Latest Entries

夏こそキモノを!

昨日の午後、急に雨柱が立って一時大雨になりました!久しぶりにざぁーっと降ったので、
涼しくなるのかと思いきや(~_~;)
かえって、蒸し蒸し~~(^_^;)
なかなか、涼しくなりませんな~
ですが、夜はカエルに代わって虫の声が聞こえ始め、やっぱり確実に季節は秋に向かってるようですね~(^_^)v
さて!
前回の記事で上布の着ごこちを書いたのですが、イマイチ言いたい事が書けてないなぁ~と
思ってたら!
昨日の朝日新聞にステキな記事が載ってるのを発見しました!読まれた方も多いかと思いますが、今夏の備忘録として全文ご紹介します♪
キリっと、キモノに襷掛けてお料理されるお姿をTVや雑誌でご存知の方も多いと思います(^_^)v
☆☆☆☆☆
「日陰と風通し 和服でまとう」
料理研究家     大原 千鶴さん
リレーおびにおん   炎暑こそ⑥  2016.8/24

この夏も、暑おすなあ。
仕事では、ほとんど和服を着ます。
しんどそうに見えるでしょう?
でも、生地によって全然違うんです。実は、ええ和服は涼しいんですよ。
「洋服は、肌を露出することによって、涼しさを得ようとしますね。
ところが、夏用の和服は身につけることで涼しくなる。








肌の表面を気持ちよく空気が通って、控えめな日陰をつくってくれます。








和服を着るということは、日陰と風通しを、そのままからだにまとって歩くようなものなのです。








今日の着物は新潟の小千谷縮ですけれど、ひとくちに麻織物といっても、近畿や北陸、沖縄など、各地にたくさんの種類がある。
涼しさ、肌触り、軽さなど、本当にそれぞれが違います。
昔から高級品として大切にされてきましたが、
その本当のよさは反物を見たり、手を触れたりするだけでは、わかりません。
仕立て上がりを着てみて初めて、
「ああ、なんて軽くて涼しいのかしら」
となるのです。
着れば着るほど、また京都のような暑さの中で着ることで、良さも、涼しさも、実感できます。
植物からつくる素晴らしい天然素材ですが、そんな繊維を大変な手作業でつくってくださる職人さんが、少なくなっている。
残念ですね。
いま、着物が見直されています。
素晴らしいことです。日本じゅう、そして世界からの観光客の方も着物を着て、写真を撮ったり、京都のまちを歩いたりする方が増えています。
季節に合わせた天然素材の着物ではなく、汚れや手入れのことを考えて、科学繊維の着物が普通でしょう。
これは暑い。
苦痛でしかないです。
着物はきれいだけれど、暑くてつらいものだと思って帰られることでしょうね。
日本人は電気もなかった時代から、夏ならではの工夫で暑さを乗り切ってきたはずです。
ここのキッチンスタジオは、築30年以上の一軒家ですが、木や土壁を生かして手を入れています。
この家も、昔からの知恵が生きている。
外はものすごく暑くても、日差しを遮って、じょうずに風が通ってくれます。
冷房にそれほど頼らなくても、過ごしやすい。
着物でいえば、自分のからだや雰囲気にあったものを、自分らしく着こなすことから始まるのではないでしょうか。
それは、自分が涼しいかどうかだけでなく、周りの人の目にも涼しいかどうか。






アユをおいしくいただく工夫や打ち水に通じる感性を、大事にしてきたのだと思います。






☆☆☆☆☆






太字にした所は、私が特に、
「ほんとほんと!」と共感した所です。
皆さまは、いかがでしょうか?!
「日陰と風通しを、そのままからだにまとって歩く」ような、夏のキモノの着こなしをしてみたくなりますよね~(^_^)v
「自分らしく」
って、いうのはどんな素材のキモノを選ぶか、
下着の選び方、着付け方、全てがその人が
自分で体感して決めるという事だと思います。
自分が着付け教室などしながら、毎度忸怩たるおもいに駆られるのは、着方は誰かから習うもの従うものみたいに思ってらっしゃる方が多いという事です。
襟の合わせ方、衣紋の抜き方、帯の位置から結び方、こうすればキレイに見える!という事はお伝え出来ても、それがその方に心地良いかは別の問題。
どんな着方が、自分にとって心地良いのかは肌着ひとつ、紐ひとつで変わるもの。
自分にも他人にも心地良い夏キモノ姿に近づくためには、まずは自分で、ひとつひとつ体感していっていただきたいですね~~*\(^o^)/*
で、この猛暑の中でキモノ姿を見かけたら、「あら~♪ステキですね~♪」とエールを送り合いましょうね~\(^o^)/
夏キモノ姿が増える事で、街に「打ち水」したかのような涼しい風が吹くかもしれませんよ~~♪(笑)

栗山工房両面染め上布の着心地♪


17日間のオリンピックも、終わりましたねぇ!
日本人選手の活躍で、今回はどっぷり楽しませてもらいました!

最後はこんなオマケまで!
いゃあ~こんな場面で着物姿を見ようとは!
小池さん、ありがとう*\(^o^)/*って、気持ちです。ネットでは色々な事書かれてはりますけど、他のどんな衣装よりも日本をアピール出来ると、国際経験も豊富な方が判断されたのでしょうから、文句無しですよね~(^_^)v
ネット情報によると、小池さんはご自分で着られたとか!フラッグを受け取る前に、袂を帯に挟んでおられる映像もバッチリ映っておりましたしね~普段から着てはるのかしらね?!だとしたら、とっても素晴らしいですo(^▽^)o
このお姿は、キモノ応援隊としては嬉しい事でした!(ただ雨がねぇ~(~_~;)後が大変だったでしょうね~(・_・;
あ!そうそう!東京オリンピックの日本選手団のユニフォームに、小千谷縮を使って欲しいと、産地では運動してるらしいですよ。
それも、実現したら良いですよね~(^_^)v

椎名林檎さんが音楽監督された、セレモニーもとっても良かったですね~
今から4年なんて、あっという間にやって来そうです。
考えてみたら、私、前回の1964年と2020年、一生で2回も自国開催を経験出来るなんて!
まぁ、元気に生きてたら!の話ですけどね~(^_^;)
4年後はぜひ、何か一つくらいナマで観戦するチャンスを作りたいものです*\(^o^)/*
その際は、東京五輪エンブレムの市松柄模様の浴衣とか小千谷縮みを着てV(^_^)Vなーんてね!
あ!!!!
そうだ!その前に、平昌冬季オリンピックがありますねぇ~~我らが羽生君の2連覇がかかっているのだわ!わーどーしようー∑(゚Д゚)
と、まぁ、五輪ロスになる間もなく、フィギュアスケートのシーズンもやって来ますね。
こちらも楽しみです♪
☆☆☆☆☆☆
さて!
関東から北日本は、台風で大雨が続いて大変だったようですが、関西は猛暑日が7日連続してます。雨もほとんど降らず、ほぼ24時間エアコンつけたまま(^_^;)
ほんとに暑い夏でした!!!
なので今年はこのキモノが活躍しました。

中国手織手積苧麻地に、栗山工房さんが京紅型を両面染めした上布の小紋です。
何年か前にえり善さんのセールで見つけたものなんですが、着るのは今夏が初めてです。

この日、合わせた帯は昭和村で織られた苧麻(からむし)捩り織の八寸名古屋帯。この色は苧麻の繊維のままの色です。

捩り織りの帯は、平織りより隙間が多いので
夏帯では一番涼しいかも知れません(^_^)v
でも、結ぶ時に伸びる感じでちょっと結びにくいんですけどね~~(^_^;)

別の日は、芭蕉布の無地の着物地で作った九寸名古屋帯を合わせました。
藍色(天然藍ではありません。栗山工房さんの作品は全て化学染料です♪)と自然布の素材のままの色って、何でも合うようですね~
藍色はやっぱり、ジャパンブルーなんですね!

この着物、生地のクオリティとしては、
宮古上布と同じくらいの糸の細さで手織りされているとの事で、サラッと冷たい感触です。
確かに涼しい~~*\(^o^)/*
見た目も藍色って涼しそうにみえますしね。
ただ、こういう小紋の総柄って、今まで着たことがないので(^_^;)そこが、着てて落ち着かないのです~(^^;;
ほとんど無地っぽい着物ばかりの夏物なんで、
違うものも着てみたい💕と思ったからなんですが(^^;;うーん。
やっぱり、あんまり似合ってないわ(^_^;)
ですが、 涼しさイチバンo(^▽^)o
せっかく誂えた上布なので、今夏から楽しみたいと思います*\(^o^)/*
☆☆☆☆☆

表の柄はこちら。
吊るして撮ったので、わかりにくいけど(^^;;

裏は、藍地に白で鳥と枝葉が染められてます。
表から、チラチラと白が見えてるのは、この文様なんですね。
この両面を違う文様で染めるという技術も、
夏の着物ならではのものですが、ほとんど見かけなくなりました。・°°・(>_<)・°°・。
透ける楽しさがより伝わる素晴らしいものなので、残って欲しいなぁ~と思います♪

森南海子さんの布集め展へ。

毎日暑いですね~♪
普段はスポーツに興味もないのですけど(^^;;オリンピックは別!
私は連日のオリンピックの熱戦に夢中(笑)で寝不足ですぅ~~f^_^;)
FB記事もそんな事ばっかり書いててf^_^;)
キモノブログもサボってましたあ~ゴメンなさいm(__)m
で!
昨日は久々にこちらへお邪魔してきました。

(お写真は全て、「ほしのしずく堂」さんのフェイスブックページからお借りしてます)
大阪の服飾デザイナー森南海子さんが長年集めてきた日本の布を、お嬢さんが、運営している「ほしのしずく堂」というご自宅レストランで展示されています。美味しいお食事やお茶を頂きながら、ゆっくりと拝見してきましました!

布展特別メニューは月桃香麺定食♪
ツルツルした薄緑色の月桃麺、美味しかったですよ(^_^)v



懐かしい日本家屋の中に置かれると、布達も活き活き美しいですよね~♪
会場が生活空間という事で、拝見するには予約が必要です。「森南海子の布集めVol.1」は24日まで
場所は、
大阪府箕面市百楽荘2-4-42
「ほしのしずく堂」tel/fax072-721-3713
阪急箕面線「牧落駅」下車徒歩3分♪
 
そうそう!
今朝の朝日新聞の生活面にも紹介記事か載ってます~(^_^)v
森南海子さんのお名前は、関西では有名ですもんね~
敷地内の御蔵には、まだまだ沢山の布達があるそうです~σ(^_^;)今後もvol.2~3と展示会は続く予定だそうですよ。
楽しみです~(*^◯^*)

お手入れする前にもう一回着ておこう!と、
絽紬の生成り無地キモノに平山ふさえさんの
芭蕉布ロートン織八寸名古屋帯で。
(写真は先月、着た時のものです~f^_^;)
家を出る時は、曇ってて「あら~今日は涼しいかも♪」と思ったのが甘かったf^_^;
しずく堂さんを出たとたん、ギラギラの太陽!
お盆も過ぎて、ちょっと真夏コーデ過ぎるなぁと思いながら着てましたけどσ(^_^;)、昨日はこれで正解でした!
とってもステキな空間なので、お近くの方はぜひぜひお出かけ下さいませ~*\(^o^)/*

夏休み文楽特別公演 第2部、国立文楽劇場へ。


文楽のゆかりさんのお世話で、夏休み文楽特別公演の第2部へ。

鳥井千栄子さんの解説をたっぷり伺った後で観ると、馴染みのない演目も、ぐっと理解と興味が湧いてきますね~♪
二部は、毎年、名作劇場。
今年は「薫樹累物語 めいぼくかさねものがたり」と、「伊勢音頭恋寝刃 いせおんどこいのねたば」の二本立て*\(^o^)/*
私は、一本目のお話は初めてでしたが、なかなか面白かったです。ちょっと、ヒュードロドロの要素もありながらも、文楽の情をたっぷりと!「累物  かさねもの」と言われる物語の類型のお話や舞台となった下総国岡田村埴生村(現在の茨城県常総市羽生町)の話、去年洪水で全国に名がしられた鬼怒川がまさにこの物語の絹川!である事などなど。江戸時代と現在が繋がってるなぁ~と。
それと、もうひとつの演目は「伊勢音頭恋寝刃」これはもう、有名ですよね。確か、去年か一昨年も歌舞伎で仁左衛門さんが主演の福岡貢を演じはったと思いますが、もともとは歌舞伎だった演目。それが文楽でも上演される様になったもの。これも、舞台が夏の伊勢古市遊郭ゆえ、夏に上演される事が多いです。今回、油屋の段は、津駒太夫さん。大勢の登場人物を一人で演じ分け、次の奥庭十人斬りの段に向けて、貢の衝動殺人(~_~;)を観客を納得させなければいけない難しい浄瑠璃!いやぁ、お見事でした~もうほんとに、ほんとに憎たらしい仲居 万野でした~f^_^;)まぁ、いつ観ても何度みても酷い話ですけどね~でも、面白いのは何なんですかね?!人の気持ちに昔も今も変わりがない事がわかるからかなあ?!
それにしても!2演目とも肉親や夫婦の情愛にも勝る主従の絶対的な服従関係。でもその理不尽さこそが人々の生きる規範だったわけで(^^;;
江戸時代が徹底的な封建主義だった事が伺えます~(~_~;)
あ~~。・°°・(>_<)・°°・。
現代に生まれて良かったf^_^;)と、つくづく思うのでした。

文楽劇場の階段上に飾ってあるパネルは、
主役の貢と、お紺さんの二人。

ハイ!
福岡貢の衣装は、白地に井桁絣(歌舞伎では十字絣だったかと(^^;;)がお決まりです!
なので、奥庭十人斬りの段を語られた、咲太夫さんの肩衣は、白地に井桁!の小紋でしたよ~~♪
なので!
私も、白地に十字絣のサマーウールで。

これは西陣で織られたポーラーと呼ばれるサマーウールです。20パーセントくらい絹も使われてるようです。ご覧のように透けてますので、6月後半から盛夏に着るキモノ。麻や絹に較べて暑い!という方も多いですが、私はそれ程の違いを感じた事はないです。特に白地のこのキモノはやっぱり盛夏に着てこそ!と思います。
シワになりにくく、雨にも強いので普段キモノには最適ですが、これももう絶滅寸前みたいです~(T_T)私は着心地が好きなので、無くならないで欲しい!と願ってます。

合わせた帯は、「夏休み」と題した黒の二重紗に自分で夏の虫を日本刺繍して名古屋帯に仕立てたもの。
道明の手組の4分紐にアンティークの帯留め。これ何ていう石だっけ?!黄色くて透明。
昔ので金具が小さいのでこの紐は通らなくて(^^;;、ちょっと裏ワザを使っております。
夏の小物は小振りなものの方が涼しげ。
重宝して、最近、良く使っております。

先週もレッスンの時に締めてましたが、
夏モチーフの帯の中でもホントに締める期間が短い帯なのですが、自分で作ったのでお気に入りです*\(^o^)/*
着物のコーディネートは季節感を、色柄や素材や小物をどう組み合わせるかを考えるのが一番の面白さ♪そこに観劇の演目に合わせるとかが加わると、さらに楽しい~~o(^▽^)oですよね!



本日のおまけの8ちゃん♪
この帯の土台にした生地は、コレと、
紹介したくて、写真を撮ろうとしたら!

8ちゃんがやって来て、素早くもぐり込み~~f^_^;)
わかります?!
裏が紫色になってるの?
二重に織られているのです。
以前にもこの事は書いたと思うのですがf^_^;)
元は母の雨コートだったのです。全然着ないまま置いてあったので、私のに仕立て替えようと洗い張りしたのです。すると、見事に解いた縫い目が残っておりまして(~_~;)仕立て変えられない!!!と(T_T)
でも生地として、何かに使いたい!とまずこのアケビのカゴの中袋にしたのです。

一反分なのでまだまだ余ってて(^^;;
それで、夏の刺繍帯を作ろうとなった時、これを使おうと閃いたというわけです!下に紫色が有るので、真っ黒でもなく、微妙な色合いの黒で、これもお気に入りポイントです。
この二重紗の雨コート地も最近作られて無いようですが、春の本町フリマに出店して下さってたこころやさんで発見!
表からは真っ黒なのに裏を返せば、鮮やかな色!というホントに魅力的な生地。しかもスッキリと透けるのです~不思議だわ~結構地厚でしっかりとした生地なのに。
夏のキモノや帯の織や染めの多様さはホントに素晴らしいです~o(^▽^)o毎年、取り出す度に改めて感動します!
☆☆☆☆☆☆
いっしょに写した、文楽劇場の今月の番付の表紙は、お紺さんの秋草を染めた絽のキモノです。文楽のゆかりさんでは、割引券ももらえますが、とっても面白く中味が濃いのに650円!
演目に因む色々な方のお話がたっぷりと載ってます!お値段以上!(笑)
第3部は、モリエール「守銭奴」を井上ひさしさんが文楽にしたもので、ラジオとテレビでは上演されたものの、劇場では初めてという「金壺親父恋達引 かなつぼおやじこいのたてひき」がサマーレイトショーとして上演されます。
こちらはすでにチケット手配済みなんですが、
第1部の親子劇場も、めちゃ面白そうなんですよね~♪
全くの新作を毎年作ってはるようで、今年は
「新編西遊記GO WEST!」って、横文字ですやん~~(笑)
監修の勘十郎さんと、作曲の鶴澤清介さんの対談を読んでたら、わくわくしながら作ってはる様子が伝わって来て、1部は子供向けやからと観て無かったのを悔やみました。
とはいえ(^^;;、夏休み公演は短いのよね~
行けるかな~~f^_^;)
8月9日まで!
皆様も、お見逃しなく~!!!

七月大歌舞伎、五代目中村雀右衛門襲名披露公演 大阪松竹座へ。

昨日が千秋楽で、公演は終わってしまいましたがf^_^;)、私は先週、夜の部を観てきました。

毎年、七月の松竹座は関西・歌舞伎を愛する会として、片岡仁左衛門さんや、坂田藤十郎さんを中心に公演されてます。
が、今回はその会に、主に関東の舞台に立ってはる中村芝雀さんが五代目中村雀右衛門を襲名されるのでそのお披露目としてゲスト出演されてます。女形さんですし、どっちかいうと地味目な方なので(^^;;、あんまりなじみがございません。私が行ったのは金曜日の夜でしたが、残念ながら、空席が目立ちました。

前回記事の落語会の盛況ぶりとは対照的(^^;;
まあねぇ(^^;;、一等席の料金は六倍!ですからね~~舞台にかかる費用が凄いわけですから仕方がない面もあるけど。次世代のスター役者が不足してる感は拭えませんでした。
今回は、来年中村芝翫を襲名する橋之助さんが息子の宗生くんなど若い人とほぼ出ずっぱりで頑張ってはりましたけどねf^_^;)
でももっと若い人にドンドン、良い役をやらせた方が良いのでは?牛若丸、60オーバーで演じるのは無理があるなぁ~f^_^;)と。ここ数年、ずいぶん世代交代したとは思うけど、将来も歌舞伎を見てくれる次世代の観客も同時に育てる為にも思い切った事やらないと、歌舞伎も先がないのでは?!と心配になりました。
もう、見巧者とよばれるようなウルサ方も激減してると思うので(^^;;今がチャンスかも~~

この日も、天神祭り前なので花火の帯。
ですが、襲名披露公演ですからね~f^_^;)
やっぱり敬意を表して、キモノは絹の柔らか物で。紋紗の白生地をむら田さんでグレーに染めてもらったものです。観劇の時は、軽くて身に添ってくれる絹物が楽な気がします。

このキモノの方が、夜空に上がった花火ってかんじがする~f^_^;)

しっとり情緖も出ましたかね~f^_^;)(笑)

松竹座の帰りは、なんば高島屋ダイニングにある東京竹葉亭です!
うなぎも、歌舞伎やキモノと同じかそれ以上に先行きが危惧されているようですね(T_T)
哀しい(~_~;)
年に数回のお楽しみなので、よ~く味わって頂きました~f^_^;)
因みに去年の松竹座の帰りは土用の丑の日で長蛇の列で食べられなかったのです!今年は30日が土用の丑の日なんだそう。
無事に食べられて良かった*\(^o^)/*

ここの竹葉亭さんは、食器やお店の設えも感じが良くてお気に入りです。
この日も天神祭りの絵と天神さんのお人形が品良く飾られておりました。落ち着いてお食事できる良いお店です。松竹座での歌舞伎上演がへってるので、もう年内は来れないかも?!
残念だわ~(T_T)

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム