FC2ブログ

Entries

秋晴れの京都へ②~『華ひらく皇室文化』京都文化博物館


前回記事から、またまた間が開いてしまいました~^_^;
続きです。
『有職造花 雲上流』の展覧会を拝見したあとは、地下鉄に乗って烏丸御池へ。
京都文化博物館で開催中の「華ひらく 皇室文化」ー明治宮廷を彩る技と美ー展へ行ってきました。(11月25日まで開催中)

この展覧会は、今年が明治150年になるのを記念して、4月開催の徳川美術館を皮切りに、全国5カ所で開催されています。
その、3カ所目が京都文化博物館です。
実はこの図録は、たぶん徳川美術館で開かれた時のものかと思います。買ったのは京都の国立近代美術館に5月に行った時に見つけたものだからです。(中身は同じだと思いますが、京都展で販売していた図録と表紙が違うのです^_^;)

なんで、この図録を展覧会前に買ったかと言いますと、この展覧会の名誉委員長の三笠宮家の彬子女王さまの巻頭の「明治宮廷の華ー女性皇族の衣装の変遷と三笠宮妃殿下の昔語りー」と題した論文がとっても面白かったからです♪
皇室の中におられる方だからこそある意味書けた明治から現代までの女性皇族の衣装のことが写真付きで解説されていて、貴重な服飾文化史となってます!
残念ながら、京都展にはこの図録の表紙になっている明治天皇妃の昭憲皇太后御所用の大礼服(マントー・ド・クール)は展示されておりませんが、明治45年の新年拝賀に着用された全て国産のドレスだそう♪
この長く裾を引くスタイルは、明治20年に昭憲皇太后が洋服の着用を奨励する「思召書」出された時には、すでにヨーロッパでは廃れていたそうなのですが、古来宮廷の女性たちが身につけてきた十二単の裳の形に似ていて受け入れ易かったのではないかと考えられると彬子さまは書いておられます。
なるほど~!
トレーン=裳!
他にも、戦中戦後の皇室内の衣服の変遷もなかなか伺い知れない興味深いものでした!
図録とはいえ青幻舎から、一般図書として発売されているので、ご興味のある方はぜひご一読下さいませ~♪

この展覧会、各会場でかなり出展内容が違うのかもしれません^_^;
こちらは、2002年にやはり京都文化博物館で開かれた日本画家であり風俗研究家でもあった吉川観方のコレクション展の図録なんですが、

この中に載っている、この「禁中御産屏風」が出展されておりました!(でも、図録には載ってないのです)この胡粉に一部雲母をまじえて白一色で、鶴、亀、松、竹を描いた「白絵屏風」とも呼ばれる屏風は、天皇家や公家、高級武家における出産の際に産所に立て回されたもの。
穢れを嫌う産所では、屏風に限らず桶、棚などの調度や装束にも白が採用され、その性質上、使用される度に新調されるので残存しにくく、この屏風が現存する唯一の遺例品だそう。
因みにこれは、孝明天皇(1831~1866)の出産に用いられた屏風です。(それがどうして、観方の元に来たのか?!も知りたいところです!)
2002年を展覧会の時に、この屏風をみて強く印象に残っていたので、16年ぶりにまた見られて感激でした♪
京都展ならではの、染織関連の展示も興味深かったですが、晩餐会で使われた食器類が当時のメニューと共に展示されていたのも面白かったです。今の私達の目から見ると古い文物なのですが、展覧会場では必死に西洋文化を取り入れて変化する若い国ニッポン!って感じのエネルギーを感じました!
京都展の後は、来年3月に「泉屋博古館分館」と「学習院大学史料館」に巡回しますよ♪
お近くの方はぜひ~おススメです。

こちらは、美術雑誌の「芸術新潮」7月号。
今年は明治150年の記念の年でもあるし、今上天皇も来年御退位されるという事もあって、皇室文化に関心が集まっているのでしょうね。
正倉院展も始まりましたし、今年の秋はぜひ皇室関連の展覧会をご覧になってはいかがでしょうか♪
☆☆☆☆☆
この日は終日良いお天気で、歩くと汗ばむくらい^_^;
なので、かなり地厚で^_^;袷では着にくかった着物を、今年になって単衣に仕立て直した西陣お召(黒の吉野格子)に、

あ!8ちゃんが^_^;

 冨田 潤さんの八寸名古屋帯で。

お太鼓、いい感じ^_^;に歪んでます~^_^

昨年の最後の小桉会展(志村ふくみさんのお弟子さん達の展示会)で出合った築添純子さんの手紡木綿を草木染めしたストールを合わせて。
冨田さんの帯は、草木染めではありませんが色がぴったりで、びっくりでした!
☆☆☆
この後、歩いて三条のギャラリーなかむらさんで、京都芸大の後輩で、デンマーク在住の高田有子さんの作品展を拝見したり、

こちらも、軽やかな印象ですが超絶細かい作業の造形作品でした~(°_°)「有職造花」に通じる日本人の感性を感じてしまいました!

たっぷりと暮れてから^_^;阪急電車に乗るために、四条の高島屋へ戻りましたら一階正面には、京呉服の千總とy'sのコラボ着物が展示されておりました!
我ながら、よく歩いてたくさん良きものを拝見出来た充実の日曜日でございました(*^◯^*)
大満足~(笑)
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kikugakoronda28.blog28.fc2.com/tb.php/1018-7bf5017f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム