Latest Entries

ムスメと祇園祭り宵山見物♪

暑いですね~f^_^;
皆さま、お変わりごさいませんか?!
やる事はいっぱいある!のですが、暑さを言い訳にダラダラしてしまいますぅ~f^_^;
さて!
そんな気分を吹き飛ばすべく、16日はムスメと京都祇園祭り宵山見物へ。

浴衣を着せるのは二年ぶりくらいかな~f^_^;
と、ラインでどの浴衣にするか、やりとり。
私が若いときの物を含め、4~5枚の中から、
「着た事ないし、地味やけどコレ」と、ムスメが選んだのが、紺白定番の竺仙 の綿コーマ地の浴衣。
濃紺地に白できっぱり「萩の葉と花文様」
ずーっと前に、反物で買ったまま放置してたのを一昨年、着物さくさくの須賀さんに縫って頂きました。
どれも久しぶりに見るわ~と思いながら、
私が一式をコーディネート。
伊と忠さんの朱漆の台の下駄も、何年か前の祇園祭りの頃に京都本店で見つけて麻の水色の鼻緒をすげてもらったものです。一回、私が履いただけで、忘れてたf^_^;




かご巾着の金魚は、ムスメが小学生のときに、紅会の体験講座に参加させてもらって、自分で日本刺繍したもの。


反対側には、私が刺した金魚も一匹♪


二枚の生地を上手く合わせて巾着袋に仕立ててもらいました!


これも、持つのは何年ぶりでしょう!!!







髪も私がやっつけで、まとめてf^_^;





帯結びは、最近、Facebookにタナエリさんが、結び方の動画を、あげてはった「ダブルリボン」を試してみました。



麻地で、真ん中から染め分け(裏表で4色)されている帯なので、上手く行くかなぁ~と危惧してましたが、4色全てが見えて、まぁまぁ可愛く結べたかな~f^_^;










梅雨明け前に行われる祇園祭りは、夕立に見舞われる事も再三なので、びっくりもしませんけどf^_^;、ちょうど長岡天神あたりから、雷雨!



なので、雨を避けて、大丸京都店の美術画廊で開催中だった、「日本新工芸近畿会選抜展」へ。出遅れて、出品中の友人には会えず残念でしたけど、陶芸や染色の素敵な作品を拝見しながら雨宿りとなりました~(´ー`)







大丸を出る頃に、四条通りは歩行者天国に。


直ぐ近くの「薙刀鉾」まで行こうと思ったのですけど、西側一方通行の歩行規制で近づく事が出来ず~~うーん。どうする?


鉾町を、ブラブラするつもりでしたが、流れに乗れずf^_^;すぐに、方針転換して、「やっぱり八坂神社にお参りしないと!」と、祇園へ向かって歩くことに。


少し歩いた所で、かの「とらや」さん。お店の前になにやら行列。


祇園祭り限定「かき氷」ですって!


一杯500円でしたけど、もう、最高に美味しかったです~o(^-^)o


まっ茶、濃厚~♪黒蜜上等~~♪で、大満足!








かき氷食べながらf^_^;、四条通りを八坂神社に、向かってブラブラ。




えり善さん、伊と忠さんなど、お馴染みのお店のウィンドウには、祇園祭りの期間中、各流派の素晴らしい生け花が。それらも楽しみに、お店も覗いて少々お買い物もしてf^_^;




四条大橋を渡る頃には、夕暮れ~


雨も上がって、橋の上では涼しい風も吹いてホッとひと息。






むら田さんの前で、2人でお写真撮ってもらいました。ムスメの麻の帯は、以前に頂いたむら田さんのオリジナル半幅帯なのです。(ここ数年、色違いで色々作ってはってはります)


もう閉店準備をしてらしたのに、また開けて下さって、すみませんでした~~f^_^;








素敵な生け花の奥には、むら田染織コレクションの明綴れの中国の宮廷服!


浴衣のコーナーに、ムスメの着てたのと同じ柄の綿絽地の反物があって、「竺仙 」というブランドの意味がやっと分かったみたいでした。


浴衣というと、仕立て上がりのプレタ浴衣しか目にしませんからね~最近はf^_^;







かづら清さんにも寄って、椿油の化粧品など見てたら、あら!





マツモト・ヨーコさんの新作のハンカチが!


芝犬とニャン♪


もちろん!買わせて頂きましたよ~~♪






八坂神社に着いた頃には、とっぷり暮れてライトアップ。






明日から御旅所に移られるお神輿。


お隣のお社では、石見神楽が奉納されておりました。







本殿にお参りしたあと、


厄除けのチマキと、祇園祭り期間中だけのご朱印をいただきました。


まぁ、まだまだ宵の口で、宵宮の本番はこれから!という所でしょうが、鉾町には戻らず河原町から帰途に。(それでも帰ったら10時過ぎ~)


雨が降ったこともあって、17日の巡行は比較的涼しい中、お天気にも恵まれた様子ですね。


まだ、ナマでは辻回しを見たことが無いので


宵山から泊まりがけの祇園祭り三昧も経験して見たいもの!と思います~~💕


(毎年、思いますが本気で実行したこと無いのよね~暑いし~~とか言って(*´∇`*)


そうそう!


まだ、24日には、後祭の巡行もあるのですよね。祇園祭りは、まだまだ続いております~♪




☆☆☆☆☆



一応、私の着姿も、載せておきます(^。^)





有松絞りの黒白浴衣に、ぬぬパナ作家の亀田恭子さんの六寸帯(縦絹、緯皮芭蕉の交織)





ぬぬパナのディスプレイボディちゃんに結んでた結び方で。


長時間、人混みを歩き回ってるうちに、重ねた羽根がズレたりして型くずれしてた様子f^_^;


次回はちょっと工夫しなくては!!!



ムスメのも、私のも襟を広えりに仕立てています。襟周りが柔らかく、しかもシャンとしてくれるので、お勧めですよ~♪



私も、浴衣レッスンの時を除いて、浴衣着て出かけるのはやっぱり、花火大会かお祭りくらいです。



梅雨明けしてからが夏本番です。


大阪の天神祭もこれから!



ムスメには、もう一回くらい着てよね~♪と


お願いf^_^;しておるところです~(*´∇`*)



皆さまも、夏には一度くらい浴衣着て、日本の夏の風情を楽しんでみてはいかがでしょうか?!家で浴衣着て、ビール🍺も良いかも~o(^-^)o

















ぬぬパナ2017 備忘録

はふー(*´∇`*)
ぬぬパナ大阪展が終わって、あっというまに二か月近くが経ってしまいました~^^;
今更な記事ですが、ご容赦下さいませ~m(__)m

5月24日~29日まで、大阪・阪急百貨店うめだ本店9階アートステージで開催された「ぬぬぬパナパナのぬぬ2017」
私は2012年から、キモノ関係の講座の企画や作家さんたちへのアドバイザーとして、お手伝いさせて頂きましたが、それは私にとっても、とてもたくさんのことを学べたありがたい機会でした!
お声かけくださった、主宰の浦令子さんに、あらためて感謝です。

ぬぬパナ作家さんの作品を買わせてもらって応援する!っていうのも、私の参加の目的の一つ。今年は、沖縄、瀬底島で紅型工房「べにきち」を主宰されている吉田誠子さんの「南国花」という夏帯を期間中、何度か締めました♪

生成りの夏芭蕉地(薄い絹地です)に、藍色の濃淡で染められた「南国花」たち。
私は、ほんとは紅型のキチキチした文様世界が苦手なんですが、べにきちさんの紅型は、もっとおおらかな型絵染風の勢いがあると思います。いろんなお花の一つ一つが大きいのも私好み~~💕

1回目は5月末から始まった展示会なので、単衣の格子柄の大島紬に合わせました。

亀田恭子さんの絹織の帯揚げと、kosodeさんの帯留めに三分紐。

初日には、たくさんのお客様が浦さんの急逝を悼んで駆けつけて下さいましたが、かつてお買い上げ戴いたお着物や帯を身に付けて来てくださる方も多かったです!
こちらも、そんなお一人。
福木色の八重山上布に、私と同じ「南国花」の帯!この、帯はピィーニャと呼ばれるフィリピンのパイナップルから採られる繊維で織られた超薄い生地に染められています。その透け感を利用して、黒の帯芯を入れて仕立てられたのです。 とってもステキでした!!!
私の帯の生地も最初は、5月末から締められるように透け感を消したくてベージュの帯芯を入れてもらいました。(写真ではあんまり、違いがわかりませんが、一番上の帯の写真)
でも、そうすると、地色のが黄色っぽくなり過ぎてあまり、藍色が映えなかったのです。
なので、締めないまま急遽帯芯を白いものに、入れ替えてもらいました~f^_^;
帯芯って、透ける生地に染められた夏帯にはよ~く考えて入れないといけないなぁ~f^_^;と、学びました!
☆☆☆
2回目は、急に気温が上がる!とかの予報で夏塩沢に合わせてみました。

これは夏物なので薄く透けた織物。白い長じゅばんだと、とても透け感が強調されます。なので、深いグリーンに染めた紋紗の長じゅばんを着て、透け感を軽減させています。
濃い地の夏のお襦袢を一枚作っておくと、なかなか便利です。本来夏のキモノを単衣の時期に着る事が出来て、楽しみの幅が広がります♪

この日の朝、播磨で藍染をなさってる村井智美さんが出品されたばかりの^^;、帯揚げをゲットして早速付け替え。マリーゴールドと藍で染めた緑色が何とも魅力的です~♪

あ、お気づきかしら?
紅型の帯は、タレを無地にして仕立てる事も多いのですけど、敢えて柄を出してもらいました。で、タレ先とお太鼓の蝶々の柄が合うように結んでます(^-^)v
この日が一番、上手くいったかな?!(笑)

3回目は、また気温が下がった?!のか、
こげ茶の微塵絣の本塩沢の単衣に合わせてみました。

帯揚げ、帯締め、帯留めは2日目と同じです。

沖縄県は、染織文化の宝庫ですが、その中で染めものはこの「紅型」しかございません。
吉田さんは兵庫県のご出身ですが、沖縄県立芸大へ進学された事が、紅型に出合うきっかけだった様ですね。
べにきちHPに、浦さんとの出会いの事なども書いて下さってます。
瀬底島、ちゅら海水族館から近いそうなのです。工房にもいつかお邪魔してみたいです~♪
☆☆☆☆☆
本日(7月13日)に、ぬぬパナホームページも8月26日で閉じることになったと報告がありました。仕方のない事ではありますが、やっぱり寂しいですね。
特に面白かった、作家さんたちのリレー日記。
ゆっくりと読み返してみなくては。
今後も、それぞれの立場で作品作りを継続していかれる作家さんたちには、浦さんが生前望まれたように、誠実で本物の物作りを続けて行って欲しいなと思います。



こちらが、ぬぬパナHPです。


微力ですけど^^;、今後も応援していきますよ~(^-^)v


「国展2017」と「没後70年北野恒富展」へ。

ずっと過ごしやすい日々でしたけど^^;
週末は暑かったですね~^^;
初の真夏日になるか?!という日に出かけたのは、大阪市立美術館で18日まで開催していた
「国展2017」です。

お目当ては、工芸部。

お着物や帯に、

染めや織りのタペストリーも。
中央のは、90歳を超えてご活躍の柚木沙弥郎さんの型染め。かなりの大きさです!

左中央の作品は、片野かほりさんの絞り染。

え?!「遺作」って?!
知りませんでした(T ^ T)次々と‥‥( ´Д`)y━・~~
有松の絞り染の復興に尽力された片野元彦さんのお嬢さん(と、いっても85歳になっておられたのね~^^;)です。毎年、作品を拝見するのを楽しみにしてましたのに~(;_;)残念です~

ご高齢になられた^^;古澤万千子さんや、添田敏子さんの出品作もなく(;_;)、ちょっとさびしい展示でしたけど、

もちろん、若い人の作品も!
左の帯は、川村成さん。
右は小島秀子さん(こちらはベテランさん^^;)
今年も楽しませて頂きました(^o^)

その後は、すっかり様変わりした天王寺公園を抜けて、ハルカス美術館の、

「没後70年 北野恒富展」へ。
ご存知でしょうか?!
大阪で大正、昭和初期に活躍した美人画を得意とする日本画家さんです♪

大阪に拠点を置き、画塾も開いた時期もありたくさんの後進も育てた人なのに、没後70年にして本拠地大阪での初めての回顧展という事に驚きました!
大阪は空襲で中心部が焼けたため、戦前からの多くの貴重な文化財が失われたそうです。その事とも関係あるかもですが、特に戦後、今に至るまで、何となく大阪人に文化や芸術を軽んじる気風が残ったようで残念です~( ´Д`)y━・~~
しかし!
今回の展覧会は、この図録の立派さを見ても、気合いが入ってます(*≧∀≦*)

まぁ、恒富さんは昭和22年に67歳で亡くなってるので、忘れられるのも無理もないかなぁとは思いますが^^;
時代の要望でポスターの原画や新聞小説の挿絵などの仕事もたくさんの残されてて、展覧会ではその足跡もたっぷり見られます!
かの谷崎潤一郎とも挿絵を通して交流があった様で、谷崎の書簡なども展示されてて面白かったです♪

でも!私が一番見たかったのはこちらの絵。
「宵宮の雨」と題された、昭和3年に描かれた作品。大作が多い中、わりと小さな絵ですが、
雨の風情や、キモノの柄、髪の毛の形、
そして何より三人の後ろ姿から「お祭りやのに雨や~ん(;_;)」な気持ちが伝わってきます!
右の子のキモノは茶屋辻文様でしょうか?細かく丁寧に描かれてます。このころの花街の流行だったのか、帯の結び方も面白いです!
美人画は、時代の風俗も写し取るものでもあるので、この50~100年の間の日本人の暮らしの様変わりたるや!とキモノ好きな人間としては
タイムスリップして恒富の生きた時代に行ってみたい気がしました~~💕(まぁ、ほんの二、三日で良いですが^^;)
古き良き大阪情緒を堪能できました!
あべの ハルカス美術館で、7月17日まで。
お見逃しなく~~💕
☆☆☆☆☆
お出かけの時は他に選択肢もなくキモノ^^;

駒糸で織られた生成り地に紺色の濃淡で格子を織りだした夏塩沢に、柳 宗さんの夏九寸。
キモノにも帯にも具体的な柄がないので、ジャマン・ピュエッシュの花柄ビーズバッグで賑やかに~^^;

帯揚げは、今年のぬぬパナで見つけた村井智美さんが播磨藍で染めた変わり縮緬無地。帯留めはガラスの東風杏さんのものです。
青磁色って、夏に涼しそうでとっても重宝してます♪

草木で染めた茶とグレーの段に白でロートン織が入ってます♪軽くて締めやすい夏帯です。

夕方、ムスメと合流。
週末の梅田はどこも行列で、晩御飯を食べるために順番待ち。足元をば、パチリ。
一昨年?のぬぬパナで頂いた、佐藤秀子さんのフランスレースリボンの鼻緒をすげたカレンブロッソ・シュガー。
ちと、足元が若すぎるけど、オバちゃんの草履なんて誰も見てないと思うので、まだ頑張って履きます!(*≧∀≦*)

ナマ羽生選手を見て来ました!!! 

ぬぬパナ2017が無事終わって、片付けもままならない内に(^^;、ドンドン時間が過ぎてしまっていますが‥‥(^^;;
あちこちする中で撮った写真も何が何だか分からなくなってますぅ~(^^;
なので!
最新の話題からとにかく書いておく事にしますね~(^^)v

先週末、神戸ワールド記念ホールで開かれたアイスショーで、ナマの羽生結弦くんを見て来ましたあ~~(*≧∀≦*)
ブログではあんまり書いてなかった?!かもですけど、2012年頃から羽生くんのファン💕です。いつかはナマで!!!と願ってましたが、試合は当然、アイスショーさえも、羽生くんが出るとなると、忽ちプレミアチケットとなって当然、ぜーんぜん手に入らない(ToT)のでございます~~(予約抽選に応募しましたが、全て落選でした!)
が!今回は、偶然見つけた近畿日本ツーリストのバスツアーで、SS席確約のこのアイスショーの神戸公演を見つけました!(ショーの前にオリエンタルホテルでバイキングランチ付き^^;)
ラッキーなことに、いつもFBで羽生くんの事をきゃあきゃあ話している、若いお着物友達のケロタンさんもご一緒出来ることに!
私はフィギュアスケートをナマで見るのも今回が初めてなので、ものすごく心強いナビゲーターとなって、色々教えてもらいつつの鑑賞でした♪
おかげでとっても楽しかったあ~ご一緒してくれてほんとにありがとうございました!感謝です~💕
この公演の詳しい出演者はこちらで確認して頂ければと思いますが、

ファンタジー オン アイス
メダリストがずらーって並ぶ、素晴らしいメンバーでした。
フィギュアスケート初体験の私は、最初から最後まで大コーフン(*≧∀≦*)状態でございました~~テレビで見てたあの人もこの人も出てる~~目の前に居る~~(*≧∀≦*)
あああ~~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
思い出しても、ナマ羽生選手は可愛い~カッコイイ!!!(笑)
平昌五輪シーズンのショートの演目「バラード一番」とアンコールでプリンス!!!
そして、終演後のナマゆづトーク(笑)
ものすごく優等生なイメージの羽生君ですけど、こういう場では22歳のお茶目な若者です。
見守るオバちゃんとしては、そういう所がまた可愛い~💕
まぁとにかく、幸せな1日でごさいました!
☆☆☆☆☆
ケロタンさんと二人で相談の結果、やっぱりお着物で(^^)v

塩沢お召しの単衣に、

京都の岡重さんの黒の紋紗地に更紗模様の夏の染め名古屋帯です。
帯揚げは黄色と白の段染めのたて絽。帯締めは今年のぬぬパナでゲットしたスノーハンドメイドさんのデシ綿を紅花と藍で染めて腰機で織った物。織りの模様の出方が、道明の「三井寺」に似てるでしょ?!でもお値段、10分の1(^^)v
めちゃ気に入ってます!
ニコちゃん指輪はアッシュペーフランスで見つけた「カメオ」。

8ちゃん、食べたらあかんよ~^^;
帯留めになるブローチくらいしか、アクセサリーって自分で買った事もないのですけど、カメオ石にニコちゃんを彫る!という発想が面白い(^^)v~と思わず連れて帰ってしまった指輪です。本体はシルバー?みたいです。
さすがに、私のキモノや帯にフィギュアスケートのちなみ柄はなく、何着て行こうかな~と思った時に、あ!と思い出したのがこの指輪(笑)
目の❤️が、この日の私の気持ちを表してるわけです~(*≧∀≦*)
 

お太鼓は岡重らしく、生命の木に象さんの更紗柄。
更紗柄には季節感がないので、紫陽花の香袋を下げてます。
☆☆☆☆☆

この帯、前帯の反対側は象さんです♪
こちらは、この2日前に、豊中の市立文化芸術センターにソプラノ歌手奈良ゆみさんのチャリティコンサートを聴きに行った時に締めました。

拡大したら分かるかな~~^^;
生地は桜の地模様のある紋紗です。夏のメッシュみたいな帯芯を入れてもらったので、すごく軽い帯になりました!
梅雨入りしてから、あんまり雨も降らず、湿度も低く過ごし易いです。単衣でちょうど良い感じ。
ぬぬパナで、阪急に通ってた時の方が暑かったような気がします~^^;
年齢と共に、身に付ける物は軽くてラク!が一番になりつつあるので、袷から単衣、薄物に変わるキモノの更衣は心踊ることでもあります。
その日の気温やお天気に合わせて微妙に着分けるなんて、ほんとに贅沢な衣装ですよね~♪それが楽しいわけなんですけど^^;
☆☆☆☆☆
フィギュアスケートを見るのは席によっては寒い!と聞いていたので、カシミアのストール持参でしたが、冷んやりしてる~と思ったのは最初だけでした~^^;
コーフンしてたのか、暑いくらいで^^;、途中からお扇子でパタパタしている始末でした!
2017~2018シーズンの羽生君出場のグランプリシリーズはロシア杯とNHK杯なんですけど、
平昌直前のNHK杯は大阪で開催されるんだそうです!!!
ううう~行きたい!!!けど、今回みたいなツアーはさすがに無いでしょうね~^^;
熾烈なチケット争奪戦は必至なので、はやもう試合はドキドキするし、TVで良いかな~~と思ってます~( ´∀`)

「ぬぬパナ2017」、たくさんのご来場ありがとうございました!


大阪、うめだ阪急本店9階のアートステージで、5月24日~29日まで6日間開催されました「ぬぬぬパナパナのぬぬ2017」は、昨日無事に終了しました!
会期中は、たくさんのご来場ありがとうございましたm(__)m

今回は、井戸端会議も二回開催させて頂きましたが、全国から(いや、アメリカ、台湾からも~(o_o))たくさんのお申し込みを頂き、ご参加して頂けなかった方も多くて、ほんとうに申し訳なく、また恐縮しております。
みなさま、本当にありがとうございましたm(__)m

会期の直前に、主宰のちゅうさんこと浦令子さんがお亡くなりになり、沈みがちな私達スタッフの気分を引き立てるかのように、本当に連日たくさんのお客様に来て頂きました。
きっと、ちゅうさんも会場のどこかで喜んでくれていたと思います。
ご来場、またレクチャーにご参加、そしてお買い上げ頂きました皆様、心よりお礼申し上げます。ありがとうございましたm(__)m

私は2012年からキモノ関係のアドバイザーとして参加させて頂いておりますが、各地の作家さんとの交流を通じて、改めて日本の染織工芸の多彩さ豊かさをお勉強させてもらい、得難い体験をさせてもらったと、浦さん始め、関係者の皆様に感謝の思いでいっぱいです。
合わせて御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
今回で「ぬぬパナ」は一旦休止との事でしたが、会場では「続けて欲しい」「続けるべきだ」というお声をたくさんかけて頂きました。
さて、どうなるのでしょうか?!f^_^;
私はこれからも応援して行く事に変わりありませんが、作家の皆さんの決断の推移を見守りたいと思います~~(^^)v
存続の方向に動き出せば良いですね~💕
☆☆☆☆☆
私のぬぬパナでのお着物コーデなどは、また改めてご報告します~(^^;
ゆっくりする間もなく、今週は予定ギッシリ(^^;

Appendix

kimono lesson すみれ庵

楽しく、着物生活はじめませんか?
阪急宝塚南口駅前です。

ホームページはこちら
お問い合わせ・お申込み、
お待ちしています。

下記のメール・フォームからもどうぞ!
非公開ですのでご安心ください。

プロフィール

すみれ庵

Author:すみれ庵
子供の時からキモノが大好き。
着る楽しみを、みなさんにお伝えできたらうれしいです♪
キモノから見える、あれこれも。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム