、また中学一年で子供だったこともあって、さして興味もなく(^^;;たった一回、しかも夕方から行って日本の企業館を二、三見ただけで、ほとんど記憶も思い入れもないのですが、この跡地の中には工芸館や美術館、民俗学博物館、庭園などが遺されて大人になる過程の折り折りに来ています。
やはり万博という大イベントが無ければ、この様な文化的な空間が生まれ様もなかったのでは?!と思います。
2025年の万博も、うんと先の未来に資産を遺すイベントになれば良いなぁと思いますね♪
☆☆☆☆☆
で、この後はモノレールと地下鉄を乗り継いで中之島の中央公会堂へ。

毎年、楽しみにしている日経新聞社主催の「文楽の夕べ」へ。

この会の主役だった、住太夫師匠が今年四月に亡くなられたので今年はどんな会になるのかなぁと、ちょっと心配でしたが(^^;;
開場前から、たくさんのお客様が並ぶ風景も変わらず、住太夫さんへの感謝に溢れた素敵な会でした!
今年のゲストは、織太夫さんと人形の玉助さん。今年、大きなお名前を襲名したお二人のお話を揃って聞けてとても面白かったです。

いつもの文楽ミニ公演の演目は「妹背山婦女庭訓~道行恋苧環」でした。舞台装置も華やかで、とっても良かったです。人形の勘十郎さん、三味線の藤蔵さん、文字久太夫さんのアフタートークも、いつも通り!
この有名な道行の演目の見どころ聴きどころを実演を交えながら、三者三様にお話して下さり、とっても楽しかった💕
年が明ければ、直ぐに大阪文楽劇場では「新春公演」が始まります♪
そのチラシもいただきましたが、新春公演も一部も二部も見逃せない名作揃いです~(°_°)
特に二部は、今、歌舞伎座で玉三郎丈が上演中(あ、もう終わりましたかしら(^^;;)の、
壇ノ浦兜軍記の「阿古屋 箏責の段」ですよ♪
阿古屋を勘十郎さんがお遣いになるので、ぜひ拝見したいです♪
織太夫さんは重忠役です~♪
☆☆☆☆☆
この日のコーデ。

焦げ茶の暈しの本場結城紬(この着物は胴裏抜きに仕立ててあります)に、

今年のぬぬパナで頂いた、郡上の原 千絵さんの
山形斜文の八寸名古屋帯に、ちょっとクリスマスを意識して緑の帯揚げと、赤の帯締めに、

京焼きの五福さんの「ハチワレ猫」の帯留め♪
前脚を舐めてる仕草とか、尻尾の先が白いとことか、うちの8ちゃんにソックリです(笑)

ちょっと着物と合い過ぎて(^^;;
面白くもなんとも無い後ろ姿ですねぇ~他のコーデも考えなくては!
ですが、帯はなかなかの迫力が在ります♪
実はこのツイードの様な風合いの帯、前から原さんにこんな感じのが欲しい~♪とお願いしてたものなんです(^^;;
とても軽くて締めやすい帯に織り上がってます♪
無地っぽい帯って、帯留めや帯締めなどがヨリ楽しめるので好きなのですが、糸や織りが良くないと安っぽくなりがち(^^;;
さすが原さんという帯が出来上がって嬉しいです~♪

この日のコーデの主役は、この羽織りかな?!
小紋着尺地から羽織りと、残布で名古屋帯も仕立ててもらってます(^^;; 

ぽってりした縮緬地に、橘と小菊が縦に流れる様に染められてます。葉っぱの染匹田が好み♪
ですが、民芸館での後ろ姿の写真の様に、羽織りに仕立てると、背中に無地が集まってしまうのですね~(^^;;ちょっと誤算でした(^^;;

中之島公会堂は、ライトアップされて、終演後も綺麗でした!

この日、フェスティバルホールでコンサートを楽しんでらしたお友達2人と老松町のバーで合流して、結構遅くまて楽しんでしまいました!
写真は、ここの名物のフルーツカクテル(これは洋梨)ですけど、グラスが「金継ぎ」されてるのわかります?!
陶器や漆器では見た事あるけど、ガラスの金継ぎって、初めてみました(°_°)
どっしり重いクリスタル💕なかなかステキ♪
終日、良きものに触れられた幸せな1日でした♪
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/1022-2c603464

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム